TOP 十二大戦 十二大戦【第6話 千里の馬も蹴躓く】感想
2017年11月10日

十二大戦【第6話 千里の馬も蹴躓く】感想

第6話 千里の馬も蹴躓く 

ウサギとサル、巳から逃げるネズミ、羊 vs 虎。同時にあちこちでバトルが始まっていました。こういう展開だとやっぱり面白いですね。納得のいく戦いばかりじゃなかったのがよかったです…。

ここからネタバレありの感想です。




ウサギ vs サル、巳 vs ネズミ(途中からウマに交替…?)、羊 vs 虎

これまでどおりのお約束で、たくさん自分語りした方の負けです。

羊は虎がだらしなく酔っ払っている姿に幻滅していました。すっかり舐めきっていたのが良くなかったですね。これなら自分でも何とかなるとふらふら近寄っていって失敗でした。名乗りあわなきゃダメってこともないんだろうし、どうせ爆弾を使うなら酔っ払ってるのを見つけたときにドカンで良かったんじゃないかな。ウシのことを気にしたり、虎がダメだとか余計なことを考えているうちに気がついたら勝負がついてました。虎は「酔った勢いで殺す」のとおり、あっと言う間に羊を惨殺。虎の必殺技?は酔拳で、お酒を飲んでたのも戦うためだったというオチでした。

羊がどうして勝てると思ったのが謎でした。
普通に考えて虎は強いよねえ…?猛獣だよ…?

サルもウサギ相手に読みを誤ったため脱落。サルがウサギの背後をとったと思った瞬間、刺されてしまいました。ネズミを追いかけていった巳が首なしだったのは、ウサギのために首を置いていったから。木の枝の上に首がおいてあるの怖かった…w

そして、ウマ。先週の感想で「かっこよくなかったけど死んじゃうよりいい」って書いたんですが、今回本人がだいたい同じような言い訳をグダグダずっとしてたので、ありゃーと思いました。普通に死にたくないっていうのはわかるんですよ、だってみんなそうでしょ。でも、死ななかったら勝たなくても負けてないから、勝ちと同じで…とか、言い訳しすぎ。十二大戦の参加は拒否権がないと言ってたけど…戦士なのにメンタル弱すぎる。肉体改造で体が頑丈になっただけでした。

金庫に籠城して生き延びようとしていたウマですが、どこからかネズミが入り込んで、スマホゲームしながら毒舌三昧で…。ネズミはサルが死んだと言ってたのはどうしてわかったのかな…。見てたのかなぁ。それにしてもサルの悪口凄かったですね。死んでしまったのでサルがどういう計画だったのか今となってはもうわからないですが、案外、ネズミの言うとおり「とりあえず停戦させて後はみんなで考える」というのはあるかもですね。結局わかりませんが。

ネズミはウマに逃げたらと忠告したのに、ウマは逃げずにそのまま、結果的に巳の火炎放射器で建物ごと焼かれて窒息死してしまうという結末でした。


辰巳兄弟をのぞいて、だいたいエンディングの登場順に死んでいると考えてよいのかな。猪、戌、トリ、サル、羊、ウマ…の順です。生き残ってるのは、辰、虎、ウサギ、ウシ、ネズミの順だから、やっぱりネズミの優勝かなー。






次へ:十二大戦【第7話 竜頭蛇尾(先攻)】感想
前へ:十二大戦【第5話 羊の皮を被った狼】感想

posted by 白黒ウサギ at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 十二大戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181529899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

十二大戦 第6話 『千里の馬も蹴躓く』 馬の人は何で参加したんだ...。 [こいさんの放送中アニメの感想]
戦意喪失して引きこもりてwww教育的指導食らいそうなヘタレっぷり。 もしかしてイヤイヤ参加させられた口なんだろうか。招待状拒否出来ないみたいですし、代わってくれる人も居なかったか。&nbs..…
(2017-11-10 03:47)

十二大戦 BS11(11/09)#06 [ぬる〜くまったりと]
第6話 千里の馬も蹴躓く 寅に発見された未、最下位ランクだと見下していた。 酒を飲んで未が3人、5人に見える。 酔った勢いで殺す寅、不審に思うが瞬殺。 寅は酔拳の使い手だった。 トラップは未が仕掛けた..…
(2017-11-10 09:57)