TOP バチカン奇跡調査官 バチカン奇跡調査官【第11話 闇の黄金、我、主とともに】感想
2017年09月30日

バチカン奇跡調査官【第11話 闇の黄金、我、主とともに】感想

第11話 闇の黄金、我、主とともに 

森の中で平賀たちは何を見つけたのか…?
32年前の事件で一体何があったのか、現在進行形の少年の殺害事件、そしてキリスト像の奇跡との関連は?
今回、まるっと解決編です。

ここからネタバレありの感想です。




サクサク話が進んであっという間に終わってしまいました。
ガルドウネの錬金術場の話は本当に残虐で、あまり詳しい説明もなくてちょっと残念でした。何代にも渡って地下に閉じ込められて奴隷にさせられてきたので、彼らはみんな短命で、年月もわからないため壁に傷をつけて日を数えているため正確な年齢などはわかりません。というのを続けてきていて…という話です。彼らは洗脳させられている背景もあって信心深いため、バチカンの神父であるロベルトと平賀がやってきたというのは本当に救いで、彼らに協力して…というのがあったのですが…。

ほんとにこんなことまでして!ガルドウネひどい…!と思うところでもあるんですが、アニメだとジュリアが美しくて登場した途端、話に集中しにくくなるから困るんですけどw

原作どおりだともっと長くなってしまうんですが、平賀からローレンに報告する形で話をまとめていたりと、工夫してるんだなーと思いました。端折るにしてもローレンの出番が増えるのはいいですね。

さくっと感想をまとめると
  • 歩いてる途中で平賀を気遣うロベルト(仲いいなー)
  • ジョワンニかわいい
  • ガルドウネの誘いを断るのに、ロベルトへの賞賛をさりげなく混ぜる平賀w
  • ジュリアの首切り道化師似合ってた
  • トロネス神父の死因こそ奇跡ではw
  • 水に潜るシーンでビル捜査官が…!


次で最終回なんですね。WOWWOWではもう最終回放送したようですが。
どういう終わり方になるのかなあ。原作ストックかなりあるので、2期ありそうな気もしますね。




次へ:バチカン奇跡調査官【第12話 シンフォニア】最終回 感想
前へ:バチカン奇跡調査官【第10話 現れし過去の亡霊】感想

posted by 白黒ウサギ at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | バチカン奇跡調査官
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181081889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バチカン奇跡調査官 TokyoMX(9/22)#11 [ぬる〜くまったりと]
XI. 闇の黄金、我、主とともに 32年前の事件を調査しに森に入った4人。 フィルムから焚き火の場所が判明した。 ゴミが今も残っており、ビールの空き缶に小さな穴が残っていた。 異常なまでに正気を逸した..…
(2017-09-23 17:54)

バチカン奇跡調査官第11話「闇の黄金、我、主とともに」ガルドーニャの金と偽札 [アニメとマンガの感想と考察]
バチカン奇跡調査官第11話「闇の黄金、我、主とともに」は、 解決編だったけどかなり駆け足的だった。 しかもオチが主人公の気絶って言う……。 冒頭は森に入るシーンの続き。 森で32年前のカルロ達が飲んだ..…
(2017-10-01 12:11)