TOP はたらく細胞 はたらく細胞【第6話 赤芽球と骨髄球】感想
2018年08月12日

はたらく細胞【第6話 赤芽球と骨髄球】感想

第6話 赤芽球と骨髄球 

赤血球の子どもの頃の話!この話、大好きなんですー。
赤芽球(チビ赤血球)本当にかわいいです。でもどうして赤血球に無事になれたのか不思議でしょうがないですw 無事になれてよかったですけど。

ここからネタバレありの感想です。




いつもどおり道に迷って、骨髄液に来てしまった赤血球。そこで見たものは、かつての自分のような、小さい細胞たちの姿です。赤血球になる前の、赤芽球と呼ばれる細胞たちです。自分が小さかった頃を思い出すのですが…。

マクロファージが優しく教育していて、ほのぼのしました。この頃から迷子になる素質たっぷりの赤血球ちゃん。そんな小さい頃から頼りない赤血球が、ある日、細菌から逃げる訓練を受けることになります。訓練してくれる先生は、好中球(※いつのも1146番ではないです)。最初は優しかったのに…いざ本番になると、白血球の地が出て、ガチで子どもたちを脅すので、みんなパニックで必死で逃げるパターンに。

このマンガの白血球たちの設定、すごく好きですw ここでもしっかり生かしてくれて爆笑しました。みんなこんな感じですよね。面白すぎる…。

迷子になった赤芽球は、大人の赤血球たちがてきぱき働く姿を見かけて、あんなふうになりたいと感動します。そこへ緑膿菌が現れて、赤芽球をただいじめ始めるのですが…。死にたくないと必死で抵抗する赤芽球を庇ってくれたのは、骨髄球。白血球になる前の細胞です。

この小さい骨髄球が泣かせるんですよね。自分たちが犠牲になっても他の細胞を守るんだ…って。小さくても白血球のプライドをしっかり持っていてかっこいいんですよ…。これ原作だと先生に助けてもらったあとは、自分も怖いのをこらえていたらしく大泣きするんですが、アニメはもうちょっとかっこ良かったですねw 大泣きでもいいかなと思うんだけど。

これが大人になった赤芽球と白血球…かどうかは、わからないですね。そうだったらいいなーとは思いますが。

そして後半は、がん細胞の話ですね(次回予告で「がん細胞」って言っちゃってますから)。
一般細胞が変異した姿で現れ、白血球さんがいつもどおり駆除します。
そこへNK細胞が現れ、キラーT細胞が大喧嘩しながら、一般細胞(石田彰)に同じ変異細胞のところへ案内してもらうのですが…。

NK細胞とキラーT細胞がなんであんなに喧嘩するのかわからないんですが、他の細胞がそんな2人を見て「さすが免疫細胞」って言ってたのがじわじわ笑えます。みんな免疫細胞を何だと思ってるんでしょうねw お互いに攻撃し合うのも免疫細胞のコミュニケーションなんでしょうか。

正体を見せた一般細胞とNK細胞がどうなるのかは、次回へお預け。
めずらしく次回に続く〜で終わりましたね。



data-full-width-responsive="false">



前へ:はたらく細胞【第5話 スギ花粉アレルギー】感想

posted by 白黒ウサギ at 08:14 | Comment(4) | TrackBack(2) | はたらく細胞
この記事へのコメント
あの骨髄球は白血球の幼い頃で間違いないと思いますよ
赤血球も「まさか…」とか考えてますし、そこで別人(別細胞?)にする意味も無いと思いますし

まさかの幼馴染設定ですねw
まあ、一度しか会ってない場合でも幼馴染ていうか微妙ですが

免疫細胞は軍人っぽく描かれてますが、現実の軍隊も部隊間での縄張り意識とか手柄争いがすごいらしいので、それで喧嘩ばかりしてるのかなあ、と個人的には解釈してます
強いけど荒っぽい人(細胞)たちって演出かと


あの一般細胞は声が石田彰な時点でただの細胞じゃないと思ってましたよw
あの人はスレイヤーズのゼロスの頃から裏のあるキャラが多いですからw(普通に善人の役も結構やってますが)
Posted by k at 2018年08月13日 21:15
☆kさん
コメントありがとうございます。
>あの骨髄球は白血球の幼い頃で間違いないと思いますよ
どう考えてもそうですよね〜。
でも原作でもそこは曖昧なままなので、
あえて私の脳内でも曖昧にしています。
そうだったらいいな、という希望のままの方がロマンチックです。

>免疫細胞の手柄争い
なるほどそうかもしれませんね。
キラーT細胞の話はいろいろあるので、どこまでアニメ化するか
わかりませんが、とても楽しみにしています。

石田彰さんは、ペルソナ3の主人公なので私も信用してませんw
Posted by 白黒ウサギ at 2018年08月16日 01:24
こんにちわ

細胞の誕生や成長に関わる珍しい話でしたね。
工場でできた赤ちゃん細胞を選別するシーンは、不快感などは一切感じませんでしたw
(赤毛だから赤血球ってw)

緑膿菌…訳もなく苛める困った人?ですが、理由のない進化?をする生き物?もいたなあとぼんやり思いました。

石田さんに、ついてお二人とも言及されてますが、数年前のアニメで
植物マニアの胡散臭そうなイケメン高校教師の声を当てており、声優さんという理由のみで黒幕扱いされていたことを思い出しましたw
小説持っているので、なんか可哀そうだなと思ってました。
(トラウマを引きずり、知った顔が傷つくことを極度に恐れている繊細な人だったんですが。)

がん細胞…人はがんで必ず死ぬと聞いたことがあります。
その前に別の死因が先に来る場合も実際あるのですが…はてさて


Posted by 狐公方 at 2018年08月21日 14:34
☆狐公方さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
石田彰さん、他にも血界戦線も出ていて好きですよー。
石田彰+イケメン高校教師… ←これでググるとBLドラマCDしか出てこないです??
Posted by 白黒ウサギ at 2018年08月25日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184151489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

はたらく細胞 BS11(8/11)#06 [ぬるーくまったりと 3rd]
第6話 赤芽球と骨髄球 またもや迷子になった赤血球、迷い込んだのは赤色骨髄。そこは血球が誕生して育てられるところ。赤血球にとっても懐かしい故郷だった。 前駆細胞が生まれ血球に選別さ..…
(2018-08-12 21:05)

アニメ感想 18/08/11(土) #ゆらぎ荘の幽奈さん 第5話、#はたらく細胞 第6話 [ニコパクブログ8号館]
ゆらぎ荘の幽奈さん 第5話『幽奈さんの身体測定/修羅場の呑子さん』今回は・・・幽奈に友達ができました。姿が見えなくても筆談でコミュニケーションが取れるのね。なかなかハートフルでいい話でした。後半は呑子..…
(2018-08-13 03:19)