TOP Fate Fate/Apocrypha【第24話 聖杯戦争】感想
2017年12月24日

Fate/Apocrypha【第24話 聖杯戦争】感想

第24話 聖杯戦争 

聖杯戦争もいよいよ大詰め。シェイクスピアとジャンヌの戦い、そして聖杯から出てきた天草四郎、ジーク、残ったサーヴァントたちも戦います。四郎の言う「全人類の救済」は果たして叶うのか、それは正しいことなのか…。最後の審判が下されます。

ここからネタバレありの感想です。




聖杯に入ったきりどうなってるのかわからなくなっていた四郎、天草四郎のスタイルで出てきました。ヘヴンズ・フィールを起動して願いは成就したというのですが…。ジャンヌは、人の魂が同じ場所に留まっているだけで、そんなものは救済ではないとバッサリ。話が平行線で進まず、戦うことに。

ジャンヌがジルに旗を預けたところから、ずっとジルが守ってくれていたのは良かったです。ジルの犯した罪は消えないけれど、気持ちは平穏になったのではないでしょうか。ジルさん良かったですね。ジャンヌも剣を抜いて白い鎧に変わった姿をみることができたのも良かった…んですが、わりとあっさりと決着がついてしまったのは残念です。ジャンヌは火力は少し足りないけれどけして弱くはないのに、いまひとつ見せ場が足りないなと感じました。第二宝具かっこ良かったのに…(実装しないのかな)。大聖杯も少し傷つけることができたのに…。ジャンヌは最後まで残ると予想してたんですが…。四郎の右腕と左腕の攻撃がちょっとエグくて、でももしかして気持ち悪い攻撃なのかな…?くらいでわかりにくかったので、2人のバトルはもっと見せてほしかった…というのもあります。

ジャンヌが消えたこともちょっとビックリしたんですが、セミラミスがまだ生きてたことも驚きました。てっきりモーちゃんに倒されたと思ってたのに。セミラミス消えたのに空中庭園残ってるの不思議、そういうものかしらと思ってたらそうじゃなかった。

続いて、ジャンヌが消えたことで怒ったジークが挑んでいきますが、令呪は使いきったのでもうジークフリートにはなれないし、どうするのかと思っていたら…ここからまた予想外の展開で良かったです。戦ううちに、ジークの魔術回路が光だしたところから、さらに面白くなりました。やっぱりがんがん動くバトルシーンがあるとかっこよくていいなーと思います。手抜きみたいな絵になってましたが(手抜きなのかわざとなのかわかりませんが)私はこういう絵は嫌いじゃないです。

ジークに一体何が起こっているのかと思ったら、黒のバーサーカー、フランケンシュタインがジークの中に欠片を残していたことがわかります。カウレスがフランちゃんの気配を感じ取っていて、これは胸が熱くなりますね…。先週、シェイクスピアのところでフランちゃんのことを思い出してたので余計に。こういうところは面白いなと思います。

カウレスの「やっちまえ!バーサーカー!」は、イリヤの「やっちゃえ!バーサーカー」を思い出してちょっとふふっとなりました。これはさすがに狙ったセリフですよね。

…でも宝具「ブラステッド・ツリー」を発動しちゃったんですが、これ自爆攻撃ですよね…?どうなるの…?マスターが消えたらサーヴァントも消えちゃうから、残るのはカウレスとレティシアだけ…?ブラステッド・ツリーでまた誰かが蘇ってたらまた話は別ですが。





次へ:Fate/Apocrypha【第25話 Apocrypha】最終回 感想
前へ:Fate/Apocrypha【第23話 彼方へ】感想

posted by 白黒ウサギ at 02:42 | Comment(4) | TrackBack(2) | Fate
この記事へのコメント
おはようございます。

今回、綺麗なジルが見れましたね。
感情の消失による「逃げ」ではなく、罪を受け止め
立ち向かってくれるのは良かったです。

ジーク君がバルムンク連射できたり、アストルフォの宝具2つ解放に耐えられたのは
フランちゃんの永久機関的なものを受け継いだからですが
ブラステッド・ツリー(しかも自爆タイプ)を見れるとは思いませんでした。

私が、一番見たかったのはカルナさんの「日輪よ、死にたまえ」ですが
一番聞きたかったのは、「やっちまえ、バーサーカー!!」でした。
Posted by 狐公方 at 2017年12月24日 08:45
☆狐公方さん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ジャンヌがジルに償うことはできないと言い切っていて、
それで逆にジルが立ち直る?のが良かったです。
ジルがいなかったら天草四郎の言うことに頷いてたかもジャンヌ…。

ジークの魔力はフランちゃん譲りでもあったんですね。
なんていうかジークは本当にめぐり合わせとか運がいいですね。
幸運A++ かな〜

カウレスのあの叫び良かったですよね。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月24日 19:37
ジャンヌの第二宝具はジャンヌの火刑の逸話が具現化した自爆技です
だからジャンヌは消えてレティシアだけが残ったんです

アニメだとわかりにくいですが、天草は両腕が宝具で、それを使ってアクセスした大聖杯から魔力を借りてました
それでもジャンヌの攻撃を完全には防ぎきれず大聖杯の8割をふっ飛ばされました(アニメだと少ししか壊れてないように見えますが)

セミラミスはモードレッドの攻撃で霊核を砕かれて致命傷ですが、空中庭園の加護と執念でギリギリ生き延びてました
令呪の力を借りないとボロボロのアストルフォの足止めすらできないくらい弱ってます
Posted by k at 2017年12月24日 21:31
☆kさん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ジャンヌの第二宝具は自爆技なんですね…わからなかったです…。
四郎の宝具も詳しいことはわかりにくかったですね。
言われてみれば、そうなのか…と思うんですが、
アニメでは表現が難しいのかもしれませんね。
ひとつひとつ起こっていることの情報量が多いんですね。
大聖杯もあまり壊れてるような絵じゃなくて、
四郎も「これなら大丈夫」みたいなことを言ってましたが
かなり壊れちゃってるんですね。なんか印象変わりましたw

次回どうなるのかなぁ…
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月25日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181926014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Fate/Apocrypha BS11(12/23)#24 [ぬるーくまったりと 3rd]
第24話 聖杯戦争全人類の救済を決めた天草四郎時貞、代償として憎しみを捨てた。第3魔法の発動を要請する、異論は認めない。魂の物質化が可能となる。 聖女として人の感情を捨てたジャンヌに感情を描..…
(2017-12-24 14:29)

FateApocrypha第24話「聖杯戦争」ジャンヌの消滅 [アニメとマンガの感想と考察]
FateApocrypha第24話「聖杯戦争」は、ジャンヌVSシロウと、ジークVSシロウの戦い。 獅子劫とモードレッドがいなくなってるので、楽しみが半減してんだよね。 アバンはシロウが過去の自分と対話..…
(2017-12-25 15:32)