TOP 重神機パンドーラ 重神機パンドーラ【第9話 虎の目】感想
2018年06月02日

重神機パンドーラ【第9話 虎の目】感想

第9話 虎の目 

式典の最中、姫がダグに狙撃されてしまう。姫はどうなるのか、ダグの本当の目的は何なのか…?

というわけで、前回の続きからです。なるほどなるほど…という感じでしたw

ここからネタバレありの感想です。




ダグが撃ったように見えて本当は違った…という流れかなと思ったんですが、本当にダグが撃ってました。姫は重傷で病院へ運ばれます。でもここ違和感ありますよね…。ダグが撃ったのは何のため? 第1話からずっと優秀だと説明されてきたダグなので、殺すつもりで撃ったのなら絶対に外さないと思うんですよね。つまりわざと狙いを外している可能性があるわけで…。それにしてもエグいですけどね。加減するならもっとしろって感じです。姫様かわいそう。

ダグは過去に虎の目と呼ばれていた、有能な狙撃手で、その時のダグの狙撃能力を研究していたのがエミリアという女性。ダグの恋人だったようですね。そして、そのときのダグのデータがAIになってB.R.A.Iになってしまったわけですね(ざっくりと)。だからネオ翔龍で起きた事件がダグの仕業では?と思われるのも当然と言えば当然、犯人はダグと同じ行動バターンを持っている。それに気がついたダグは、単独で事件を解決しようとしてた?ってことかな〜(パンドーラに最初からすべて話せなかった理由はわからないけど…)。

エミリアはどうしたかというと、B.R.A.Iに襲われて死んでしまっていました。だから猫の名前がエミリアなんですね。猫のエミリアはあんまりかわいくないけど、でもダグにとっては大事な存在なんですね…。

今回のB.R.A.Iは光学迷彩を使っているということが判明。それで見つからなかったわけだね…じゃあ見えるようにしよう!ということで、グレンがペイント弾を撃って実体化させ、(いつの間にか)ハイパードライブを実装されたモーブに乗ったダグがとどめを刺します。

初速の遅い弾を撃って、それを速い弾にあてて弾道を変えて相手を撃つとか…発想がすごいですね。ちょっとおもしろかったです。ハイパードライブでハイになっているダグは別な意味で面白かったですけど。もう少しかっこよく表現できないかなー。ハイパードライブの副作用は猫モフモフ?大食いクラブには入らないんですね。

これで、レオン、クイニー、ダグの3人がハイパードライブを使えるようになりました。
姫は一命をとりとめ、回復も早いようで…。ゴールドの親分と面会していましたね。火鍋屋・金?ってこと?火鍋屋さんがどうして暴れてるのか…。っていうか、姫は敵の正体を知ってたんじゃん。




次へ:重神機パンドーラ【第10話 紅蓮の追想】感想
前へ:重神機パンドーラ【第8話 雨の死角】感想

posted by 白黒ウサギ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 重神機パンドーラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183409973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

重神機パンドーラ TokyoMX(5/30)#09 [ぬるーくまったりと 3rd]
第9話 虎の目姫が撃たれて緊急手術。ダグは組織の手配した隠れ家へ、メモリを手渡す。要人専門の狙撃手、虎の目が1発で仕留めなかった訳を知りたいケイン。自身も仕留められなかった経験上から。 レオ..…
(2018-06-03 05:02)