TOP ボールルームへようこそ ボールルームへようこそ【第12話 出会い】感想
2017年09月25日

ボールルームへようこそ【第12話 出会い】感想

第12話 出会い 

天平杯の決着がついてカップルは元通り。受験も終わり、多々良の高校生活がスタートしました。自己紹介で好きなことを聞かれ、思い切って競技ダンスだと答える多々良でしたが…?

今回からOP、EDとも新しくなりました。ユニゾンスクエアガーデン、新曲もいいですねー。EDも前回に続き小松未可子さん。これからのストーリーを思わせる曲でした。なんかちょっと雰囲気が変わったかなー、今回とても面白かったです。日常パートがメインで多々良たちの心情がわかったのも良かったし、ダンスシーンがしっかり動いていてとてもきれいでした!

ここからネタバレありの感想です。




多々良の高校生活が始まり、気持ちを新たに前向きに行こうとしていて、いいスタートだなと思いました。競技ダンスを自分の好きなことだとしっかり言えたのも良かった。前の席に座ってた子には「ダサッ」と笑われてしまって、最悪…と多々良は落ち込むけど、違いますよね。ちゃんと言えた方がいいです。

この女の子は、OPとED観る限り、新しいパートナーになる子ですね。また気が強そうですね…。

賀寿と同じ高校だったのはビックリでした。いきなり現れて飛び蹴りしてたので笑いました。やっぱり伊達に運動神経がいいわけじゃないですねw こういう漫画らしい感じは嫌いじゃないですw 多々良が絡まれていたのを助けてあげたり、ダンス仲間って言って仲良くしてくれて、賀寿いい人だ…。登場の仕方がおかしかったから誤解してたけど、天平杯の経験だけでガラッと人が変わったりはしないだろうから、もともといい人なんだな。

ところで、雫は留年を一年遅らせたんですね。天平杯のことで多々良にお礼を言ったり、兵藤とのことを素直に話したり、そして多々良に宣戦布告してきたり…と、いい流れだなと思いました。雫が何考えているのか掴みきれていなかったので、こうやって2人で話が出来て良かったな〜と。

後半、仙石さんの試合を賀寿と多々良で観に行きますが、仙石さんの正装が素敵で、ダンスシーンがしっかり動いていてとてもきれいでした!もしかしたら、仙石さんレベルの上手いダンスはきちんと表現できるけど、多々良みたいな下手なのは逆に表現できなくて動かしてなかったのかもしれない…とか考えてしまいましたw(考え過ぎ)今回の仙石さんのダンスはとにかくきれいで、そこに多々良が見たままを反芻するのでよりわかりやすくて面白かったです。「自分が同じことをやったら太ももの内側がつる」とか、そういうのも、仙石さんのダンスの難易度の高さが具体的にわかって良かったです。

今のところ、多々良の良さって、この「目の良さ」なので、多々良が踊らない方が話が面白いのかもな…と思いました。この目の良さを、多々良自身がどうやって活かしていくのか…っていうのがこれから面白くなるところなのかな。新しいパートナーとも上手くいくといいですが、EDの絵をみてると難しそうな子ですね?w





次へ:ボールルームへようこそ【第13話 お見合い】感想
前へ:ボールルームへようこそ【第11話 評価】感想

posted by 白黒ウサギ at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ボールルームへようこそ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181095682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ボールルームへようこそ TokyoMX(9/24)#12 [ぬる〜くまったりと]
Heat. 12 出会い 晴れて高校に進学した多々良。 クラスで自己紹介、父親にも言えていないが好きなことでダンスと告げる。 社交ダンス、競技ダンスです。 前の席の女子、緋山千夏にダッサーと言われてし..…
(2017-09-25 14:19)