TOP Steins;Gate 0 Steins;Gate 0【第9話 永劫回帰のパンドラ】感想
2018年06月10日

Steins;Gate 0【第9話 永劫回帰のパンドラ】感想

シュタインズ・ゲート ゼロ
第9話 永劫回帰のパンドラ
 

何かがきっかけで世界線を移動した岡部は、紅莉栖からの助言でまたβ世界線へと戻ってきました。目が醒めるとそこは病院で、まるで何か夢でも見ていたかのよう。ダルたちが言うには突然岡部が倒れたというのですが…?

ついに動き出す…!?

ここからネタバレありの感想です。




岡部が気がつくとそこは病院。見慣れぬ光景に今度は何が起きたのかと焦り、病室を飛び出します。そこでまゆしぃに会い、β世界線に戻って来れたのか…?と思う岡部です。まったく同じ世界には戻れないはずなので、そこはちょっと慎重になりますよね。岡部が急に倒れたので病院に運ばれたということなのですが…。なんとフブキも一緒に倒れたのだという。

フブキも世界線を移動する前の記憶があり(フブキ自身は夢だと思っているようですが)どうやらフブキにもリーディング・シュタイナーが?

そして真帆ですが。アマデウスは今は無事。でも和光の事務所はボヤ騒ぎがあり、真帆の宿泊先のホテルでは盗難があり、と周辺が騒がしくなっています。何が起きているのか萌郁に引き続き調査を依頼し、(事件があったにもかかわらず)ホテルへ戻ろうとする真帆を引き止め、フェイリスの元へ送ります。

萌郁と面と向かっているのに、スマホでやり取りしているのは、なんかやっぱりというか。この2人らしくていいですよね。前作では携帯メールだったけど。そしてあっさりと真帆の滞在を受け入れてくれるフェイリスもいいですよねー。こうやっていろんな人と繋がって、いろいろ人を動かして、だんだん岡部も調子が戻ってきたのかなあと思いました。少し元気になってますよね。ラボでひとり今の状況を考える岡部ですが、心の中の紅莉栖が一緒に考えてくれてるのも良かったです。

一方、鈴羽は世界線が移動したことに気がついてしまい、岡部を無理やりタイムマシンに乗せようと銃で脅してきます。時間もなくなってきて、タイムマシンの燃料も足りず、鈴羽も焦っていたんでしょう。TVのニュースでやっていたロシアの地震はタイムマシンの開発を示していると気がつき、このままでは第三次世界大戦になってしまう…と。でも岡部は、行った先が今よりも状況が悪くなったらどうする?と鈴羽に反論します…。岡部は岡部で何度も何度もまゆりの死をみて、常に何か・誰かを犠牲にして、いろんなものを捨ててここまで(まゆりの死なない世界に)辿り着いたから、そう簡単に次へ行けませんよね。言い合いが続いて、ダルが止めに入って、とりあえずここまでとなりますが…。

岡部は今度はミスター・ブラウンにこのあいだのフォネティック・コードについて詳しく話を聞きに行きます。そんなの使っている国は五万とあるよ…ですが、その中でも、ミスター・ブラウンの推測ではDURPAと私設CIAじゃないか、という。

情報をつなぎ合わせ、考える岡部…。この前襲ってきた連中はかがりが目当てだった。でも今度はアマデウスが狙われ、真帆の宿泊先が荒らされたりしている。かがりが未来から来たのは知っているんだとして、ではアマデウスは? 多分、アマデウスから紅莉栖のタイムマシン理論を引き出そうとしたが得られなかった…ということは。

岡部がフェイリスの家にいる真帆を訪ね、アマデウスには繋がっていない紅莉栖が残した何かはないか?と訪ねます。何もないと真帆は答えますが、実は紅莉栖のノートPCが手元にありました。パスワードがわからなくて中身が見れないのかな。岡部に嘘をついた理由も気になりますが…。

岡部はちょっとずつ元気になっているけど、周りが元気なくなるのは困るな…。




前へ:Steins;Gate 0【第10話 存在証明のパンドラ】感想
前へ:Steins;Gate 0【第8話 二律背反のデュアル】感想

posted by 白黒ウサギ at 02:42 | Comment(2) | TrackBack(3) | Steins;Gate 0
この記事へのコメント
おはようございます。

オカリンが段々と立ち直り始めましたね。
クリスと会えたのも良い影響だったんでしょう。
心の中のクリスと相談するところは良い感じでした。

リーディングシュタイナーですが、
高熱で脳の記憶の部分に影響が出るらしいです。
記憶の再構築の失敗なので実は欠陥とかなんとか

フェイリス宅に泊まる真帆先輩。確かにあそこ以上に安全な場所は無いでしょうね、しかし半日で…あの惨状に…
アマデウスがラボの乱雑さを先輩の下宿と同等と言ってましたが
そんなもんじゃなかったですねw

鈴羽の件ですが、半年前と言ってたので…そろそろ燃料的にも米露の研究的にも限界だったんでしょうね。
ダルが包容力ある人物で本当に良かった。

ラインはあまりやってませんが、萌郁さんとのやり取りのスタンプは欲しいなあw





Posted by 狐公方 at 2018年06月10日 10:49
☆狐公方さん
コメントありがとうございます。
だんだんオカリンが自分の意思でしっかり行動を始めましたよね。
それは良かったんですが…。
真帆の様子が気になります。

ダルが意外とちゃんとお父さんなのも面白いところですよね。
いや、いつもちゃんとお父さんなんですが…

ラインスタンプ可愛かったですね。
使いどころが難しそうですが。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年06月14日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183497080
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

シュタインズ・ゲート ゼロ TokyoMX(6/06)#09 [ぬるーくまったりと 3rd]
第9話 永劫回帰のパンドラ 目覚めると病院、まゆしぃ、ダル、比屋定が見舞いに来た。フブキも倒れて入院、アルファ世界線の記憶が残っていた。アマデウスへの攻撃は止み、支配権は取り戻せた。しかし和..…
(2018-06-10 05:37)

シュタインズゲートゼロ第9話「永劫回帰のパンドラ」新型脳炎とロシアの実験 [アニメとマンガの感想と考察]
シュタインズゲートゼロ第9話「永劫回帰のパンドラ」は新型脳炎の話が出ていた。 アバンはどこかの病院で岡部が目覚めた。 この展開はゲーム版にはなかった。 やはり前話ラストのダイバージェンスが0.04も違..…
(2018-06-10 07:29)

シュタインズゲートゼロ第9話「永劫回帰のパンドラ」新型脳炎とロシアの実験 [アニメとマンガの感想と考察]
シュタインズゲートゼロ第9話「永劫回帰のパンドラ」は新型脳炎の話が出ていた。 アバンはどこかの病院で岡部が目覚めた。 この展開はゲーム版にはなかった。 やはり前話ラストのダイバージェンスが0.04も違..…
(2018-06-12 16:57)