TOP 刀剣乱舞-花丸- 続・刀剣乱舞-花丸-【第7話 文月 いざ、大勝負】感想
2018年02月19日

続・刀剣乱舞-花丸-【第7話 文月 いざ、大勝負】感想

第7話 文月 いざ、大勝負

今回から登場するのは包丁藤四郎と物吉貞宗。
物吉くん好きなので嬉しいです。物吉くんが加州に本丸を案内してもらうのですが、物吉くんの行く先々でちょっとしたことが起こり…?というお話。物吉くんは幸運を運んできてくれますからねー。ふんわりした可愛い話でした。

ここからネタバレありの感想です。




戦闘シーンから始まります。浦島虎徹、蜂須賀虎徹、長曽祢虎徹の兄弟で出陣していて、おおっと思いました。浦島くんが危ない!という時に助けに入ってきたのが、物吉くん。そして加州と二刀開眼!三兄弟一緒なのも嬉しいけど、物吉くんが出てきたのも嬉しくて、さらに加州。ずっと出陣がない…と悩んでいたのを見てきたから、良かったねー!と思いました。

そして戻ってきてから物吉くんに本丸を案内。顕現してすぐ出陣させられていたんですねー…。Lv1でも強かった物吉くん…?(まあ細かいことはいいよねw)

物吉くんがいると、お茶を入れれば茶柱が立つし、風で洗濯物が籠の中に入るから取り込まなくていいし、御手杵の悪夢もいい夢にかわり、よろず屋の買い物(くじ引き)も大当たりばかりです。四葉のクローバーを探せばたくさん見つかるし…。さすが幸運の刀ですね。

御手杵の悪夢のところが一番笑ったかも。臼に追いかけられて「俺は杵じゃねえーーー!」ってw ほんとだよw 御手杵が寝ている屋根の下を物吉くんが通りかかるだけで一転していい夢に変わるのもおかしかったです。物吉くんの幸運はどこまで…w よろず屋で包丁藤四郎が初登場なのも良かった。お菓子好きですもんねw 買い物楽しそうで可愛かったです。

博多の株の投資で、物吉くんが廊下を通りかかると株が上がり、去っていくと株が下がるというわかりやすさもおかしい。途中からダダ下がりになったと思ったら、物吉くんは遠征に行っていたという…。なんと。戻ってきた途端、大雨だったのが晴れるし株も上がるし、ここまで凄いと、物吉くんが幸運を運んでくるというより、物吉くんが幸運そのものでは…っていう感じでした。物吉くん素晴らしい。

博多が株で落ち込んでいるのを励ますために山笠を企画するのも凄いw 長谷部はいろいろうるさいこと言うけど(てるてる坊主にも一瞬文句言いそうだったよw)基本的には優しいよね。みんなノリノリで支度していて、楽しそうでした。ソハヤノツルギが屋台似合っていて笑いました。なんかこういう体育会系のことやるとかっこいいw

山笠も大成功。七夕飾りで清光と安定の気持ちが繋がっているなーという終わり方も良かったですね。安定、元気そうだけど、早く帰ってくるといいのにね…。まだ夏だから先は長そう。

今回のエンディングはこれまでとはちょっと違う感じでしたね。美麗イラストシリーズじゃなくてアニメ絵でした。でもカットたくさんあってみんな可愛かった。

短冊に書いた願いが叶って、いきなりダンスが上手くなったAWT48…!プロデューサーは鳴狐!という夢でうなされた加州が飛び起きて「何だこれ…」みたいになって、エンディングの曲につながる…という流れでした。なるほどー。1期の文月もAWT48だったから、まあ、わかります。厨房ミュージカルもそうだったけど、1期のネタをなぞっているのが多いんですよね。今回のエンディングのカットに水着があるのとかも。

来週も楽しみ。




次へ:続・刀剣乱舞-花丸-【第8話 葉月 このことは秘密だからな】感想
前へ:続・刀剣乱舞-花丸-【第6話 水無月 これからもよろしく】感想

posted by 白黒ウサギ at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刀剣乱舞-花丸-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182452457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック