十二大戦の記事一覧

十二大戦【第12話 どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い】最終回 感想

第12話 どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い
最終回


十二大戦の優勝者特典は、どんな願いでもひとつ叶えてもらえる、というもの。どんな願いなら良いのか?そう考えてみるとどれもこれもどうでもいい願いに思えてくる。死んでいった他の参加者の願いはどうだっだろう?悩んだ末に出した結論は…。

きれいな終わり方だったなーと思います。途中中だるみもしましたが、クライマックスは面白かったので良かったのではないでしょうか。OP曲「ラプチャー」と、絵の雰囲気はとても好きでした。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第11話 人の牛蒡で法事する】感想

第11話 人の牛蒡で法事する 

丑と寅の話でちょっと切なくなりましたが…。戦いも終盤で残った戦士は丑・兎・子の3人となりました。この後、まず丑はどう戦う?

なるほどそう来たかー、というのと、やっぱりねーというのが混じった展開になりました。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第10話 虎は死んで皮を残す】感想

第10話 虎は死んで皮を残す 

兎が脱落後、寅と丑の決闘が始まりますが、その前に再び寅の回想。寅と丑の因縁が明かされます。

…予想外の展開でしたー。まともな話でした(たぶん)。今まででいちばん好きな話かもしれないw 面白かったです。でもまだ闘いは続く。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第9話 二兎を追う者は一兎も得ず】感想

第9話 二兎を追う者は一兎も得ず 

辰巳兄弟 vs 寅+牛の続きです。
寅の掘り下げもありました。意外と言えば意外、でも納得できなくもない過去でした。今回はバトルも面白かったです。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第8話 竜頭蛇尾(後攻)】感想

第8話 竜頭蛇尾(後攻) 

辰巳兄弟の回、後半です。十二大戦の参加前に、彼らの戦士としての資質を問う裁判が起こされていました。敵対組織の双方に加担し結果的に一般人の犠牲を多く出してしまうなど、彼らの行動に問題がある…というもの。弟が欠席したため、兄が2人分の弁護をするのですが…。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第7話 竜頭蛇尾(先攻)】感想

第7話 竜頭蛇尾(先攻) 

だんだん残り少なくなってきましたね。辰巳兄弟の回、前半です。
辰と巳、それぞれの代表に選ばれた兄弟は、最後には自分たち兄弟同士で争わなければならないと知ります。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第6話 千里の馬も蹴躓く】感想

第6話 千里の馬も蹴躓く 

ウサギとサル、巳から逃げるネズミ、羊 vs 虎。同時にあちこちでバトルが始まっていました。こういう展開だとやっぱり面白いですね。納得のいく戦いばかりじゃなかったのがよかったです…。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第5話 羊の皮を被った狼】感想

第5話 羊の皮を被った狼 

前回はサルの回でしたがサルは死ななくて、今回は羊です。正直、いったいどうして参加してるの?と不思議に思うおじいちゃんですが、それなりに理由がありました。羊回ですが、羊は生き残れますかね…?

OP曲「ラプチャー」いいですよねー。買いましたよー。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第4話 敵もさる者ひっかく者】感想

第4話 敵もさる者ひっかく者

サルの回でした。サルの過去の話から、どんな思いで生きているかとか、そういった話を色々語るわけですが…。これまでは掘り下げられたキャラは死ぬ運命でしたが、サルはどうでしょう…。意外な背景も見れましたが。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第3話 牛刀をもって鶏を裂く】感想

第3話 牛刀をもって鶏を裂く 

まんまとイヌを騙して倒したニワトリ。
今回はニワトリの過去の話から始まります。第2話までは掘り下げが始まるとそれは死の宣告だったわけですが、第3話はどうかなー。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む

十二大戦【第2話 鶏鳴狗盗】感想

第2話 鶏鳴狗盗 

早くも1話で巳と亥の二人が脱落。ビルの床の崩落で行方が散り散りになった戦士たちは、街の中でそれぞれの策を巡らせます。今回はイヌの話のようですが…。ということは次に消えるのは…。

OPの曲が凄くかっこいいですね。耳に残っていい感じです。パノラマパナマタウンの「ラプチャー」配信限定だって。

ここからネタバレありの感想です。


>>続きを読む

十二大戦【第1話 猪も七代目には豚になる】感想

第1話 猪も七代目には豚になる 

原作:西尾維新
十二年に一度行われる十二支の戦士たちの戦い。最後に勝ち残った一人はどんな願いでも叶えられるというのだが…。第一話は亥の戦士の話。

かなり絵がきれいなので驚きました。手書き風の繊細なタッチが残る作画に、クリアな背景で、おしゃれな画作りだなと思います。とは言えテーマはバトルロイヤルで、結局、殺し合う作品なので内容はグロいですね。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む