TOP 文豪ストレイドッグス 文豪ストレイドッグス【第25話 独り歩む】感想
2018年03月04日

文豪ストレイドッグス【第25話 独り歩む】感想

第25話 独り歩む 

原作コミック13巻(限定版)に収録のOVAです。夏に上映会もあったみたいですね。TVシリーズとはちょっと離れた、独立したエピソードで「独り歩む」のサブタイトルどおり、国木田独歩のある日の出来事を描いています。

こちらdアニメの配信で観ました。映画も公開になるし、先月舞台も観に行ってとても楽しかったので、さらに文スト盛り上がるといいな…と思います。ぜひ3期につなげてほしいな〜と。

ここからネタバレありの感想です。




時間に厳しい国木田の手帳には、文字通り分刻みのスケジュールが書き込まれています。隙間のないスケジュールでただでさえ忙しいところに、みんなにあれこれと頼られている国木田です(でも予定外だからとすっぱり断ったりするんですが)。太宰なんてあからさまに予定の邪魔をしようとあの手この手です。そんな国木田が出かけた先で、爆弾魔の事件に巻き込まれてしまい…という内容です。

今回登場の幸田文ちゃん…関西弁の女の子で、正義感の強い良い子ですが生意気キャラなので私はちょっと苦手かなぁ…。初対面の国木田を「国木田」って呼び捨てにしたり、襲われそうになった演技をして無理を通そうとしたり、何だかなぁと最初は思って観ていました。

でも最後に自分に爆弾を仕掛けられたときに、本当は助けてほしいのに、健気にこらえてるのを観たら…。なんか強がってるけど、いい子だなと。文はたまたま電車に乗っていて、たまたま荷物を渡されただけで、何も悪いことしていませんからね…。

国木田がちゃんと守ってくれて良かったです。予定外のことはしないと言っても、合理主義の人だけど、武装探偵社の人ですから…。国木田さんかっこ良かったです。与謝野先生はやっぱり有能だ…。







次へ:文豪ストレイドッグス【第26話 太宰、中也、十五歳】感想
前へ:文豪ストレイドッグス【第24話 若し今日この荷物を降ろして善いのなら】感想(最終回)

posted by 白黒ウサギ at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文豪ストレイドッグス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182417782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック