TOP Fate Fate/Apocrypha【第23話 彼方へ】感想
2017年12月17日

Fate/Apocrypha【第23話 彼方へ】感想

第23話 彼方へ 

三騎のサーヴァントが消えてしまった怒涛の22話の続きです。舞台は空中庭園の中へ、赤のセイバー・モードレッドと獅子劫組の登場です。ジャンヌとシェイクスピアの戦いも待っています。

今回も迫力あるバトルシーンでとても良かったです。途中泣かされてしまって、なんか、とても辛い…。

ここからネタバレありの感想です。




モードレッドと獅子劫さんがこの戦いが終わったら祝杯を上げよう、と会話していたのが楽しそうで、この組は本当に仲が良かったな、としみじみ思いました。店で一番いいワインを頼もうとか、マスターにはワインは似合わないな〜とか、そんな軽口を叩きながら、さりげなく獅子劫さんがモードレッドの迷いを払拭してあげようとしているのも印象的でした。モードレッドもちゃんと獅子号さんの話を受け止めるんですよね。本当にいいサーヴァントといいマスターでした。ぶつけ合った拳の大きさの違いがまた何とも…!!

セミラミスの玉座の間でも、毒ガスが出て危ないと知った瞬間にモードレッドが獅子劫さんを部屋から押し出して、獅子劫さんは獅子劫さんで扉が閉まる寸前に目玉を飛ばして…あれは何か援護してたんだと思うんだけど…。左目から血を流してたから自分の目を投げたようにも見えたけど、本当のところはどうなんだろ?獅子劫さんネクロマンサーだからゲイザー系(←FGOに出てくるエネミー)の何か持ち歩いてたのかも…?
まあ、お互いにお互いを助けようとした、とわかれば十分と言えば十分なので、細かいことは今はいいかな。

続くモードレッドとセミラミスの戦いがものすごかったですね…。モードレッドがぶん回されていて、おおおお…と思いました…。この2人の戦い方って見た目も派手で良かったんですが、罵り合いもちょっといいんですよね。セミラミスのイラッとするお上品な嫌味口調に、乱暴にガンガン言い返すモードレッド。
※私はモーちゃん派なので、「おのれセミラミス…!」と思いながら観てました。

セミラミスはアサシンなので、普通に考えたらセイバーであるモードレッドに力負けしそうな感じですが、ここまで周到に準備されたらなかなか叶わないというのも、面白いところでした。次から次へと…!凄かったです。

モードレッドが願いを問われてから覚醒するまでのところも見どころでした…!モードレッドの回想にマーリンとアルトリアが出てきたのも胸熱展開でした…!

そして霊器再臨…!鎧が変わったモードレッドの姿が見れてよかったです。獅子劫さんが例え死んでもいいのかとモードレッドに覚悟を問いかけるのは、自分自身の覚悟もあって、ここから本当に泣けました。「つきあうぜ」って、つきあうどころじゃないですよ…。ボロボロになって自分が死んでいくかもしれなくても、モードレッドが最後に勝ちたいと願った、その願いを叶えてあげたかったんだなあと思うと…。自分はもうダメだけれど、残っているユグドミレニアのマスターと再契約しろと言ってあげたり、獅子劫さん、本当に最後まで優しかったです。

モードレッドが自分もここが終着点でいい、と言ったときはもう涙腺崩壊でした…。2人で煙草を吸いながら静かに最後のときを待っているのは、とても悲しいけれど清々しくもあり、素敵な姿でした。モードレッドの表情も良かったです。戦闘中の鬼気迫る顔も良かったのですが、穏やかな顔もいいです。この2人は、こうやって出会ったことでお互いの願いがある意味叶えられていたのかもしれませんね。モードレッドは本当は父に言ってもらいたかった言葉を獅子劫さんから偽りなく受取ることができたし、獅子劫さんもひたむきなモードレッドと一緒に戦うことができて幸せだっただろうと思います。

欲を言えば…もう少し余韻があると良かったのかな…。一話まるまるモードレッド・セミラミス戦でも良かったなとちょっと思って、でも冗長になるよりはまとまってスピード感ある展開だったし良かったのかな、でも悲しいなあ…と。要するにとても良かったので名残惜しいです。

後半はシェイクスピア・ジャンヌ戦。シェイクスピアのエグい精神攻撃でもジャンヌはまったく平然としていますが、ジークの姿を出されると一気に冷静さを失うのが何とも…。他のものは「どうせ作り物でしょう」と動じないのに、ジークだけはダメなんですね。こんな弱点を抱えてしまってどうするのジャンヌ…。

自分的に後半良かったところは、ジル・ド・レェの登場でした。セイバーのジルさん来た…と思ってたら、喋りながら顔がだんだんキャスターのジルさんに変わっていくという恐ろしさw それに合わせて声色も喋り方もじわじわ変わっていくのも凄かった…。フランちゃんのときはカウレスが助けてくれましたが、ジャンヌはどうやって…も何も、ジークが助けに来るんですよね。ジャンヌとジークは生き残るんだろうな〜という妙な安定感があるので、観ていてハラハラしないところで損しているかもしれませんね。SNの士郎なんて主人公なのに、こいつ死ぬかもな…って何度も思ったのにw

次回で最終回?シロウは聖杯に入っていったきりでしたね。どうなっているんだろ。





前へ:Fate/Apocrypha【第24話 聖杯戦争】感想
前へ:Fate/Apocrypha【第22話 再会と別離】感想

posted by 白黒ウサギ at 13:44 | Comment(5) | TrackBack(2) | Fate
この記事へのコメント
こんばんわ

空中庭園玉座の間は、まさに「獣の腸」でしたね。
毒ガス、ビーム、鎖、神魚クラスの怪魚のオンパレードで
徹底的なワンサイドゲームを繰り広げる…
これだから、ガチガチな陣地作成した魔術師は厄介です。
zeroで切嗣がケイネス先生の陣地をビルごと破壊したのもわかりますねw
ともあれ、二人が望みと勝利を得られて良かったです。
お疲れ様 赤セイバー組

ジャンヌの件ですが、「自分が選択」してここで消費することが気になったようです。
小説ですと、令呪3つ使い切ったため、ちょうどこのタイミングで
「黒のセイバー」「赤のランサー」の脱落を確認しています。

獅子郷さんが投げたのは、鳥の目玉でアレを通じて内部を観察していたのですが
毒がラインを伝って本体へも流れ込んで、片目が潰れてしまいました。
小説だとそのまま全体へ流れ込むことを危惧して…ごほんごほん
とにかく毒は厄介です。
Posted by 狐公方 at 2017年12月17日 19:07
獅子劫さんが飛ばした目玉は中の様子を把握するためのものですね(見たまんまって事です)
獅子劫さんの目から血が出たのは使い魔で中を見ただけで本体に影響が出るレベルのヤバい毒が散布されてたって事です

そして獅子劫さんがモードレッドに注射したのはヒュドラの毒の血清です
なんで獅子劫さんがそんなものを持ってるかというと第1話で獅子劫さんが前金として魔術協会から受け取ったのはヒュドラの幼体のホルマリン漬けなんです
ヒュドラの猛毒はヘラクレスやケイローンなど名だたる英雄の死因になったヤバい代物で獅子劫さんは当初はヒュドラの毒を対英霊用の武器に使うつもりでした
しかし黒の陣営と同盟を結んだ後、セミラミスはケイローン用にヒュドラの毒を用意してるだろう、という事でヒュドラの毒の血清を用意したわけです

ちなみに獅子劫さんとモードレッドのシーンはあれでもかなりカットされてます
最後の会話も原作ではもっと長かったです

セミラミスの宝具は、あの玉座でのみ、空気中にあらゆる毒を生み出し、しかも自分は絶対の毒耐性を持ちます
さらにセミラミスは二つのクラスの能力を同時に持つスキル「二重召喚」持ちのサーヴァントで、神代の魔術まで使います

いやはや、こうして見ると赤の陣営の英霊は強いですね
モードレッドが離反してジャンヌが介入してアタランテが暴走してアキレウスと共倒れになって、やっとこの状況です
魔術協会も頑張って強力な召喚の依代を集めたんだなあ、というのがわかりますね

普通に聖杯大戦やってたら、カルナ、アキレウス、モードレッド、セミラミスだけで勝てた気がします
もっともセミラミスはマスターが天草四郎でなければ間違いなく裏切って好き放題に暗躍してたでしょうけど
Posted by k at 2017年12月17日 20:44
次回最終回かな〜と思ったんですが、25話まであるの?かな?

☆狐公方さん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

セミちゃんは準備よすぎて厄介でした。

獅子劫さんが投げてたのは鳥の目玉でしたか〜。
さすがネクロマンサーいろいろ持ち歩いてますね。
何となく、モードレッドの助けになることをしてる(共闘ですからね…)のは
わかるんですが、細かいところはどうしてもわからないので…。なるほど〜。
見ることで毒も伝わってきちゃうんですね。なんかエグそう…。

セミちゃんが消えたら空中庭園も崩壊するかと思ったんですが
平気そうですね。このまま平気なのか時間の問題なのかまだわからないですけど。

☆k さん
いつもコメントありがとうございます。
ヒュドラの毒!第1話からそんな伏線が〜!
これは説明されないとわからないですね。ありがとうございます。

赤陣営はほんとに強いサーヴァントが揃ってたな〜と思います。
だからこうやって、だんだん消えてしまうのがとても悲しいですね。
残ってるのがシェイクスピア…
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月18日 23:48
こんにちわ

赤のサーヴァントの触媒ですが、セミ様のみ四郎が準備しました。
他人のマスターを傀儡にすること、大聖杯奪い取るための空中要塞を作るのは彼女のみですので

他は魔術協会ですが、3日で、キャスターは失敗したものの、
神話から3名、紀元前から1人呼べたのは流石としか言いようがないですね

ま、四郎にとっては、鴨が葱しょってやってきたようなものですがw
Posted by 狐公方 at 2017年12月19日 15:48
なんかブログの機能が増えて返信しやすくなりました(今日から!)わーい。

☆狐公方さん
こんばんはー!いつもコメントありがとうございます。

キャスターは失敗なんですね?(あれはあれでわざとかと…)
シロウさんはセミ様を選んだのはなかなかマニアックですね。
カルナとか何をどうしたら呼べるんだろ…
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月20日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181860583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Fate/Apocrypha BS11(12/16)#23 [ぬるーくまったりと 3rd]
第23話 彼方へと 獅子劫界離と玉座の間に向かうモードレッド。モードレッドは王になった先が見えないと告げる。俺もお前も見えているが気づいていないだけだろう。 セミラミスが待つ玉座の..…
(2017-12-17 17:47)

FateApocrypha第23話「彼方へと」獅子劫とモードレッドの脱落 [アニメとマンガの感想と考察]
FateApocrypha第23話「彼方へと」は、前半が獅子劫組VSセミラミスの顛末。 後半がジャンヌVSシェイクスピアの前半。 アバンは獅子劫とモードレッドが浮遊城の中枢にそぞろ歩いて向かってた。 ..…
(2017-12-18 10:52)