TOP 魔法使いの嫁 魔法使いの嫁【第22話】感想
2018年03月15日

魔法使いの嫁【第22話】感想

第22話 As you sow, so shall you reap.  

エリアスの元を離れ、カルタフィルスに着いていったチセ。死ねない呪いにかかったカルタフィルスと、呪いに命を奪われそうになっているチセ。そこで取引を持ちかけられます。チセの竜の左腕をカルタフィルスに与え、そのかわりカルタフィルスの体の一部をくれるというのですが…。

今まで謎だったチセの過去がわかる回です。重いところもあり、グロテスクな部分もありでしたが、観てよかったです。

ここからネタバレありの感想です。




チセが腕をカルタフィルスに与えると…どうなるんでしょうね。それで万事解決とも思えないのですが…。まずは移植しても拒絶反応が出ないかどうか確かめると言って、お互いの目を交換するのですが、このシーンがとても怖かったです。カルタフィルスが自分の目を持っているところまではまだ良くて、チセの目に手をかけたところは怖かったのでちゃんと見れませんでした。

カルタフィルスはチセのことが嫌いだから嫌がらせをすると、チセの目に残った力を借りて、チセの過去の記憶を見せます。チセが半ば忘れてしまっていた、小さい頃の記憶です。弟は生まれたばかりでまだ小さくて、母親は優しくて、父親は家族のために一生懸命働いています。幸せの家族の記憶、チセは生まれたときからずっと疎まれていたのではなくて、きちんと愛されて育っていました。

でも、その後はチセの認識どおりです。夜中に何者かの視線を感じた父親が弟を連れて出ていき、そのまま帰って来なくなった。一人で働きながらチセを育てなければいけなかった母が、あやしい存在のために仕事も上手くいかなかったり、生活がだんだん苦しくなり、精神的に追い詰められていきます。一旦はチセを殺そうと首をしめ、我に帰って今度は自殺してしまう…。あなたなんて産まなければ良かった、この言葉もチセの記憶どおりでした。

チセの両親のことはきっと何か訳があるのかと思っていました。父親の行動は理由がわからないのですが、チセの母が追い詰められていったのを見ると、少なくともチセの母は「捨てられた」と感じるような行動だったのだと思います。何か将来的に安心できるような約束があったわけでも何でもなく。そしてチセの母の行動も…。あまりにもショッキングな出来事に、チセが記憶違いをしているとか、真実には何か救いがあるのだと半ば信じていたのでこれもまた…。あまりにも重くて辛い話に驚きました。

ただ、チセの記憶の中の母で、本当のお母さんじゃない、とチセは言っていましたが…。そしてチセは、自分を殺そうとした母を許さない、と。ただ、母がいなければ自分もいないから感謝もしている。許さないことで、チセは前に進んでいける…。ちょっと難しい話ですね。母親への未練との決別でしょうか。引きずっていた過去との決別?

チセの元に現れたカルタフィルスの欠片は、ずっと助けを求めている。チセはその欠片を受け入れて、今度はカルタフィルスの真実を探るのでしょうか。長い長い時間の中で何があったのか、ロンドンでチセ(の魂?)に会ったことを忘れていたように、カルタフィルス自身が忘れてしまっていることはたくさんありそうですね。

次回は、カルタフィルスの過去の話でしょうか。チセを失って荒れているエリアスの話もあるようですね。チセは第1話からみるとかなり成長したなと感じるのですが、エリアスはむしろ後退している感じだな…。




次へ:魔法使いの嫁【第23話 Nothing seek, nothing find.】感想
前へ:魔法使いの嫁【第21話 Necessity has no law.】感想

posted by 白黒ウサギ at 03:33 | Comment(3) | TrackBack(1) | 魔法使いの嫁
この記事へのコメント
こんにちわ ここからは私も初見です。

前半は、私もグロテスクな印象を受けましたが、
チセの過去は、辛くもありましたが、幸せで彼女が愛されていたことが分かりました。
前回の魔女の長老ピュセルさんの言葉で
「誰が何の呪いを解くか分からない」とありましたが…そのとおりでした。

多分チセは、大丈夫でしょう。身心体調も含めて

澱んじゃったカルタフィリスを浄化し、不安定になった旦那を探して叱りつけ、二人を中心とした優しい世界がはじま・・・

うん、何かが変ですねwエリアスの名誉挽回は・・・
Posted by 狐公方 at 2018年03月15日 16:29
☆狐公方さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
いつもながら返信遅くてすみません…

チセの子ども時代、幸せな時もあって良かったなと思いますが
結論は、許さない…なので、やっぱり辛いかな。
ただ、許さないのはチセの記憶の中のお母さんで、真実はどうかわからないですね。
何かに操られてとかかもしれないし…?
そんなこと言い出すときりがないんですけどね。
チセのお父さんの行動が謎のままなので…。
あまり期待しない方がいいでしょうか。
チセは前を向いて歩いていく覚悟もできたようなので。

エリアスは、ねー…
ステラを犠牲にしようとしていたのを
どうやって挽回できるかな…?
でも悪い終わり方はしないと信じてますw
Posted by 白黒ウサギ at 2018年03月16日 22:43
返信ありがとうございます。

確かに、おっしゃる通り言い出したらきりが無いのですが…

「許さない」のがお母さんがトラウマを植え付けたことなのか?
それとも自分で命を絶っていなくなってしまったことなのか?

「産まなきゃよかった」に対しても、チセが居なければ
黒いのにかじられてチセが苦しむことも、
悪魔の囁きに惑わされた自分が首絞めて、チセが苦しむこともなかった…
とかいろいろな意見がありました。

お父さんは、黒い猫?が悪い側で相打ちになっちゃったのか?
それとも良い側で助ける方法を探しに行ったのか…?

エリアス…苦しい言い訳をすると、失恋のショックは男性の方が大きいらしいです。
ま、チセと悠久の時を過ごせるっぽいので100〜1000年くらいすれば何とか情緒面も大人になるのかな?
理屈、論理なら相当なのに…
ショートアニメで、チェスでチセをボコボコにして、
チセが教えた将棋でも、速攻で王手をかけ、
チセが「影武者」、「ワープ」、「ビーム」等のインチキで誤魔化しても
疑うことなく、速攻でボコボコにしてました。
Posted by 狐公方 at 2018年03月17日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182690719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

魔法使いの嫁 BS11(3/10)#22 [ぬるーくまったりと 3rd]
第22話 As you sow, so shall you reap. 目覚めるとステラが眠っていた、無事だった。ヨセフの部屋らしく、奪われたもう一匹のドラゴンは無事だった。僕たちは強い呪い..…
(2018-03-15 07:22)