TOP キノの旅 キノの旅【第11話 大人の国】感想
2017年12月16日

キノの旅【第11話 大人の国】感想

第11話 大人の国 

なんと…キノの子ども時代の話です。キノがどんな国で育ったのか、どんな子どもだったのか。どうして旅人になったのか、エルメスとの出会いは…? びっくりする内容でした。いろいろあるのね。

ここからネタバレありの感想です。




キノっていうのは親につけられた名前ではありませんでした。キノが子どもの頃、キノの国へやってきた旅人が“キノ”という名前でした。その人にちなんでそう名乗っているのかなと思ったら、そういう積極的な理由ではなくて、エルメスの勘違いを訂正しなくてそのまま…っていう感じですね。でも名前が変わって生まれ変わった気持ちだったんでしょうね。

キノの名前はもう本人も覚えていなくて、何か花の名前でちょっと変えると人にからかわれるような名前だった…という。まるで、第10話に出てきたサクラみたいだなと思いました。旅人のキノに宿はないか聞かれて、自分の家がそうだと案内するのも…何か似てますね。あの悲しい話の後に同じような境遇のキノが出て来るなんて、何ともいえない気持ちになります。

と思ったのは一瞬で、思ってほど似たような境遇でも無かったです……。

旅人のキノにモトラドのことを教えてもらったり、いろいろ質問をするキノですが、旅人が仕事を聞かれて、旅をしていて…と答えたところから、何かおかしな雰囲気になります。旅をして楽しいのならそれは仕事じゃない、仕事は辛いものだから…と小さなキノは否定します。

小さなキノの国では、12歳になるまでは子どもで(ある程度)自由にしていられるけれど、12歳になったら脳の手術を受けて大人になるのだそうです。具体的に何をされるのかは説明が無かったんですが、何か人をいいなりにさせるようなことでしょうね。まあ何となくわかります。人権云々じゃないわけですね。その12歳の誕生日が間近に迫っている、というのが小さなキノのおかれた状況でした。これまでは何の疑問にも思わなかった手術のことも、大人になるということも、旅人と話しているうちに何かおかしいのかなと思うようになります。

最終的には、手術を受けたくないと言ったキノに両親が激昂し、周囲の大人たちもキノの両親を責め、なんだかんだ揉めているうちに旅人は殺されるという展開になりました。ええええ…。何これ怖いんですけど…。

「大人の国」の大人になる手術ってどういうものなのかわからなかったんですが、それはいいんですが、子どものキノに対して突然ブチ切れるのが何だこれ…って感じでした。何ていうか…。大人大人って言ってるから、キレたりしないんだと思ってたので…。冷静に淡々と「出来が悪い子は処分」ならまだ理解できたんですけど…。人の醜い姿がショッキングでした。

キノを庇った旅人は殺され、もうダメかと諦めていたキノにエルメスが話しかけて、2人で脱出成功…今に至る、という物語でした。

持っていた「特別なお菓子」を割って捨てるキノ。これがキノの子ども時代との決別で、エルメスとともに旅が始まったこの瞬間にキノは大人になったんだな、と思います。手術を受けて誰かの都合のいい大人という名前の何かになるのではなく、自由になって一人で生きていける本当の大人ですね。皮肉なものですね。ほろ苦いけれど爽快感のある話でした。




次へ:キノの旅【第12話 羊たちの草原】最終回 感想
前へ:キノの旅【第11話 優しい国】感想

posted by 白黒ウサギ at 16:11 | Comment(6) | TrackBack(3) | キノの旅
この記事へのコメント
>あの悲しい話の後に同じような境遇のキノが出て来るなんて、何ともいえない気持ちになります。

原作や旧アニメだと「大人の国」の方が先ですけどね
キノがさくらに対して複雑な表情をしたり、
それをエルメスに突っ込まれて「人に説明できるものじゃないよ」と答えたり
さくらにキノという名前を褒められて「うん 僕も昔、そう思ったよ」と答えたのは、こういうわけです

>仕事は辛いものだから…と小さなキノは否定します

故に、自分の夢を楽しげに語るさくらはキノにはまぶしく見えたと思います
昔の自分に似てるようで、ある意味で正反対だったわけですから

>キノを庇った旅人は殺され

あれ、明らかにキノに悪影響を与えた初代キノを事故に見せかけて殺すつもりでしたね
初代キノは庇わなかったとしても、国を出たら殺されてた気がします
シズみたいにメチャ強い人でもない限り、その国の在り方に口を挟んじゃいけないようですね
キノが中立主義者になったのは初代キノの死が影響してると思います
Posted by k at 2017年12月16日 20:25
☆k さん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

>原作や旧アニメだと「大人の国」の方が先ですけどね
それはそれで、また別な感覚になりそうですね。
今回はあえてこの順番にしたんでしょうね…。むむむ…。

なるほど、10話のことも含めていろいろわかりました。
ありがとうございます。

「国を出るまでは安全を保証しますよ」みたいなことを言ってたので
たぶんそうなんでしょうね。
小さなキノに追手が来なくてほんとに良かったです。
エルメス速かったんでしょうね!
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月16日 22:57
こんばんわ

今回の手術は、昔、精神疾患の処置として行われていた
「ロボトミー手術」が元ネタですね。
今は否定されていた…と思いますが、
医学は、肯定と否定が入れ替わって積み重なっているので
個人的には、判断できません。

しかし、今回の手術は…お粗末なカルト教団信徒を作っているようでした。

大人ってなんでしょうね?
男性の場合、玩具に使う金額の大小で決まったと思いますw
Posted by 狐公方 at 2017年12月17日 19:48
☆狐公方さん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
>お粗末なカルト教団信徒
教祖さまみたいな人がわけわからん話をしていたので、
宗教国家?みたいなものかもしれませんね。
文句を言わずに働く人は作れても、人は平気で殺しちゃうので
いったいどんな手術なのか謎ですねー。

大人はですねえ…
自分で生きていける人?かな?
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月18日 23:25
>>追手が来なくて良かった。
来たやも知れません。ただこれは原作ネタバレですが、あのお花畑の後でキノは山に
迷い込み、お師匠様の家に行きついて保護されて、叩き直されてますので。
あのお師匠様に追手が「キノ(勿論、その名ではありませんが)よこせ」って言っても
良くて「うちに居る子はその名ではありません、キノって言います。お帰りを」って言われるか。普通で、キノに人を撃てるようにするための捨て石にされるのがオチですからね。あるいは地震で滅びたとキノは思ってる大人の国(これも原作ネタバレですんまそん)、お師匠様が滅ぼしたのかも知れませんね。ひーこわっ。
Posted by 狆人間 at 2017年12月24日 18:24
☆狆人間さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
そういえば確かに追手が来なかったとは限りませんね…

キノは師匠といつ出会ったのかな、と不思議に思ってました。
あの後すぐ(山で迷ってるからすぐじゃなさそうですが)だったんですね。
お師匠様のエピソードも面白そうですよね。
怖い印象をもたれてるんだな〜というのはわかるんですが
7話では普通にかっこいいだけで怖くなかったので!
3期があったらその辺の話もあるかもですね。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年12月24日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181858219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

キノの旅 第11話 『大人の国』 全ての始まり、キノ誕生秘話。 [こいさんの放送中アニメの感想]
2003年度版の第1話だった。今回は終盤に持ってきたのは、前回の「優しい国」とセットにする為でしょうか。前回「さくら」という名前に何か思うところがあった様に見えたキノ。その種明かしを倒置法でやってい..…
(2017-12-16 17:58)

キノの旅 -the Beautiful World- BS11(12/15)#11 [ぬるーくまったりと 3rd]
第11話 大人の国 Natural Rights  紅い海の真ん中で Blooming Prairie 11歳の少女がキノと名乗る青年から宿を尋ねられる。自宅がホテルの少女は実家に案内する。..…
(2017-12-16 18:29)

新アニメ版キノの旅第11話「大人の国」はキノの故郷の回想だった [アニメとマンガの感想と考察]
新アニメ版キノの旅第11話「大人の国」は、キノが旅立つきっかけとなったエピソード。 旧作でもアニメ化されていた。 アバンは赤い花が咲き乱れている草原のような所で、キノとエルメスが休んでた。 この草原は..…
(2017-12-24 20:26)