TOP 風が強く吹いている 風が強く吹いている【第2話 鬼が来りて】感想
2018年10月10日

風が強く吹いている【第2話 鬼が来りて】感想

第2話 鬼が来りて 

「竹青荘のみんなで箱根駅伝出場を目指す。」
目標だった入居者が10人揃ったから。ハイジの言い出したことが唐突で、全員何がなんだかわかりません。でもハイジの熱意は本物で、やる気のなかったメンバーが次々と…。

ここからネタバレありの感想です。




ハイジは面倒見が良くて、優しそうに見えますが、なかなか腹黒いところもあって、いいですねw 素人たちが箱根駅伝を目指すなんて、スポ根の道を行く以外に方法がなさそう。でも明るく、ほどよく笑える内容で(ふざけているのとは違う)、楽しくていいですね。

素人ばかりで箱根を目指すなんて無理だ、と、一番有望なカケルの断り方が、ものすごく怒ってますよね。それだけ、駅伝はカケルにとっても大事で、あきらめきれないものなんじゃないの、と思えますが…。普通、あきれたりはするかもしれないけど、怒らないでしょ。カケルの性格もあるかもしれないけど。

ニコチャン先輩は陸上経験者。ユキは剣道部出身。双子とキングはサッカー部。神童は山を2つ越えて学校へ通っていた経験がある。ムサは潜在能力に期待。王子は言及なしだけど頭数には入ってるw 確認しても何も言ってもらえないけど、やっぱり数には入ってるw こういうところ好きですw

でももうとにかく、箱根なんて無理…と誰一人賛成しませんが、ハイジがあの手この手で陥落していき…。しっかりしてそうなユキはそう簡単に騙されないけど、他のみんなはコロコロと落とされていきます。何だかんだとみんな仲は良さそうで、アオタケの雰囲気はとてもいいんですよね。こうして見るとチームワークは良さそう。

ハイジとカケルは銭湯の熱い湯にどちらが長くつかれるか?というくだらない対決で、決着をつけようとするのですが…。カケルは過去になにかありそうですもんね。名前を知られてたくらいの高校生が、スポーツ推薦じゃなくて大学に進学してるんです(それも陸上部がなさそうな)。過去の回想らしきものを見てもなにかあったよね…。「逃げるのは早い」だの何だのハイジに嫌味を言われてカチンときて、勝負を受けることに。ハイジの人の性格や弱味を見抜く能力ほんと凄いw

勝負は引き分けでした。

ニコチャン先輩も陸上経験者でした。どう見ても今はやめてしまった様子ですが、彼もいろいろありそうです。経験者だからこそ、ハイジの気持ちもわかるということでしょうか。そしてわかるだけに辛い。カケルが諦めさせられるなら、そうしてくれ、と。

予告みると次回から練習始まるみたいですね。
女の子も出てくるようで楽しみです。紅一点ちゃん。






次へ:風が強く吹いている【第3話 花、一輪】感想
前へ:風が強く吹いている【第1話 10人目の男】感想

posted by 白黒ウサギ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 風が強く吹いている
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184654513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

風が強く吹いている 日テレ(10/09)#02 [ぬるーくまったりと 3rd]
第2話 鬼が来たりて10人で箱根駅伝に出場する。そんな簡単じゃないと詳しい倉原、スポーツの名門大学が何年も掛けて チームを作り上げても出場できるか否かの狭き門。絶対に無理だ、俺は走らないからと倉原。&..…
(2018-10-10 23:07)