TOP Fate Fate/EXTRA Last Encore【第5話 祈りの弓】感想
2018年02月25日

Fate/EXTRA Last Encore【第5話 祈りの弓】感想

第5話 祈りの弓 -イー・バウ- 

第2階層のフロアマスターとの戦い。千年前、正確には999年前に遡り、ダン・ブラックモアとそのサーヴァントについての真実が語られます。約千年の間、彼が戦い続けても上の階層へ行けない理由。マスターとサーヴァントに何が起きたのか。

いろいろ予想を裏切られているというか。

ここからネタバレありの感想です。




ブラックモアは実は999年前の戦いで破れて死んでおり、マスター権を失くしていました。でもなぜか(再召喚ではなく)そのまま復活してしまったので、ブラックモアは上を目指して戦闘を続行している…というのが真相でした。ブラックモア本人は自分に権利がないことに気がついていないのですが、端からみると正当性なく、ただマスターを殺すために殺し続けていることになりますね。そして、サーヴァントのロビン・フッドはそのことに気がついているけれど、マスターに本当のことを言えないのでつき合っている。…だから、マスターをねらえと言われても渋々って感じだったんですね。

ハクノもシンジも、何度も死んだり復活したりを繰り返してきた感じでしたが、マスターとして復活していたと思ったんですが…。何がどう違ったんでしょうね。ハクノなんて一度は一番上の階層まで行ったのに?ですよ。色々あると思いますが、「ここは本来こういうルールですが、事情が変わってここではこうです、でもやっぱりこうです」っていう感じで展開しているので、話の中で説明されないとわからないですね。わからないというか、確定できない。

死んだマスターの憎悪が地下に落ちて溜まっていくというのはわかりました(この表現で正確なのかわかりませんが)。ではハクノの憎いという感情は、すべての負けたマスターたちの感情?それを被って変身してるんでしょうか。ちょっと怖い…。

ラニとリンが実は同じ人なのかなと前回見て想像していたんですが、これも違いました。死んでしまって、置いていって、ちょっとかわいそうでしたね。倒れたラニの手に令呪があったのが気になったんですけど…。リンもそうですけど、ラニもサーヴァントを失くしたって言ってるのにどうして令呪があるのか、とてもとても気になっています。(ラニも死んだとかじゃなくて、やっぱりリンなのかなー…?)

どうせラダーが出てきたら、最後はしれっとリンもいるんだろうなという予想は当たったんですけど。リンはラスボス感があるというか…。あからさまに怪しいですよ。←でも予想は裏切られるのです…。

ロビン・フッドとネロの戦いはちょっと良かったですね。どちらもかっこ良かったです。ネロの走る姿も良かったな。

コメント欄での解説やネタバレはご遠慮ください。
これからの展開で判明することもあります。「わからない」部分も含めて楽しんでいるので、わからないままでも大丈夫です。





次へ:Fate/EXTRA Last Encore【第6話 永久機関・少女帝国】感想
前へ:Fate/EXTRA Last Encore【第4話 顔の無い王】感想

posted by 白黒ウサギ at 18:58 | Comment(6) | TrackBack(2) | Fate
この記事へのコメント
アバンでのロビンフッドの対戦相手はネロじゃないみたいですね
シェルエットからすると鈴鹿御前ですね
マスターも顔の輪郭が微妙にハクノと違う気がします

死者であるダンは上の階層に行く資格が無かった
ならばハクノは死者ではないという事になりますね
転生? それとも自我が芽生えたNPC? 
シンジも第3話の回想を見る限りでは上の階層に行く資格があったはずですね(ラダーが下りて来てたし)

リンはラニが退場してから出てきた上にラニを知ってたので同一人物でなかったとしても何らかの関係があったのは確実だと思います
Posted by k at 2018年02月25日 21:40
こんばんわ

ブラックモア卿…Kさんの予想通り、死者でしたね。
「PVで狩人は亡霊と踊り続ける」というセリフの通り。
死者復活とかやってるあたり、バグってますね…

ハクノ…最上層で敗れた人の魂に脱落者が纏わりついたという感じでしょうか…
それでも憎しみや戦術の合理性だけに捕らわれないので…今後って感じでしょうか。

ラニもリンもあっさりしすぎているので…何か確実にありそうって感じですね。

ダン・ブラックモア卿の奥さんですが、
51年前のウルトラセブンの主人公がモロボシ・「ダン」でヒロインが「アンヌ」だったことが元ネタらしいです。

緑茶さんの「イー・バウ」は、実は速攻で毒消しを使えば不発だったりw
「顔の無い王」のほうが厄介だったなあ…

次は…予想もつかないことが予想できます。どうなることやら
Posted by 狐公方 at 2018年02月25日 21:59
☆k さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

そうだ!鈴鹿御前ですね!
リボンのシルエットと、厚底靴っぽい足もとしか見えなくて、
誰だろ…?って思ってました。スッキリしました。
マスターはハクノじゃないみたいですね。

ハクノは謎が多いですね…
>自我が芽生えたNPC
これはありそうと思うんですが、
地下で何か風景を思い出していたシーンがありましたよね。
原体験でしたっけ。それがあるならNPCじゃないのかなー…とか。
わからないことだらけです。

ラニのこともよくわからないまま消えてしまって、
ちょっとモヤモヤしてます。
リンは何してたんでしょうね。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年02月25日 22:20
☆狐公方さん
コメントありがとうございます。

あ、なるほど死者復活はバグなんですね… 

ダン・ブラックモアは、あ、そうか、マスターですもんね。
サーヴァントみたいにどこかの英雄で、実在の人なのかなー?と
勝手に思い込んで見てました。マスターだよ…
でも元ネタがあるんですね。

次は?3層目はまたとんでもないことに?
ついていけるかなぁ…。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年02月25日 23:35
聖杯戦争がまともでないのはいつもの事ですw

う〜ん、ブラックモア卿は無念無く死んだので、最下層に落ちなかった?
それでも復活する理由は分からないんですが…

ブラックモア卿、現在でも一流の軍人や傭兵もいるのでそのくらい?の人かと。
…跳弾を利用した狙撃は…訳が分かりませんですがw

緑茶、何だかんだ言いながらも付き合ってくれる人ですね。好きです。
Posted by 狐公方 at 2018年02月26日 08:08
一応、ムーンセルのNPCは実在の人間が元になってます
今回のアバンで桜が登場してたので言ってしまいますが、EXTRAの桜は実在の間桐桜を元にしたNPCです
リンは少なくとも原作では本物の人間でした


狐公方さんへ

ダンは時計塔の鐘に跳弾させて、自分が時計塔に潜んでると錯覚させてたみたいですね
本当は王城にいたと

で、敵マスターがサーヴァントと一緒に森に逃げるならロビンがゲリラ戦
サーヴァントと二手に分かれてマスターが時計塔に向かうなら背後から狙撃(風魔小太郎のマスターはこれで殺られた)
もし時計塔の頂上にたどり着いたら爆弾のコードキャスで吹き飛ばす
歴戦の軍人だけあって二重、三重のヤバいトラップですね

ハクノは無事だったのは最初はデスフェイスで防御力も上がってたのかと思いましたが、ラニがハクノのコピー人形を囮にしたんでしょうね
で、本物は王城に向かってて逆に狙撃
正直、この辺りは不親切ってか、もう少し説明が欲しかったですが
(初見で公式サイトの用語辞典を見ずに理解できた人は皆無なんじゃないかな……)

フロアマスターはその階層で最後まで生き残った者、あるいはその階層の戦歴の中でもっとも優れたマスターが選ばれる、とのこと
Posted by k at 2018年02月27日 04:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182507559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Fate/EXTRA Last Encore BS11(2/24)#05 [ぬるーくまったりと 3rd]
第5話 祈りの弓 -イー・バウ- この世界は999年後の世界だと知ったハクノ。ラニに助けられた二人は今後の対策を練る。フロアマスターのダン・ブラックモアはマスターではないので上位階層には登れ..…
(2018-02-25 19:18)

FateExtra LastEncore第5話「祈りの弓」VSダン&ロビンフッド [アニメとマンガの感想と考察]
FateExtra LastEncore第5話「祈りの弓」は、ダン・ブラックモアとの戦いの顛末だった。 ダンは999年前に聖杯戦争に参加し、敗北していた。 かつて桜が助けた生徒(マスター)がいて、 ダ..…
(2018-03-04 12:36)