TOP 魔法使いの嫁 魔法使いの嫁【第13話】感想
2018年01月07日

魔法使いの嫁【第13話】感想

第13話 East, west, home's best 

「魔法使いの嫁」2クール目が始まりました。竜の国でリンデルやネヴィンにたくさん背中を押してもらって、エリアスときちんと話をしようと思うチセですが…。一歩踏み出す決意はできても、実行するタイミングはまた難しいものですね。チセの過去も少しづつ紐解かれていきますが、物語は思いがけない方向へ…。

ここからネタバレありの感想です。




OP/EDとも新しくなりましたね。1クール目のおさらい映像なのですがとてもきれいです。エンディングは前の曲がとても好きだったので、今度の曲もいいけどちょっと寂しいかなあ…。

エリアスの家の庭でときどき飛んでいる、羊みたいな妖精だと思っていたものは「綿虫」という虫さんでした。羊に似た毛を刈り取って魔法道具の材料にするそうです。かわいいですね。でも虫と思ったらちょっと怖いかも…。すぐ寝ちゃってて可愛い虫さんですけど。

少し違う虫がいたら触らないでとチセに言い残して、エリアスが家に入っていってしばらくすると、予想どおり似ているけれどちょっと違う虫が現れます。お約束というか何というか…。現れたのは「雪虫」で、人の熱を食べてしまうようです。触るなと言われているのにわざと触るチセではないのですが、虫の方からぶつかってきたのでどうしようもなく…。ルツが守ってくれましたが…。

いつも思うんですが、エリアスは説明が足りないんですよね。似たような虫がいたら、それは雪虫で…と危険があるのなら予め説明してくれてもいいはず。触るなと言うだけでは足りなくて、理由があればもっとよりよく危険を回避できることもあるし。そういうことも、これからエリアスが学んでいってくれるといいなあと思うんですけどねー。

結局、このことがきっかけでチセがちゃんとエリアスと話ができたのは良かったのですが。チセとエリアスの会話は2人ともの不器用さが出ていて、とてももどかしいんですよね。ルツとシルキーさんがドアのそばでそっと見守っていた、あの気持ちがよくわかります。

リンデルがチセに色々話をしたのが気に入らなかったんでしょう。自分の過去を恥じている(という感情があるのかわかりませんが)というか、チセに怖がられるのが嫌なんですね。チセの記憶を消そうとして、でもチセが大事な人のことだから忘れたくないといって止めます。ここもね!!チセが一大決心で「大事な人」って言ってるのに、そこはスルーで、チセが怖くないかどうかを気にしているっていう…。チセもエリアスも可愛いです。チセから自分の感情が「寂しい」というものだと知ったときのエリアスの顔も最高でした。骨だけなのに、骨がカパッと顎を開くだけなのに、何であんなに表情豊かなんでしょう。笑顔はちゃんと笑顔だってわかる。表現がとても上手です。

ところでチセはエリアスに気持ちを打ち明けることができましたが(その話の中でまたチセの過去も少しわかりました)、エリアスはやっぱりチセに何も言いませんね。これはわざと黙っているのか、言うべきこととそうでないことの区別がちゃんとついていない(悪気も隠している気もない)のか、どっちなんでしょうね。

そして穏やかな日々が続いていたところにまた波乱…。
「灰の目」と名乗るものが現れて、チセを狐に変えてしまうのですが…。

また次々と困ったことが起こりますね…。
チセの過去ですが、両親ともに不思議なものが見えるんだったら、チセには理解者がいなかったわけではないんですよね。それならチセはいらない子じゃなかったですよね…?お父さんと弟とはいつか再会できるかもしれませんね。…いやそれより前に、まずは狐の姿から戻してもらわないといけないですね。




次へ:魔法使いの嫁【第14話 looks breed love.】感想
前へ:魔法使いの嫁【第12話 Better to ask the way than go astray.】感想

posted by 白黒ウサギ at 21:56 | Comment(4) | TrackBack(1) | 魔法使いの嫁
この記事へのコメント
やっと木曜日で見れたよ〜(おはようございます。)

ごほん、まず「灰の目」が中田譲治さんでビックリしました。
なんであの人は、某麻婆神父のように「人の傷を開く」ような役が似合うのだろう…?

OPは…前期がチセが自分の存在意義を見出すことがテーマなように感じましたが
後期は、辛いことも悲しいことも乗り越えて先に進んでいくような感じに聞こえました。

エリアスが説明下手くそのは同意しますが、自分に知らせてと先に言ったあたり、ほんの僅かですが前進したと思いますw

2人の関係も進みましたし、良い回だったと思います。(灰の目が出なければ…)

個人的に銀の君が微妙にほほ笑んだりして表情変わっているのが気に入りました。

Posted by 狐公方 at 2018年01月11日 08:17
☆狐公方さん

こんにちは!コメントありがとうございます。
中田譲治さんでしたねー。
聞こえた瞬間、「これ油断したらダメな人の声だ」って思いましたw
そしてその通りでした…まだ目的がよくわからないですが…

銀の君もほんのり笑いましたね!良かったです。
心配して見に来てたりして、嬉しくなりますね。

後半は辛いことが続くのかなあ、難しいですね。
例の魔術師もいますしね。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年01月11日 17:54
返信ありがとうございます。

「私の予想」では、「冒頭」と灰の目の目的は…
チセやエリアスが珍しいのでどういう反応、過程、結果になるか見て
分析、観察して楽しむ(人間観察?)ことじゃないのかな〜と思います。
善意も悪意も好意も無いので…まあ、所謂「愉悦部」の人でしょうか?

後期OPですが私の書き方が不味かったですね。
前期OPも好きですが、
チセは自分の意義を見出して、目のクマも取れ、表情豊かに笑うようになったので…
「卒業した」ように解釈してます。
本人も含めて「無力で無意味な自分」だと、もう、誰も思ってないと思っただけです♪
Posted by 狐公方 at 2018年01月11日 21:38
☆狐公方さん
コメントありがとうございます。
「愉悦部」納得ですw そういうものかもしれませんね。

後期OPの感想もありがとうございます。
なるほどそうですね!
この先いろいろあるかもしれないけど楽しみですね。
Posted by 白黒ウサギ at 2018年01月12日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182070788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

魔法使いの嫁 BS11(1/06)#13 [ぬるーくまったりと 3rd]
第13話 East, west, home's best 綿蟲の毛刈りを始めるよ。これは、お隣さんよりは生物寄りだよ。刈った毛は魔法のアイテムに利用できる、余った毛で枕を作ると良いよ。帰った..…
(2018-01-07 22:01)