TOP クジラの子らは砂上に歌う クジラの子らは砂上に歌う【第9話 君の選択の、その先が見たい】感想
2017年12月04日

クジラの子らは砂上に歌う【第9話 君の選択の、その先が見たい】感想

第9話 君の選択の、その先が見たい 

スキロスに侵入したチャクロたちは、ヌースまであと少しのところで軍に囲まれてしまいます。オウニが敵に斬られ、もうダメかと思ったそのとき…。

ここからネタバレありの感想です。




オウニが胸を斬られたり足を刺されたりと怪我を負って、もうダメかと思ったとき、ニビが飛び込んできます。オウニもニビも身体能力が高く、敵を倒していきます。ハゲの人も倒してしまいました。…でも、このまま問題なくいくはずもなく、今度はニビが撃たれて、さらに槍で攻撃されて、死んでしまって…。最後までオウニを庇おうとしていたのが悲しかったです。

ニビを殺されたことで怒りが爆発し、サイミアが使えないと言われているヌースの間でしたが、関係なくオウニのサイミアが発動します。強力なサイミアで周囲を無差別に攻撃し、ヌースも切り裂いてしまい…ヌースから植物のような魚のような人のような、何かがあふれだしてきました。これはかつて人の感情だったものでしょうか。泥クジラでエマが踊っていた後に島中の壁から出てきた手のようなものと似ています。とてもきれいなんですが、少し怖いですね。

オウニの心の中の風景もとてもきれいでした。小さなニビが船に乗って現れて、オウニは乗せられない、と言います。ニビが頭に自分で作ったような王冠を被っていて、ガキ大将っぽくてとてもかわいいんです。ポロポロと涙を流すオウニを見て、オウニが泣くところを初めて見た、と言います。オウニの中で、いま人生で一番つらくて悲しいんでしょう。スキロスに潜入する作戦に参加したのだって、オウニは何も言わなかったけれど、ニビたちを守りたかったからだと思うんですよね…。こんな結果になるなんて、一番望んでいなかったのに。ニビがオウニと一緒にいられて良かったと言ったこと、オウニもニビたちに会えなかったら意味がなかったと言ったこと、水に沈んでいく光景も、何もかもとてもきれいでした。

オウニが敵から言われていた「ファレナのデモナス」って何でしょうね。ちょっと悪魔っぽい響きですが…。スキロスの撃退はどうやるんだろうとハラハラしていましたが、オウニの力で解決しましたが…。とんでもない力ですね…。オウニがどこからきたのか(誰が親なのか)わからないということと、この力の強さと、デモナス。うーん。わからない。

そして、チャクロとリコスは、スキロスのヌースから取引を持ちかけられます。ファレナの人たちの感情をヌースに食べさせるなら、コカロをあげよう、という取引です。ファレナにはエマがいるから、コカロがあれば次のステージに行けると言っていました。チャクロは言われたことがわからないからと断るのですが、ヌースはチャクロたちに感情を書き換えることを説明してくれます。人々から悲しみの感情や記憶をとり去り、誰かの幸せな思い出や経験を、まるで自分の感情のように共有できるようになる、という。その世界の素晴らしさを言われますが、チャクロはサミやターシャのことを忘れたくない、辛い記憶でもそれがあるから人なんだ(そんなかんじのこと…それまでその人が感じてきたことすべてがその人を作る、というような意味だと思った)と言って再度断ります。

それでもコカロというものをチャクロは受け取ります。取引はできなくてもよく、チャクロの選択の、その先が見たいから、という理由からでした。ヌースは砂に埋れて消えていったけれど、その先を見ることはできるのかな…?

ヌースを失くしたことでスキロスは崩壊していき、泥クジラに残っていたアパトイアたちは砂の海へと身を投げ…。戦闘は終わりました。リコスたち潜入班は、戻ってこられたのはたった5人でした。スオウは彼らが戻ってきたことを喜びながら、でも明らかに人数が少ないですから…泣いていましたね。

「クジラの子らは砂上に歌う」このアニメ、涙の表現が秀逸で、ほんとうに悲しそうにみんな泣くんですよね。見ているととても悲しくなってこっちまで泣きたくなります。

次回予告、リョダリがちらっと出てきたような。やっぱり生きてたかな。




次へ:クジラの子らは砂上に歌う【第10話 新しい旅に出るわ】感想
前へ:クジラの子らは砂上に歌う【第8話 この世から消えてしまえ】感想

posted by 白黒ウサギ at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(5) | クジラの子らは砂上に歌う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181749217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

クジラの子らは砂上に歌う 第9話 『君の選択の、その先が見たい』 オウニさえいればいい。 [こいさんの放送中アニメの感想]
絶体絶命のドロクジラ突入部隊。しかし防衛部隊のマソウもヤバイ。寿命が近いのか、サイミアの多様が負担になっているご様子。でもクチバまで戦おうとしたらほっとけない。サイミアも使えないくせに!言い争う2人に..…
(2017-12-04 10:24)

クジラの子らは砂上に歌う 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
戦艦スキロスのヌースの間で、司令官・アラフニと対峙する泥クジラの突撃部隊ですが、オウニ(CV:梅原裕一郎)が危ない状態です。 彼をファレナの狂戦士だと言うアラフニによって、殺されてしまうところで..…
(2017-12-04 14:59)

クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(12/03)#09 [ぬるーくまったりと 3rd]
第九節 君の選択のその先が見たいマソオはサイミアの発動が限界に達しようとしていた。敵の中を一人歩くクチバを発見する。タイシャ様の死を嘆き復讐するつもりだったが、マソオが助ける。感情を持つことは醜いな、..…
(2017-12-04 17:57)

精一杯の生を――「クジラの子らは砂上に歌う」9話感想 [Wisp-Blog]
 それがどんなに醜くても。…
(2017-12-05 22:54)

クジラの子らは砂上に歌う第9話「君の選択の、その先が見たい」スキロスの撃沈 [アニメとマンガの感想と考察]
クジラの子らは砂上に歌う第9話「君の選択の、その先が見たい」は、オウニが覚醒するエピソード。 その結果、帝国のスキロスは砂に沈んだ。 印のマソオって男はもう寿命な様子だった。 サイミヤを使えば使う程、..…
(2017-12-06 16:08)