TOP バチカン奇跡調査官 バチカン奇跡調査官【第10話 現れし過去の亡霊】感想
2017年09月16日

バチカン奇跡調査官【第10話 現れし過去の亡霊】感想

第10話 現れし過去の亡霊 

見知らぬ少年が教会の中で殺害されるという事件が起こる中、トロネス司祭は行方不明、そして意外な事件との繋がりが見えてきます。そしてキリスト像の奇跡についても新事実がわかり…。

今回、謎が解けたと思ったら新たな謎が現れたりと、ちょっと面白かったです。雰囲気もホラーっぽくていい感じでした!

ここからネタバレありの感想です。



原作読んでいると結局オチがわかっているので、書きすぎないように気をつけよう…と思っているのですが、そうすると、この手のミステリーだと書くことがあまりない…と最近わかりました。自分が全く知らないと「もしかしたら〜〜なんじゃないか」とか予想も書けるんですが、予想も何も…ねー。他のジャンルとか他のアニメだと意外と平気なんですが、バチカンはザクザク話が進んでいくせいもあって、内容はちょっと書きにくい。平賀かわいいとかそんなことしか言うことがなくなってしまう…。

アニメならでは〜というところで感じたのは、今回はホラーっぽい演出にしてあってそれが作品にあっていて良かったなと思いました。動きがあんまりなくて、パンが多いけど静かな雰囲気でこれはこれでいいかなって。原作は文字情報が凄くて、映像で表現は無理だ(原作に無い部分を大量に補完しなくてはならないのでは→無理すると平賀のパスタみたいになる)…と思ったりして、そろそろバチカンも終わりを迎えるんですが、今頃になって腑に落ちました。ほとんど人の会話や説明で成り立っていますしね。

さくっと感想をまとめると
  • 9話アバンの謎が判明
  • トロネス司祭の遺体発見←平賀が例え話が通じないというの可愛くて好き(でも現実にいたら辛い)
  • キリスト像の謎解明(温度で色がかわる塗料)
  • ジュリアが出てきたとき(出て来るのわかってたのに)「またお前か」と思った
  • わざわざ首切り道化師に変装して殺害する念の入れよう(普通に目立たない格好でよくないか?)
  • 偽札事件と少年殺害の件が繋がる
  • 事件の背後にガルドウネ(ジュリア所属)
  • 遺体の少年は穴蔵のようなところで生活していた?
  • ジョワンニ、吉野さんの声若い!めっちゃ若い!かわいい!





次へ:バチカン奇跡調査官【第11話 闇の黄金、我、主とともに】感想
前へ:バチカン奇跡調査官【第9話 首切り道化師とソロモンの童話】感想

posted by 白黒ウサギ at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(2) | バチカン奇跡調査官
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181011449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バチカン奇跡調査官 TokyoMX(9/15)#10 [ぬる〜くまったりと]
X. 現れし過去の亡霊 今朝もキリスト像は変色した。 殺人事件でカメラは警察に押収されて、1つしか残されていない。 角笛と像の変色には関係はないと思われる。 殺害された少年の血液を調べたらヘモグロビン..…
(2017-09-16 15:41)

バチカン奇跡調査官第10話「現れし過去の亡霊」ジュリア司祭の暗躍 [アニメとマンガの感想と考察]
バチカン奇跡調査官第10話「現れし過去の亡霊」は、 ジュリア司祭が生きていたと判明するエピソードだった。 副題の過去の亡霊とはジュリア司祭のこと。 ニコ生で見たけど、なぜか音量が小さかった。 冒頭は警..…
(2017-09-22 17:45)