TOP 血界戦線 血界戦線 & BEYOND【第8話 マクロの決死圏 前編】感想
2017年11月28日

血界戦線 & BEYOND【第8話 マクロの決死圏 前編】感想

第8話 マクロの決死圏 前編 

レオの友人リールと、菌類種族の医師リ・ガドの話…です。今回のテーマは…菌? 毎度ぶっ飛んだ話で笑いました。まだ前編なので、次回が楽しみです。一体どうなるの…?

ここからネタバレありの感想です。




レオもせいぜい弱そうなんだけど、レオの友だちがいつもレオ以上に弱そうなのが笑ってしまう。強そうなタイプと仲良くなれそうにないのはわかるけど。リールさんは見るからに細くて虚弱でちょっと面白い。あまりの弱さに友だちを見捨てて逃げちゃうくらいですよ。レオは気にしてないみたいだけど(ある意味慣れてる?w)。

レオの頭に落ちてきた、ミジンコみたいな菌類のリ・ガドも大爆笑でした。小さいマシンに乗っていて、さらにその中にミジンコがいて、でもそのミジンコもパワードスーツだから実物はもっと小さいw 「菌類だからな」って態度だけは大きいという。ミジンコのパワードスーツは意味あるのかな…。レオの頭にたんこぶ作る位の威力しかないみたいだし。でも、そういうレオの指摘によくわからない説教を食らわすのとか最高。言ってることはよくわからないけど、怒られてるのだけはわかるw

レオとソニックの猫探しも可愛くて良かったです。大家さんが家賃待ってあげる、と言った途端、ソニックがキリッとするのがすごく可愛かった〜。張り切っちゃうんだね。視界を乗っ取られてるソニックも可愛い。神々の義眼、アニメの表現とても好き。音もいい。

猫は見つかった(可愛かった)。これ、リ・ガドがレオの秘密はその眼にあるんだな、って指摘していたので、後編は二人が組むのとかありそうかな…?菌類の視界…?うーんw わからんw

そしてリールさん…、ちょうどリ・ガドが話していたテロリスト病原菌ゲムネモに屈してしまい、巨大化して暴れまわることに。病原菌とはいっても普通に感染するんじゃないんですね。なんか弱い心につけこまれてましたよ。

街にはちょうどブローディ&ハマーがいたので巨大化して対応しますが、外部刺激を与えるのは逆効果らしく、どんどん巨大に…。

なんかとてもいいところで終わってしまって、続きがとても気になります…!




次へ:血界戦線 & BEYOND【第9話 マクロの決死圏 後編】感想
前へ:
血界戦線 & BEYOND【第7話 鰓呼吸ブルース】感想

posted by 白黒ウサギ at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 血界戦線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181686651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

血界戦線 &BEYOND BS11(11/26)#08 [ぬるーくまったりと 3rd]
第8話 マクロの決死圏 前編 超虚弱体質の友人リールと街を歩くレオ。ヌズルバに捕まりカツアゲされるが、リールは逃げてしまう。絞め落とされたレオが目覚めると後頭部に何かが当たる。機装医師リ・ガ..…
(2017-11-28 15:51)