TOP 魔法少女 俺 魔法少女 俺【第11話 魔法少女☆最終決戦】感想
2018年06月14日

魔法少女 俺【第11話 魔法少女☆最終決戦】感想

第11話 魔法少女☆最終決戦 

兵衛の正体も妖魔の黒幕も正体がわかり、さきたちの戦いも、この物語も終盤に入ります。暴走した妖魔のボスにより世界は崩壊し、もひろは魔界へと連れ去られてしまいます。それを追うさきと桜世ですが…?

作画やばかったです。これ狙ってやってるとか笑うんですけど…。

ここからネタバレありの感想です。




兵衛も妖精ってことは二頭身なのが本来の姿ってことですね。
こちらの世界には休暇で来ていると。なるほど?

小波が魔法少女好きで、魔法少女に会いたくて魔界からやってきたっていうのは予想どおりだったんですが…。異世界侵略局の局長とかいう、予想外に魔界も組織になっていて、そして地位のある人でしたw たまたま欠員が出た日本(魔法少女がいる)へやってきたものの、実際に会えた(というか物陰から見た)魔法少女はさよちん。憧れの魔法少女が中年のおっさんだったのでショックを受けてニートになったら、魔界からの活動資金がなくなったので働かなくては行けなくなり現在に至る。

なるほどー…?
小波も苦労しているのかしてないのか…。

そして、さきが魔法少女になったのは本当に喜んでいて、彼女たちを有名にするためにあれこれ仕組んでいたということが発覚します。これ難しいよねー。魔法少女を有名にするといっても、さきのためじゃなくて自分の満足のためだし…(意外と実はお金のためかもしれないけど)

いや、でも、そんな真面目に話を語っている場合じゃなくて、今回すごかったのは意図的に作画崩壊させてるところですよね…。わざとやってますよーという説明もちゃんと入っていましたが、露骨にかつ絶妙な崩れ方で、気になって気になって仕方なかったです。あんな絵で動かれたら集中して見れない…。プリズマは作画崩壊した自分たちに喜んでるしw

エンドロールに「作画崩壊監督 川崎逸朗」ってあって、監督自ら崩壊させていたんですね。

いろいろ楽しかった“魔法少女 俺”も次回で終わりかと思うとちょっと寂しい。
さきと離れた桜世がどうなったのかとても心配です。のんびり小波の話を聞いてる場合じゃないよ、さき…!




前へ:魔法少女 俺【第10話 魔法少女☆ストーキング】感想

posted by 白黒ウサギ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔法少女 俺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183544031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック