TOP 文豪ストレイドッグス 文豪ストレイドッグス【第37話 回向(ECHO)】感想
2019年08月22日

文豪ストレイドッグス【第37話 回向(ECHO)】感想

第37話 回向(ECHO) 

これで3期の最終回です。
最後本当に盛り上がりました…凄かった!思ったよりもきれいに着地しすぎた感じもありますが、まだまだこれからですよね…?4期にも期待したいと思います。文ストいいですよねえ…いつも絵はきれいだし。動きもあってかっこいいし。ほんと良かったです。

ここからネタバレありの感想です。




芥川と敦くんは協力してウイルスの異能力者を追います。最初は2人とも坑道をトロッコで追っていたんだけど…。途中から敦くんが虎になって芥川を乗せて走り出して…!そして芥川くんが敵の動きを察知して敦くんに伝えて避ける。この2人は共闘となると息ピッタリですよね。良いですよね…。今回は色々な共闘のあり方を見せてくれて、ほんと良かった…あまりにも良すぎて、良かったしか言えないw

イワンとの戦いでも、地面もイワンの異能フィールドと知り、芥川の異能を足場にして地面に触れないように敦くんが襲う、という凄い展開になりました。敦くんの虎のスピードと芥川の強さが結びつくとほんと凄い。さらに凄かったのが、実はそれすら囮だった、ということ。イワンが虎に気を取られるように仕向けて、最後は芥川の異能で仕留めました。なるほどね…!

そしてこれで勝った…と思ったら、まだ終わらず。
敦くんの虎に芥川の異能を重ねて、イワンの異能が復活できないように爪で切り裂く作戦に…。これもかっこ良かったんですよ!芥川の上着を敦くんが着て、なんとなく見た目もちょっと芥川に似た感じになって。この2人の組み合わせなら無敵じゃん…。なんかピッタリ息が合いすぎて、このまま2人でコンビでもいいじゃんと思ってしまった。ポートマフィアと武装探偵社に分かれてるのが惜しいです…!

それを言うと太宰と中也が離れているのも惜しいと思うけど、私は太宰と国木田のコンビも好きなんですよ(話それますが)。

無事?イワンを捕縛し、ウイルス異能力者は他のメンバーが捕らえて。残るはフョードルなんですが、これがどこを探してもいない…。結局、3期も逃げられて終わりなのか…と思ったら!ちゃんと太宰さんが見つけてくれました。しかも協力していたのがフィッツジェラルド!そうでした、監視システムの会社の社長になったんですよね。ここで話が繋がるとは…!このシーンちょっと感動しました。

芥川と敦くんの半年後はどうなるでしょうか。約束守れるかな…?
芥川の中でも何かが変わればいいと思う。太宰に認められることにこだわるのはいいけど、敦くんをただ憎むのはもうやめているから、あと一歩なんじゃないかな。敦くんも孤児院の先生の影を超えられるといいなと思う。

乱歩さんも戻ってこれて良かった。中也は推理を諦めて全員倒すことにした、っていうのは笑いました。中也は異能も強いけど素手も強いですもんねw その方が早いよね。

最後の太宰さんと敦くんの乾杯が、ほんとうにきれいに終わりすぎて…。でも4期ありますよね?
フョードル捕まったけど捕まって終わりと思えないし…?






前へ:文豪ストレイドッグス【第36話 共喰い(其の三)】感想

posted by 白黒ウサギ at 01:07 | TrackBack(0) | 文豪ストレイドッグス
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186455754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック