TOP Steins;Gate 0 Steins;Gate 0【第5話 非点収差のソリチュード】感想
2018年05月13日

Steins;Gate 0【第5話 非点収差のソリチュード】感想

シュタインズ・ゲート ゼロ
☆第5話 非点収差のソリチュード
 

ダルが人探しの専門家として呼んだ人物は、桐生萌郁でした。α世界線での記憶が蘇り、動揺しながらも、この世界線ではまゆりは殺されない、大丈夫だと自分を落ち着かせようとする岡部ですが…。

今回はストーリーの動きが大きくて、続きがとても気になる感じで面白かったです。だんだん暗い雰囲気だけじゃなくなっていていい感じです。

ここからネタバレありの感想です。




萌郁は、この世界線ではライターとして働いているようです。以前、ハッカーの取材されたことでダルと知り合ったということですが、これは単なる偶然ではないような。どうしても繋がってしまうものなのかもしれませんね。

岡部は結局、AI紅莉栖からの連絡はずっと無視したまま。でも真帆に実験に無理に協力しなくてもいいから、と言われてもまだどうしたらいいか悩んでいます。どっちつかずですよねー…。なかなか吹っ切れるものでは無いのはわかりますが…。AI紅莉栖がやけに感情表現が上手くて、そこまでの仕様にしなくても、と思っていたのですが、それは岡部が脳内である程度補完していたからだというのが今回わかりました。なるほど…。考えれば考えるほど、誰か特定の人の記憶を元にAIを作り出すのは罪深い気がしますね。せめて、見た目を人にしなくてもいいように思います。

それから、以前ルカに相談されていた件。ずっと放置になっていたんですが…。
まゆりに言われてルカと連絡をとる岡部ですが、連絡がつきません。…と思ったら、その途端、お客さんを連れて訪ねてくるルカ。そのお客さんが紅莉栖にそっくりで…。

事情を聞くと記憶喪失らしく、自分の名前もわからない。仮の名ということで「かな」と呼ぶことになり、ルカの家でしばらく預かることになったようなのですが…。いつから記憶喪失なんでしょうね。幽霊の噂には、男性もいたということだから、12年間の中のどこかで、かがりを保護していた人がいそうですね。それも何か事情がありそうな…。

かがりが持っていたウーパーは、最近公開された映画に出てくる、森の妖精さんバージョンだ、とまゆりが教えてくれます。でも、最近のもののはずなのに、なぜか古びています。まさか…と岡部が思ったとき、鈴羽が帰ってきて、かがりを見て驚き、そしてかがりは、まゆりの姿に動揺して気絶してしまいます。

いろいろ繋がりましたが、そしてこれからどうなるの!?っていう終わり方でしたね。かがりはまゆりのことを思い出した? もしくは思い出そうとして思い出せなくて、パニックで倒れたとかかな…。ここで出会ったことがいいことなのかどうなのか。

そして、かがりが紅莉栖にそっくりっていうのは、ただの偶然なのかなあ…。これまでの話で、偶然で済ませられることってあまり無いような気がします。




前へ:Steins;Gate 0【第6話 軌道秩序のエクリプス】感想
前へ:Steins;Gate 0【第4話 亡失流転のソリチュード】感想

posted by 白黒ウサギ at 22:09 | Comment(2) | TrackBack(2) | Steins;Gate 0
この記事へのコメント
こんばんわ

萌郁ですが、名刺持ってましたしバイトから正社員になったのでしょうか?
それはともかく、FBの操り人形なのは間違いないでしょうし…
鈴羽が会っている人物は、無事なのは間違いないでしょうが
ラウンダーそのものは存在し、100人前後は動員できそうな感じなので、対処が分かりませんね。

AI紅莉栖、表情も以前の猫かぶりも解け、好奇心旺盛で妙に正義感強くてツンデレなオリジナルにそっくりになりましたが、錯覚、認知がきついですね。
罪深いという貴女の言葉が一番しっくりくるかもしれません。
アマデウスにしたって、移動も自由にできないし、ドクペも飲めません。大丈夫なのかな?

動物園での不審死、真帆を追跡した謎の組織?CAI?KGB?
世界は、ゆっくりと加速度的に第三次世界大戦に向かっていますね。
どうでもいいですが、真冬に左右で異なるサンダルで出歩くのはちょっと…

かがりと紅莉栖が似ている理由はうーん、DNAから作ろうとした人造人間?
とかではないことを祈るばかり。

世界観や人物がしっかりしているとやっぱり引き込まれますよね。

エル・プサイ・コングルゥ



Posted by 狐公方 at 2018年05月14日 20:18
☆狐公方さん
コメントありがとうございます!
そうそう!動物園の不審死のニュースありましたね。
こういう小さいところが大事だよね…って観てたのに、書く頃には忘れてました。
忘れないように感想書いてるのにおかしいな…?w
書いてくれてありがとうございます。

かがりと紅莉栖の関係はほんと気になります。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年05月15日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183222229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

シュタインズ・ゲート ゼロ TokyoMX(5/09)#05 [ぬるーくまったりと 3rd]
第5話 非点収差のソリチュード異なる世界線でまゆりを殺害した桐生萌郁が目の前に立っていた。動揺して立ち尽くすオカリン。 ダルの知り合いで椎名かがり捜索を依頼したのだった。実は株式会社アークリ..…
(2018-05-14 00:01)

シュタインズゲートゼロ第5話「非点収差のソリチュード」記憶喪失のかがり [アニメとマンガの感想と考察]
シュタインズゲートゼロ第5話「非点収差のソリチュード」は、かがりがラボにやって来るエピソード。 副題そのものがオリ要素。 ゲーム版ではまだ「亡失流転のソリチュード」の範囲。 ラボに萌郁が来るのは萌郁が..…
(2018-05-15 09:00)