TOP はたらく細胞 はたらく細胞【第8話 血液循環 】感想
2018年08月26日

はたらく細胞【第8話 血液循環 】感想

第8話 血液循環  

方向音痴でいつも迷子になってしまう赤血球がやる気を出す話です。
先輩赤血球や白血球に助けられ無事に仕事をこなしていた赤血球が、こんなことじゃだめだ、一人でできるようにならなければ…とやる気になります。心配しながらも赤血球の気持ちを汲んだ白血球は…。

ここからネタバレありの感想です。




これとても好きな話です!

せっかくやる気を出した赤血球の邪魔をしないようにと、白血球が影でそっと見守ってサポートするんですよね。本当は道案内して助けてあげたいけど、本人の意志を尊重したいし、でも心配だし…っていう。白血球さん優しいです。

赤血球の仕事はそれなりに大変なのだなーと思いました。ここから肺に入って二酸化炭素を受け取り……というところで、他の赤血球も「わからん」って言ってたので、いつもの赤血球だけが特別ダメでもなさそうです。でも今回はすごくたくさんいて、みんな目的地同じなんですよね…?ただ流れに乗っていけばいいような気もするんだけどw 迷う余地あったかな…?w

途中、上り坂があったりリフトに乗ったり、なんか楽しそうなところもありました。この体の中の世界観、働く施設と街が一体化しているところが、何ともファンタジーでとても素敵です。可愛いですよね。アニメの色合いもとても好き。

こっそり見守る白血球はというと、サボリにならないよう全身パトロールということにしてw、途中でマクロファージさんたちとお話したり、雑菌も見つけたらちゃんと排除してるし、なかなか忙しくしていましたw 途中、赤血球たちが高速で流れていくところがあって、それを別ルートで走って追いかけるところは笑いました。

そんなこんなで無事に仕事を終えられた赤血球と、満足げにそれを離れたところから見ている白血球ですが…。そこへやってきたキラーTに、努力する赤血球のことやみんなと仲良くなりたいとか延々嬉しそうに話します。話を聞きながらキラーTの腕がプルプルしていたので、(白血球がお花畑みたいなこと言ってるから)笑いをこらえてるのかと思ったら、怒りでしたw いざとなったら味方だろうと容赦なく殺す!忘れんな!っていうことですね。

これ話自体は可愛くて好きなのですが、白血球はこういう感じじゃなくて、雑菌野郎ーーーー!って言ってるマッドな感じの方が好きですw だからまあキラーTの言うことに賛成ですw






前へ:はたらく細胞【第9話 胸腺学校】感想
前へ:はたらく細胞【第6話 赤芽球と骨髄球】感想

posted by 白黒ウサギ at 11:03 | Comment(2) | TrackBack(2) | はたらく細胞
この記事へのコメント
こんにちわ

今回日常パート?でしたね。

白血球、完全にお父さんでしたねw

走るシーンも面白かったですが、
直進の案内図をぶら下げているところが壺でした。
Posted by 狐公方 at 2018年08月28日 15:51
☆狐公方さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
白血球さん、直進の案内図も良かったですね。
帽子拾ったりメモ投げたり、大活躍してましたねw
Posted by 白黒ウサギ at 2018年09月01日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184263093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

はたらく細胞 BS11(8/25)#08 [ぬるーくまったりと 3rd]
第8話 血液循環静脈を通って二酸化炭素を運ぶ赤血球。新人が配属される季節、もう今までのようにアホだ、方向音痴だと 言われていてはいけない。 一念発起、1人で仕事を完遂したい。しかし道に迷って..…
(2018-08-26 21:48)

はたらく細胞第8話「血液循環」はじめての循環 [アニメとマンガの感想と考察]
はたらく細胞第8話「血液循環」は、赤血球が主役のギャグ回だったw なので何回も「ざーさんw」とか「アホガール」とツッコまれてた。 内容は血液循環の解説。 赤血球は未だに一度も迷子にならずに循環した事が..…
(2018-08-30 02:09)