TOP クジラの子らは砂上に歌う クジラの子らは砂上に歌う【第5話 逃げるのは嫌だ】感想
2017年11月06日

クジラの子らは砂上に歌う【第5話 逃げるのは嫌だ】感想

第5話 逃げるのは嫌だ 

地下にあるヌース=ファレナを殺せば泥クジラが沈むらしい。長老たちはファレナを攻撃するのですが…。
悲しい展開が続いていて、毎回泣けます。残酷だけど美しい話で、この話、好きだなと思います。毎回言ってるけど、作画もいつも丁寧でいいですねー。キャラもかわいい。

ここからネタバレありの感想です。




この間、謎の船に襲われたかと思ったら、今度は集団自決なんて急展開過ぎて受け入れられないのは当然かと思います。長老会もすべて話してはいないような気がします。元々自分たちは罪人だから処刑される前にみんなで沈もうとか、その結論に至る過程がよくわからない。一面砂の海だから逃げ場はないけど…(この世界は大陸はないのかな?船とか島とかいう概念があるなら、陸もありそうだけど…?)

ファレナの民は罪人だという長老に、サミやタイシャは罪人だから殺されて当たり前だったのかと問うチャクロ。このシーンは心を打たれました。サミのことを持ち出されると泣けます…。リコスが泥クジラを好きになったように、わかってもらえるかもしれない、とチャクロはいつもいいこと言うんですよね。「希望」という言葉に長老たちも心を動かされていました。

今回、リコスの話からこの世界の色々な面が見えてきました。船にはそれぞれヌースと呼ばれるものがあって、本当は人の感情を食べる。でもファレナは人の感情を食べることができないため、泥クジラの人々は感情がある。その昔、彼らの祖先は感情を捨てずに生きていくことを選んだため、帝国から罪人として扱われている…。そういう経緯だったんですね。

世界は広い。帝国とまた敵対する別な国もある。他の国にファレナを奪われる可能性もあり、それもあって処刑することに決めたのだという。

戦艦が8つあって、また母艦があって、それだけでも外の世界は広いと思っていたのに、帝国だけではなく他の国もある。「まだあるのかよ」と驚くのも無理はありませんね。本当に狭くて小さな世界で生きていたのだな…と思います。狭くて小さいからこそ楽園でいられたのに、外の世界との接点ができた今は、これまでいなかった敵が生まれてしまいました。でも、感情を捨てないことがつみと言っても、リコスの兄や幼馴染?の子は明らかに感情があったように見えましたが…。何か都合のいい話ばかり聞かされているのかもしれませんね。

スオウの演説に、覚悟が決まっていないのはお前の方だ、と言い方は厳しいけれど背中を押してくれるオウニ。正反対の二人だけど、なんかこの二人いいですね。スオウは皆を思って泣いてしまう優しい人だし、オウニは力で皆を守ろうとする、やっぱり優しい。オウニがスオウよりも高いところに立っているのがまた何とも…!そしてこの2人を繋いでいるのがチャクロだというのもいいな。

最後に出てきたネリに似た女の子は誰だろう…。ネリかもしれないけど、服が黒かったから…。?そういえば、そもそもネリは何者だったのかな…?




次へ:クジラの子らは砂上に歌う【第6話 明日、人を殺してしまうかもしれない】感想
前へ:クジラの子らは砂上に歌う【第4話 泥クジラと共に砂に召されるのだよ】感想

posted by 白黒ウサギ at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(4) | クジラの子らは砂上に歌う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181494373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

クジラの子らは砂上に歌う 第5話 『逃げるのはイヤだ』 ドロクジラもまたヌースの1つ!そしてファレナの罪が明らかに。 [こいさんの放送中アニメの感想]
ヌース・ファレナ。このヌースを破壊=殺せば船は沈む。弓持った自警団の連中、状況を分かっていませんね。次々に矢が打ち込まれるヌース・ファレナ。負傷に呼応するように船が揺れる。 堪らず飛び出したのは何とリ..…
(2017-11-06 14:24)

クジラの子らは砂上に歌う第5話 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
スオウ「力を貸してくれるのですか」オウニ「そうだ」泥クジラの民「おおーーー!!!…
(2017-11-06 19:55)

クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(11/05)#05 [ぬる〜くまったりと]
第五節 逃げるのはイヤだ チャクロとリコスが到達した場所に存在したのはヌース・ファレナ。 泥クジラの心臓部、ヌースを活動停止させれば泥クジラは沈む。 長老たちが駆けつけて自警団に矢を射かけさせる。 止..…
(2017-11-07 02:54)

クジラの子らは砂上に歌う第5話「逃げるのはいやだ」ファレナの真実と帝国の敵 [アニメとマンガの感想と考察]
クジラの子らは砂上に歌う第5話「逃げるのはいやだ」は、ファレナの意味と帝国の事情がわかるエピソード。 冒頭は前話の続きで、ヌースが弓で撃たれてしまう。 それは長老達がヌースを殺して泥クジラを沈めようと..…
(2017-11-07 17:37)