TOP ゴールデンカムイ ゴールデンカムイ【第17話 腹の中】感想
2018年11月07日

ゴールデンカムイ【第17話 腹の中】感想

☆第17話 腹の中 

白石救出作戦です。詐欺師の鈴川は、網走の犬童天獄に変装し、杉元とともに淀川中佐を訪ねます。白石を網走監獄へ引き取ると交渉を始めるのですが…。

鈴川に加えて、また新たな変な人が出てきました。でも今回ちょっと泣けました。

ここからネタバレありの感想です。




最初は中佐は白石なんていないと言い張りますが、詐欺師の鈴川の巧妙な話術でだんだん負けそうに。鈴川が交渉に用意していたのは偽札で、精巧な偽札の版を作れる男と白石を交換しよう、と持ちかけます。あともう少しでこの男は堕ちる、杉元は鈴川のやり口をみて、さすが土方の隠し玉…と感心します。

でもそこで鯉登少尉が登場。イケメン風だけどよくわからない…。鶴見中尉の許可なく白石を引き渡してはいけない、というのを聞き咎める鈴川。まあそうですよね。中佐なのに中尉の許可がいるとか、ちょっと無いですよね。

そこで薩摩弁合戦になり(鈴川すごい)いいところまでいきましたが、下戸の筈の犬童が酒に弱くなった、と言ってしまい、偽者と見抜かれて撃ち殺されます。あっという間に。捕らえるわけでもなく、有無を言わさず殺しちゃうのはビックリしました…。

杉元も二発撃たれ、白石を連れて逃げ出します。撃たれてるのにそんなに走ったら…と白石が心配するのに、尾形が「不死身なんだろ?大丈夫だろ」と取り合わないのが良いですね。尾形らしく感情が薄いの。杉元が、もし自分の足が止まったら、その時は白石がアシリパさんを網走へ連れて行け、と頼んでるところはちょっと泣けました。自分が死ぬかもっていうときに、一番の心残りがアシリパさんなんですね…。

馬で逃げるはずが上手く合流できず、軍が実験中だった飛行船を奪って逃げるのはちょっとかっこ良かったです。鯉登少尉は鶴見中尉の写真持ちあるいてるんですね…。そして二言目には「鶴見中尉に叱られる」って。鶴見チームのメンバーはみんな鶴見中尉大好きなんですね。それから結果的に白石は裏切っていない、という結論で杉元と和解できて良かったです。まあ動向は探られていたのは違いないですが、白石が土方に渡していた刺青の写しがデタラメだったからOKということみたい。良かった。

飛行船でも逃げ切れず、大雪山へ逃げ込むことになった杉元たち。天候が悪くなったため、鹿を撃ち殺して皮を被り暖をとりつつ隠れます。鈴川が殺されたことを気にするアシリパさんに、あいつは悪いヤツだから痛みは感じない、気にすることはない、という杉元。アシリパさんが子どもだからごまかすということではなくて、戦場に行ったらそう考えないとやっていけなかった、と。敵を殺すのも、誰かが死ぬのを見るのも。ふるさとに帰り元の人間に戻れる人もいれば、戦争にとりつかれたままの人もいる…。

故郷に帰って杉元がまた干し柿を食べたら、元に戻れるかもしれない。そう言われて涙ぐみ杉元見てたら…。過去の回想の中の杉元見たら…。なんか泣けました。不死身の杉元と言われているけれど、必死で生き残ってきたんですよね。やりたくなかったこともたくさんあった筈。





次へ:ゴールデンカムイ【第18話 阿仁根っ子 】感想
前へ:ゴールデンカムイ【第16話 旭川第七師団潜入大作戦!!】感想

posted by 白黒ウサギ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | ゴールデンカムイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184885114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ゴールデンカムイ BS11(11/05)#17 [ぬるーくまったりと 3rd]
第十七話 腹の中 犬童天獄に化けた鈴川と杉元は淀川中佐と面会する。偽札の乾板を作れる男と白石を交換したい。 他の中佐は大佐に出世したのに、淀川だけは出世できなかった。一流の詐欺師は相手の状況..…
(2018-11-07 22:31)

ゴールデンカムイ第17話「腹の中」白石奪還と雪山逃走 [アニメとマンガの感想と考察]
ゴールデンカムイ第17話「腹の中」は、鈴川の変装がバレて殺された。 色んな意味の腹の中だった。 アバンは前話の続きで偽犬童が第7師団の淀川中佐に白石の引き渡しを要求。 淀川は犬童を知らなかったらしく、..…
(2018-11-09 01:24)