TOP Fate Fate/Apocrypha【第12話 聖人の凱旋】感想
2017年09月17日

Fate/Apocrypha【第12話 聖人の凱旋】感想

第12話 聖人の凱旋 

空中庭園に大聖杯を奪われ、城内に攻め込まれた黒の陣営は窮地に立たされました。この事態から脱するためにダーニックは黒のランサーとの約束を破り、無理やり宝具を使わせようとするのですが、それがとんでもないことに…。

今回、物語が大きく動きましたね…!謎だったことの一部が判明したり、他にもかっこいいシーンがいくつもあって、バトルも胸が熱くなる展開でした。面白かったです…!!

ここからネタバレありの感想です。





アバンでシロウの過去が出てきて、その中にダーニックもいたということは…。過去にダーニックが参戦していた聖杯戦争にシロウはサーヴァントとして参加していたということか。一緒にいた人は多分マスターかな?Fate/Zeroに出てきたアイリスフィールそっくりだったから、たぶんアインツベルンのホムンクルスですよね。最後に倒れていて森の中で抱き起こしてたのは何があったんでしょうね…。

最後にジャンヌの口から真名も出てきて正体も明かされましたが、サーヴァント天草四郎であると同時にコトミネでもあるわけですね。(ジャンヌが16番目のサーヴァントと言ったのは否定され)1番目のサーヴァントでルーラーだと言ってました。ルーラーで赤のマスターなのか…。知らなかったシロウの謎はわかりましたが、でもそれがどうして何がどうなったのか?より謎が深まってしまいました。それはこれからまた明かされていくというか、実はシロウがこの物語の本質なのか。

シロウの話に全部もっていかれちゃった気もしますが、シロウは一旦置いておいて、今回のメインはダーニックと黒のランサーの話でしたね。あまりにもひどい展開でヴラド側で考えるととてもかわいそうでした。ヴラドの力が弱まったことについては、カルナから説明があって、親切に物語作ってあるなと思いました。こんな感じなら今わからないことも後々いろいろと話の中で説明があるかもしれない。

宝具を使わせないと約束していたにも関わらず、令呪で発動させた上に、重ねて、大聖杯を手に入れるまで生き続けろ、最後はダーニック自身まで融合するというわけのわからなさ。空中庭園まで大聖杯を取り返しに行くには他に方法が無いと思ったんでしょうか。ダーニックもここまで酷いことになるとわかってなかったのか、わかってたけどそれでもいいと思ってたのか。自分をなくしてまでというのは理解不能ですが、ダーニックのそもそもの望みもユグドミレニア一族のことであって自分個人ではないから、ダーニックからすると別に自分がなくなってもいいのか。(端からみたら、個人のことだろうと一族のことだろうと、個人の望みであるかぎりそれは個人的なことにすぎないのにね)。

宝具が発動して吸血鬼になってしまったヴラドはかわいそうでした。史実のヴラド三世にフィクションである吸血鬼の宝具がついちゃってるのは、英霊の悲劇としかいいようがないです。さらにそこへダーニックの意識まで融合してしまい、見るに耐えない状態に…。敵味方構わず襲ってしまう理性のなさは、吸血鬼ともまた違うので何ともいえないモンスターになっちゃってましたが…。

赤のライダーを黒のアーチャーが助けたのは「!!!」ってなりました。さらにアキレウスがケイローンに「先生」って言うんですよ!これはどういうことなのかな。純粋に生前の関係性で助けたと思うと、私は単純なので喜んじゃいますが。あれホムンクルスは襲われて吸血鬼に感染してましたが、サーヴァントも同じにされちゃうのかな。それは困るから助けたとかもあるかな。

ジャンヌの令呪が吸血鬼に効かなかったのはダーニックが混ざっちゃったから?ジャンヌが全員に吸血鬼退治のために、赤と黒のサーヴァントたちに休戦と共闘を命じるのとてもかっこよくて素敵でした!赤と黒と共闘シーンはかっこ良かったです。狭い中で戦っていますが迫力ありましたね。そうそうこういうのが観たかったの…。細かく書ききれないのでサクッと書いてますが、今回一番気に入ってるのはこの共闘シーンです!面白かったですよ。

吸血鬼は聖杯の元へと行きましたが、シロウの黒鍵で消滅してしまいました…。(なるほどー!黒鍵が役にたった…)詠唱かっこ良かったですね。いろいろ謎はありますが、次回…じゃなかくてそのまた次まで待たなくてはなりませんね。

次回は12.5話で、新規ナレーションを追加した前半の振り返り…つまり総集編か。一休みです。





次へ:Fate/Apocrypha【第13話 最後のマスター】感想
前へ:Fate/Apocrypha【第11話 永遠の輝き】感想

posted by 白黒ウサギ at 13:39 | Comment(5) | TrackBack(2) | Fate
この記事へのコメント
こんばんわ

ウラド公可哀そうでしたね。ダーニックの妄執が上回りましたが
吸血鬼伝説を嫌っているのに、意識がある状態で吸血鬼化されるのは
ご指摘の通り悲惨ですね。

可哀そうな言い方ですが、化け物は英雄に倒されるものですが
英雄を圧倒できる可能性があるからこそ化け物だと感じました。

ケイローン先生がアキレウスを助けたのは、親愛の情もあるでしょうが
踵以外無敵の世界最速の吸血鬼が誕生すると、バイオハザートどころの話じゃなくなるというのもあるでしょうね…

「増える」ってのは、脅威ですね。
Posted by ケイローン先生に弟子入りしたい。 at 2017年09月17日 18:52
第1話で時計塔の偉い人が語ったところによると、
ダーニックは元々、赤ん坊を乗っ取るなどして、あそこまで長生きしたらしいですしね
いくら赤ん坊でも他人と混じれば、その度に人格や記憶に影響が出るのに、
それでも、そんな方法で生きながらえてきた執念の怪物ですからね
今さらヴラドに乗り移る事にも躊躇いはなかったんでしょうね

>宝具が発動して吸血鬼になってしまったヴラドはかわいそうでした

SNのクー・フーリンやZeroのディルムッドといい、
ランサーは酷い令呪を使われるケースが多いですね
ヴラドの結末は血の涙を流してたディルムッドを上回るくらいに無残ですね…


>ジャンヌの令呪が吸血鬼に効かなかったのはダーニックが混ざっちゃったから?

あるいは吸血鬼化して耐魔力が上がったのかもしれませんね

>詠唱かっこ良かったですね

洗礼詠唱という聖堂教会の十八番で、本来は悪霊を退治したり呪いを解く呪文です
それを上乗せした黒鍵でとどめを刺したわけですね
「名もない吸血鬼」という言い方をしたのはヴラドへの情けでしょうね
ヴラドは天草四郎と同じでキリスト教徒ですし
Posted by k at 2017年09月17日 21:37
☆お知らせ
「劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」本作の魅力に迫る特番、9月30日より全国20局にて放送決定!」
http://www.fate-sn.com/news/?article_id=44935


☆ケイローン先生に弟子入りしたい。さん

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

>英雄を圧倒できる可能性があるからこそ化け物
ああ、なるほど!そうですね。
ちょっと強いくらいでは化物とか怪物とか呼ばれないですもんね。

>世界最速の吸血鬼
確かにそれは怖いです…!
こんな状況でも大局で判断できる冷静さがあるのがケイローンですね。
それに比べてアキレウスがあまり良いところがなくて、
後半はもうちょっと(ちょっとだけでいいから)見せ場があるといいなと思ってます。


☆kさん

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ダーニックにしてみれば、そうか、
別人格と混ざってしまうのも今さらってことですね…

ランサーは悲劇ばっかりで悲しいですね。
比較しようがないくらいみんな悲劇…
( ゚д゚)ハッ! もしかしてカルナも危ないのでは…!

>吸血鬼化して耐魔力が上がったのかも
そういうものなんですね?

洗礼詠唱いいですね。悪霊用ということはもう使われないかな。
普通のサーヴァントを倒すものではないんですね。

Posted by 白黒ウサギ at 2017年09月17日 22:25
サーヴァントも霊ではあるので洗礼詠唱は有効です
ただ当然ながら霊は霊でも英霊なので、本来はそんなに効果は有りません

今回は聖人の資質を持つ天草四郎が吸血鬼化したヴラドに使ったから
あそこまでの効果になったんです

>そういうものなんですね?

すいません よく考えたら、吸血鬼になっただけで令呪を弾けるなら
ダーニックの第二、第三の令呪も弾けるはずですね…

吸血鬼化&ダーニックが混じった事で、もはやサーヴァントとすら呼べないような
存在になってしまった事が令呪が通じない原因だと思います どうもすいません
Posted by k at 2017年09月19日 01:28
☆kさん
お返事ありがとうございます。

ジャンヌが吸血鬼に令呪を使ったとき、弾き返されて
「やっぱりだめか…」的な反応だったので、
何かもう見るからに無理な要素があったなかなと
気になってました。

サーヴァントとは呼べない何か…というのは
しっくりきますね。
ありがとうございました!
Posted by 白黒ウサギ at 2017年09月19日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181019595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Fate/Apocrypha BS11(9/16)#12 [ぬる〜くまったりと]
第12話 聖人の凱旋 赤のアサシンが作った空中庭園内ではヴラド大公の地の利は生かせない。 カルナは引くことを提案するが許されない。 ダーニックが登場して宝具の開放を令呪を持って命じる。 レジェント・オ..…
(2017-09-17 15:05)

FateApocrypha第12話「聖人の凱旋」ドラキュラとシロウ [アニメとマンガの感想と考察]
FateApocrypha第12話「聖人の凱旋」は、 何とヴラドがドラキュラ化するエピソードだった。 ただし副題はシロウの事だと思う。 冒頭はシロウの回想。 前回の冬木の聖杯戦争でシロウは付き添ってい..…
(2017-09-22 15:08)