TOP ヴァイオレット・エヴァーガーデン ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第12話】感想
2018年03月29日

ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第12話】感想

第12話 

和平調印のため、文書作成の依頼でカトレアとベネディクトが現地に出張します。いまだ和平反対派が抵抗を続けるため、カトレアたちの乗る列車は軍の護衛がつきます。そして、反対派制圧の指揮はギルベルトの兄、ディートフリートがとることになるのですが…。

まだヴァイオレットはライデンに戻っていなくて、前回の続きでした。

ここからネタバレありの感想です。




配達のパイロットさん、毎回、ヴァイオレットがここで降ろしてくださいと無茶を言うので大変だなぁ…と思います。ずっと重いテーマで話が進んでいるので、このパイロットさんのくだりだけ、ちょっと和むところです。戦争が終わったらたくさん手紙を運ぶって明るく未来を語ってくれたし。良い人です。

この前から反対派が潜んでいるのがわかっていて、そして線路沿線に点々と続く爆発の後、そんなところにカトレアがいるのを見たら、ヴァイオレットがいてもたってもいられなくなるのはわかりますが…。どういうつもりで、何をしようと思って、飛行機を降りてカトレアの元へ走っていったのか? 普通ならここは(この先も)危ないからライデンに帰ろう、となるのだと思います。でも、「私も行きます!」なんですよね。大事な仕事だとわかっているんでしょう。「自分が代わりに行きます!」と言わなかったので、そこは安心しました。

ディートフリートは何だか扱いにくいというか、複雑そうな人ですよね…。上層部からのブーゲンビリア家の扱いも、大事にされているクラウディアの家と比べると差がありすぎて微妙な感じで…。クラウディアとも知り合いなんでしょうが、カトレアに嫌味を言う必要はないですよね。でもわざわざ嫌味ったらしくヴァイオレットのことを話しに行く。気になるんでしょうね。

来ないと思っていたヴァイオレットはディートフリートの前に現れて現地の詳しい報告をする。貴重な情報なので嫌でも聞かなくてはいけなくて、挙げ句に「ご命令を」と。ここは、たぶんヴァイオレットからすると「何か自分に手伝えることは」と言うくらいの意味なんですよね、たぶん。でも軍の習慣がうっかり出たというか(若いし…)大佐も少佐に似てるし、思わず言っちゃったんでしょうね…。ここは本当に見ているこちらも複雑な気持ちになりました。ヴァイオレットの気持ちもわかるし、ディートフリートの気持ちも(ヴァイオレットに関しては八つ当たり以外の何者でもないのですが)わからなくはありません。

結局、潜入した兵士により戦力が分断されたため、ディートフリートもヴァイオレットに頼らざるを得なくなります。ただ、もう誰も殺したくないからとヴァイオレットは渡された武器を拒否、素手で戦うことになります。少佐がヴァイオレットを庇って死んだことをディートフリートは責めていて(これが本音ですよね…)、ヴァイオレットも守りたかったと言って、それでも少佐は自分に生きろと言ったのだと言い返すのは、凄いなと…。ヴァイオレットは強くなったんだなと思います。先週、エイダンの家族には謝っていたけど、今回は謝らなかったので、何か思うところがあったのかな…。本来、ヴァイオレットが謝ることではないですからね。

ヴァイオレットはディートフリートに助けられ、ヴァイオレットもディートフリートを庇う終わりになりましたが…。次回、最終回だと思うのですが、どんな結末が待っているんでしょう。途中までは、ギルベルトが生きているといいなと思って見ていましたが…そこはもう期待できそうにないですよね…。ヴァイオレットもディートフリートも、心の傷が少しでも癒えて終わるといいなと願っています。




次へ:ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第13話 自動手記人形と「愛してる」】最終回 感想
前へ:ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第11話 もう、誰も死なせたくない】感想

この記事へのコメント
おはようございます。

今回も重く悲しい話でしたね。

襲撃者の人も、全部責任を押し付けれたのでしょう。
でもやっぱりダメだと思います。

ヴァイオレットちゃん、優しいのは分るけど、
彼女に何かあったら悲しむ人もいるのは分って欲しい。
少佐の「生きろ」も守れなくなります。
最後、生きてますよね?

大佐、傷跡が癒えていなかったんですね。
助けてから、できないなら命を絶つように迫るなど、整理できていないのでしょう。
多分、良い人です。
でもヴァイオレットの事は認めてほしいです。

…ひょとすると、ヴァイオレットが居れば弟が死なないと思ったから
預けたのかと思いました。だとすると自分を責めているのかも
Posted by 狐公方 at 2018年03月31日 10:13
☆狐公方さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

ヴァイオレットの行動はわかるようなわからないような…。
まだ自分でもどうしたらいいのか、わからないのかもしれませんね。

大佐のヴァイオレットへの態度はほんとに八つ当たりです。
ヴァイオレットに部下を殺されたことも恨んでいるようで
それでも弟に引き渡したのはなぜかなと思うし…。
大佐本人の希望では無かったかもしれませんね。

みんな救われるといいんですけどね…。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年03月31日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182833269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(3/28)#12 [ぬるーくまったりと 3rd]
第12話大陸全土での和平調停が行われる。陸軍特部隊は解散したのでとブーゲンビリア海軍大佐が特使の護衛を任される。大陸横断鉄道で調停式に出席するが狙われやすい。 ヴァイオレットはライデンではな..…
(2018-03-29 17:30)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン第12話 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
生きろ。 「もう、誰も殺したくないのです。少佐の命令は、生きろ、であって、殺せで…
(2018-03-29 20:17)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 [ぷち丸くんの日常日記]
南北の戦争は終わったはずなのに、まだ和平反対派が蠢いています。 ギルベルト(CV:浪川大輔)の兄・ディートフリート(CV:木内秀信)のところに、ガルダリクの和平取り交わしの特使とドールが乗車する..…
(2018-03-29 21:06)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 [いま、お茶いれますね]
第12話 大陸横断鉄道が完成し、南北をつなぐ交通網が完成。鉄橋ってどう見てもフラグよね。 南北の和平調停が結ばれて戦争が終結する。…
(2018-03-29 21:35)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話感想 [アニメ色の株主優待]
ヴァイオレットはクリトガル国からライデンへと戻る途中、ガルタリクへと向かう大陸列車に乗るカトレアと遭遇。 南北和平の為に調印式へと向かっている事を知る。 鉄道沿線で放火が行われる光景を..…
(2018-03-29 23:23)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン #12 [ゆる本 blog]
るろうに剣心みたいな事、言い出した。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第12話。 海軍所属なのになぜか調停式への陸上護送任務で厄介ごとを回された ディートフリート。 その危険な旅にはカト..…
(2018-03-30 02:15)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
最後の戦い…
(2018-03-30 23:03)

ヴァイオレットエヴァーガーデン第12話 好戦派の和平特使襲撃 [アニメとマンガの感想と考察]
ヴァイオレットエヴァーガーデン第12話は、 好戦派の工作にカトレアが巻き添えとなる回だった。 やっぱ、きな臭い展開になるんだねえ。 もの悲しい話やしんみりした話では終わらない様子。 アバンはギルバート..…
(2018-03-31 15:42)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 [Old Dancer's BLOG]
 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第12話を鑑賞しました。年度末進行とぶつかっちゃったので、完成までにこんなにかかっちゃいました。すみません。  そうやって時間を空けたせいもあるのでしょうが…..…
(2018-04-03 19:15)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 『』 ライバックさえ居れば...。 [こいさんの放送中アニメの感想]
これは…暴走特急。和平交渉に特別列車で向かう特使が居ると。ここに反対派が襲撃をかけてくる。彼らにとって計算外だったのは非番のコック…もといドールが乗っていたから。スティー..…
(2018-04-04 01:51)