TOP はたらく細胞 はたらく細胞【第13話 出血性ショック(後編)】最終回 感想
2018年10月03日

はたらく細胞【第13話 出血性ショック(後編)】最終回 感想

第13話 出血性ショック(後編) 最終回 

体に異変が起こり、一度中央に集められた後、それぞれの役割ごとに仕事にあたる細胞たち。外敵の侵入に備えて、傷口付近へ急行した白血球(好中球)の見たものは、血球が誰もいない光景でした…。

いよいよ最終回です。泣きそう。

ここからネタバレありの感想です。




どうやら、外傷による大量出血が起きているようです。
赤血球たちは必死に酸素を運びますが、仲間の数が圧倒的に足りなくて、細胞まで届けられません。肺は必死に呼吸し酸素を集めますが、運べない…。血圧を上げて赤血球を後押しする作戦も、外傷から血球が流れででしまい、逆効果に。

緊急時に体の中で起こっている事を、本当にわかりやすく描いていて、凄いと思います。だからこそ、大変な状況だというのもわかって、より緊迫感のある話になっています。よくできてますよね。

仲間の数が足りなくても、もうだめかと思っても、あきらめずに自分の仕事を続ける赤血球…。雪の中、たくさんの荷物を運ぶ姿見てたら泣けました…。後輩ちゃんの言うとおり、もしかしたらこの体はもうだめなのかもしれないけど、赤血球が諦めて酸素を運ぶのをやめたら、細胞が死んでしまうんですよね。赤血球は、そういうことを感覚的に行動していくところが、嫌味がなくて良いですよね。彼女なりに自分の仕事に誇りを持ってるんだなあ…。

もうだめかも、と思った瞬間に、東北?訛りの人たちが現れるところ…。ここ大好きです。
話しかけられたけど、同じ赤血球に見えるけど、何か違う?!
どちら様?ってなりますよねw
まさかの輸血w
ほんと作者のセンス素晴らしいですね。

助けられて気が緩んだ赤血球が泣いちゃうのも、つられて観てる方も泣いちゃいますね…。
ほんと助かって良かったです。後輩赤血球は、やっぱり後輩ちゃんで、最後は地が出てましたね。面白いです。
白血球の親友たち、なんかくるくるしてて最後に食べてたけど、あれ何だろ…?お餅…?

楽しかったー。
多方面で好評だったようで、2期もあるんじゃないかなーと思います。
舞台も観たいのですが、なかなかチケットとれません…






前へ:はたらく細胞【第12話 出血性ショック(前編)】感想

posted by 白黒ウサギ at 10:15 | Comment(4) | TrackBack(2) | はたらく細胞
この記事へのコメント
なんとなく献血しなければいけない気分になってくる最終回でしたw

大勢の仲間を失った赤血球ですが、いつもの先輩はちゃんと生き残ってたみたいでしたね
後輩も新しい多くの仲間も白血球さんもいるし、これからも頑張っていきそうですね

円盤も原作も割と売れてたので2期はやると思いますよ
血小板ちゃんのフィギアも売れたみたいですし
あんまり出番が無かったのに、あの人気はすごいと思いますね
やはり可愛いは正義!

原作にも興味がわいてきたのですが、どうやら、はたらく細菌やはたらく細胞BLACKなどスピンオフも結構あるようなので、どちらから先に手を付けるか迷ってるところですw
Posted by k at 2018年10月04日 03:06
☆kさん
献血大事ですね。
はたらく細胞の献血キャンペーンとかたまにやってますね!

2期あるといいですね。原作まだストックあるから…
スピンオフは私は読んでないのですが、
ほんとの原作の「はたらく細胞」はおすすめですよー。
漫画ならではの“間”がいい感じです。

血小板ちゃん、人気キャラなのでアニメ版は出番増えてました。
セリフなかったけどついてたりとか。
1146番(主役)以外の仲良し好中球たちも。

https://natalie.mu/comic/pp/hatarakusaibou02
原作者と監督の対談なんですけど
「アニメ化しなきゃよかったって思われないように…」って
監督さんが言ってるのが印象的でした。
原作を大事にしたアニメ化って、だいたい成功するよね、って
私は思ってるんですけど…
Posted by 白黒ウサギ at 2018年10月05日 09:53
こんばんわ

最初は、かなり絶望的な状況を分かりやすく説明してましたね…
血圧を無理に上げて、出血の拡大
更に、出血多量による体温の低下…

終末ともいえる状況下でしたが、輸血で異世界…というか別の外の人の輸血で見事回復しましたね。

大量に拉致され、冷凍、強制移民された方々には申し訳ないんですけど
医学の発展は素晴らしいと思いました。
Posted by 狐公方 at 2018年10月16日 17:26
☆狐公方さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ほんと面白かったので終わってしまって残念。
あのよそから来た赤血球さんたち、優しくて泣けました。

評判よいので2期あるといいなと思ってます!
Posted by 白黒ウサギ at 2018年10月18日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184572271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

はたらく細胞 BS11(9/29)#13終 [ぬるーくまったりと 3rd]
最終回 第13話 出血性ショック(後編) 好中球が辿り着いた傷口付近に血球の姿はなかった。大量の血球が傷口から吸い出されてしまったらしい。 圧倒的な血球不足で必要な酸素を細胞に届けられない。..…
(2018-10-03 13:41)

はたらく細胞第13話「出血性ショック後編」救世主は東北人だった [アニメとマンガの感想と考察]
はたらく細胞第13話「出血性ショック後編」は、輸血で宿主が助かる結末だった。 今回も細胞の力だけでは何もできなかった系のエピソードだった。 冒頭は好中球が傷口の周囲を探し回ってた。 1人だけ一般細胞が..…
(2018-10-03 15:14)