TOP ナンバカ ナンバカ【第26話 出席番号のついたバカたち】感想
2018年07月17日

ナンバカ【第26話 出席番号のついたバカたち】感想

第26話 出席番号のついたバカたち 

2017年4月26日に行われたイベント「ナンフェス2017」で上映された番外編。dアニメで配信があったので視聴しました(配信はアニメのみです)。

舞台は南波刑務所ではなく南波十三舎高校。そこへ新人教師の七夕星太郎が赴任してきます。新人らしく理想に燃えている星太郎ですが、十三舎高校は不良が多いことで有名。受け持ったクラスでは一癖も二癖もある生徒たちに翻弄される毎日です。

という内容で、星太郎ちゃんが先生役。ジューゴ、ウノ、ニコ、ロックは生徒役です。星太郎ちゃんの熱血っぷりが笑える番外編です。

ここからネタバレありの感想です。




久々にナンバカ観ました!画面が例のキラキラで嬉しくなりましたよー。私はこの謎のキラキラ演出、気に入っているので…。

星太郎ちゃんが先生っていうのは妥当なんですが、クラスにいる生徒が、ジューゴ、ウノ、ニコ、ロックのいつもの4人と、はじめの弟の仁志くん。相変わらずのフリフリ…というか、ここ男子校でみんな学ランなんですけど、一人だけ制服っぽい何かを着てましたw もちろんスカートです。

相変わらず、みんな自分の趣味に没頭して好きなことをやっていて、ジューゴは例によって授業中もフラフラとお散歩です。一見害のないジューゴも、先生たちから言わせると問題児。いろいろ悪い噂が絶えません。自分はからっぽだから何か探さないと…というジューゴのセリフも、学校の中だとピッタリすぎて何か笑う…。

はじめがなかなか出てこないなと思っていたんですが、バイト中に五舎高校の生徒と揉めて、停学していたという設定でした。はじめも生徒役なのね。誰もツッコミいれなかったけど弟の仁志と同じクラスだよ、はじめ…。

なんだかんだとキャラほとんどみんな出てきてワチャワチャで面白かったです。最後のオチが猿鬼だったというのも…(このほのぼの世界には出てこないのかと思ったらしっかり出てきましたw)

久々に見て面白かったです。




前へ:ナンバカ【第25話 サラバカ!】感想 最終回

posted by 白黒ウサギ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンバカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183921688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック