TOP 天狼 Sirius the Jaeger 天狼 Sirius the Jaeger【第12話 天狼の匣】最終回 感想
2018年09月28日

天狼 Sirius the Jaeger【第12話 天狼の匣】最終回 感想

天狼 Sirius the Jaeger(シリウス)
☆第12話 天狼の匣 最終回
 

奪われた匣を追って、最後の闘いに挑むミハイルとユーリィ。「天狼の匣」とは一体何なのか、それを手にした果てには何があるのか?

とうとう最終回です。

TOKYO MXでは予定どおりに放送できず、11話の再放送になりました。Twitter観たからBS 11間に合ったけど…危なかった…。放送コードの問題でしょうか。確かにちょっと残酷なシーンが多かったかも。

ここからネタバレありの感想です。




前回、V海運の小型機が現れた時の、ユーリィや伊庭少佐の気持ちを考えると感動します。ここまで来てくれたんだ…って、最後まで仲間を思ってくれているとわかって、胸が熱くなるところです。狩人のうち、ウィラードだけがエフグラフの飛行船に乗り込み、ユーリィを助けに行きます。

墜落した飛行機のところへ走ってきて、無茶をする、と言った涼子が、そのままフィリップにお嬢さんも…と返されていて、笑いました。涼子がいると緊張感ゆるみますね。

その涼子の日本刀を持って、ユーリィは飛行船へ。ユーリィが地上を走っているのをみて、ウィラードが操縦を奪い、サポートします。

エフグラフは匣と一体になった…と言っていましたが、その叡智を感じた途端、同胞の病気なんてどうでもいい、自分が真祖だ…と豹変してしまいます。匣の力に取り込まれて我を失ってしまう…。エフグラフをミハイルとユーリィの兄弟で倒すところ、ここ、すごく良かったです。兄弟お互いに庇いあうんですが、でもやっぱりミハイルが最後までユーリィの兄だったところが泣けました。ユーリィを守るというのが父との約束で、その約束を果たした後は、母を殺したヴァンパイアの血から解放される。…ミハイルの運命が悲しすぎて、でもユーリィを守って死んでいくことに何の後悔もなくて…。

残ったユーリィは、封印されていた匣と、王家のみが受け継いできた対を合わせて、自分の中に取り込みます。ユーリィの片目の中に広がる宇宙。神にも悪魔にもなれる、とウィラードがいうほどのものは、どんなものなんでしょうか。この力があってもミハイルを救うことは叶わなかったのですが…。多分、エフグラフが望んだ真祖とか、疫病の治癒とか、誰かの生死を救うとか、匣はそういうものではないんでしょうね。

ラスト、ユーリィがロイヤルズの双子の子と一緒にいたのも良かったです。すべての種族がともに生きられるといい。ユーリィの願いが叶いますように。

毎週楽しみに観ていた天狼、終わってしまいました。絵もきれいでアクションも良くて、話も面白かったのですが…1クールであっという間でした。派手な内容ではありませんでしたが、でもとても楽しめました。最後はこれから、というところで終わったので、何かの形で続きがあるのなら観てみたいなと思います。

ユーリィが主人公で、兄弟の愛情も描かれていましたが、伊庭少佐が主人公でも面白かったかなと思います。今でも伊庭少佐はもうひとりの主人公なのかもしれないんですが、ちょっと存在が弱かった気がします。かっこいいのにもったいなかったかな。伊庭さん主人公で続編というのもいいかもしれません。




前へ:天狼 Sirius the Jaeger【第11話 咆吼の宴】感想

posted by 白黒ウサギ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 天狼 Sirius the Jaeger
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184532437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

天狼 Sirius the Jaeger BSフジ(9/26)#12終 [ぬるーくまったりと 3rd]
最終回 第12話 天狼の匣飛行船に乗り込んでミハイルと教授。教授は操縦者を倒して飛行船の航行を乗っ取る。どんどん高度が下がっている、追いかけるユーリィも飛び乗る。 エフグラフは天狼の匣を飲み..…
(2018-09-28 11:24)