TOP 天狼 Sirius the Jaeger 天狼 Sirius the Jaeger【第5話 荒ぶる鉄棺】感想
2018年08月10日

天狼 Sirius the Jaeger【第5話 荒ぶる鉄棺】感想

天狼 Sirius the Jaeger(シリウス)
第5話 荒ぶる鉄棺 

富士へ向かっていたユーリィとドロテアは、途中でヴァンパイアの匂いをユーリィが嗅ぎつけ、東京へ戻る列車へと乗り換えます。列車内でユーリィのもとに現れたのは、ヴァンパイアの姿をした兄ミハイルでした。

ユーリィとミハイルの兄弟は何かいいですね…!今回ほぼ全編アクションでかっこ良かったです。

ここからネタバレありの感想です。




ミハイルとユーリィは女子が好きそうな感じですね。生き別れの兄弟が、敵同士で顔を合わせて、お互いに相手が大事で葛藤してるんですよ。ユーリィは美形で獣っぽくて、ミハイルは怠惰な感じ。いかにもだ…!暗いところではミハイルの目が赤くなるのがいいと思いました。あと、ミハイルは上を仰いて、ユーリィはうつむいて話すのも対照的で良かったです。

列車内にはアロマ商会のカーシュナーたちが乗っていて、例の“兵器”を帝都へと運んでいました。同じく同乗していた軍の上層部の人から、伊庭少佐(イケメン)が演習場で何が起きたのかを尋ねていました。軍隊を一方的に惨殺され、ただ自分たちは相手に騙されたのだとやっと知ることになったようです。

そして、ユーリィたちと、涼子お嬢さん。切符もなくお金もなく、このまま何もなければ次の駅で降ろされ、両親に連絡をとることになっていましたが、事件が起きてしまいます。

百虎党は銀座でアロマ商会を襲撃した後、カーシュナーを追って今度は列車を襲ってきます。ウィラードたちもユーリィと合流するつもりでいましたが、(本来ならユーリィたちは乗らないはずの)列車の様子がおかしいため、追うことに。これで見事に全員集まりました。

百虎党の百瀬があっけなく殺されてしまったのは驚きました。彼らは多分、話の核の部分には関わら無さそうな気がするので、いつまでも付きまとわれても仕方ないですが。百虎党の言う世直しって何だったのかな、とは思うけど。列車の運転士を躊躇なく殺してたし、割とやってることはひどかったですね。

涼子お嬢さんはここまできて避難しないだろうと思いましたが、ほんとに飛び込んできましたね。しかも自分がちゃんと役に立つつもりで来て、そして言葉どおり役に立っていました。日常生活はうっかりお嬢さんだけど、さすが道場で鍛えているだけありましたね。強いところが見られたら面白いのに、と思っていたので、満足です。ただこのまま仲間に入るとかは無いんじゃないかな…?

ここでV海運は伊庭少佐に自分たちの本来の仕事を見せたわけですが、今後は協力とかするのかな。少佐たちあまりいいところ見せられなかったけど。

ユーリィとフランケンシュタインのバトルと、その後に続くミハイルとフランケンのバトル、気合が入っていてかっこ良かったですね。ユーリィが武器を突き立ててジャンプしてかわすところとか良かったな。ミハイルも動きが早くてかっこ良かったです。あそこまで暴走してしまうともう抑えきれないからという理由もあったのかもしれませんが、ミハイルがユーリィを助けたようにも受け取れる展開でしたが…(両方かな…)。あれだけ、次に会ったら弟じゃない、みたいなことを言っても、やっぱり助けてくれる。

匣があればミハイルを生かすことも殺すこともできる、っていうのはどういう意味でしょうね?
呪いを解いたりできるものなのかな。思わせぶってないでちゃんと教えて、お兄ちゃん…!

次回も楽しみです。





前へ:天狼 Sirius the Jaeger【第4話 謀略の蟻】感想

posted by 白黒ウサギ at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 天狼 Sirius the Jaeger
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184136836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

天狼 Sirius the Jaeger BSフジ(8/09)#05 [ぬるーくまったりと 3rd]
第5話 荒ぶる鉄棺あのミハイルと対面したユーリィ。ヴァンパイアになっても会えて嬉しい。 でもミハイルは既にヴァンパイアとして覚悟を決めていた。狩人は見つければ直ぐに殺す。 弟なので..…
(2018-08-10 16:30)