TOP 風が強く吹いている 風が強く吹いている【第1話 10人目の男】感想
2018年10月03日

風が強く吹いている【第1話 10人目の男】感想

第1話 10人目の男 

三浦しおん原作、箱根駅伝を目指す大学生たちの青春ストーリーです。
原作とても良くて大好きだったので、アニメ化嬉しいです。OP曲がUNISON SQUARE GARDENなのも良いですね!

第1話はハイジとカケルの出会いから始まります。

ここからネタバレありの感想です。




パンを持って全力疾走している青年を自転車で追いかける男。「走るの好きか?」人の良さそうな顔で話しかけてきます。これが、清瀬灰二と蔵原走(かける)の出会いです。

そのまま竹青荘へ連れてこられて住人たちへの紹介、歓迎パーティへと繋がりますが、時系列を少し入れ替えてるんですね。最初に走っていたのは、上京してアパートを借りるお金を使い果たしたカケルがパンを万引きして逃げていたから。それをハイジが追いかけて、同じ大学と知って、竹青荘への入寮を誘います。ちゃんと店主に謝りにいくところもあって良かったです。その話を後回しにして、最初に主要メンバーの紹介が入ったのはわかりやすくていい!キャラ小出しにしても仕方ないですもんね。

竹青荘の住人たちは、みんな一癖も二癖もありそうな人たちばかり。歓迎会での様子を見ていると、それなりに仲は良さそうです。ハイジの面倒見がいいんでしょう。でもひとつ言えるのは、みんな陸上なんて未経験なのでは?ということです。どうみても運動神経はいまひとつ…。見るからに筋力たりなさそうな人もいます。双子は運動好きそうな感じかな?

陸上経験者はハイジとカケルだけっぽい。そしてカケルは名前を知られているところを見ると、高校時代、実力があったのでしょう。経験者が2人いれば箱根に行ける?そんなことはありません。でもハイジが行くと言っているからには、なにか考えがあるんでしょう。これから楽しみです。

駅伝とか全然わからなかったんですが(毎年テレビでやってるな〜くらいの認識)、原作読んだら選考会の話とか、どうやって出場する大学が選ばれていくかなどがとてもわかりやすく書かれていたんですよね。アニメ版もそういう丁寧なところは外さないで、楽しめたらいいなと思います。

終始、カケルが面食らった顔をして固まってるのが面白かったですw 原作だとカケル主人公なので、あんなコミカルな感じじゃないんですよ。楽しくていいw

OPの映像でも、みんなで走っているシルエット、あれ良くできていて、それぞれの個性も能力もわかりやすい。走れてない人もいますよ。次回じっくり見てほしいです…。






次へ:風が強く吹いている【第2話 鬼が来りて】感想

posted by 白黒ウサギ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 風が強く吹いている
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184582852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

風が強く吹いている 日テレ(10/02)#01新 [ぬるーくまったりと 3rd]
第1話 10人目の男万引きして走る蔵原走のスピードに惚れ込んだ清瀬灰二。走るの好きか?彼の走りに惚れ込んでカネがないならうちに引っ越せ。支払いはある時払いに出来るように大家さんに掛け合ってやる。先ずは..…
(2018-10-04 02:16)