TOP Fate Fate/Apocrypha【第7話 自由の在処】感想
2017年08月13日

Fate/Apocrypha【第7話 自由の在処】感想

第7話 自由の在処 

シギショアラでの戦いの続きです。元々ここへ両陣営が来た目的の黒のアサシンは撤退、追ってきていた黒のアーチャーと赤のセイバー、そしてそれぞれのマスター同士の対決に。獅子劫の撃った弾がフィオレに命中し決着がつくかと思ったのですが…。

Fate/Apocrypha、2クール(全25話)予定なんですね!放送前から決定していたようなのですが、最近になって知りました。後半はかなり大きく話が動きましたが、まだまだこれからみたいですね!

ここからネタばれありの感想です。




フィオレはカウレスが助けに来るんだろうなあという予想どおり、助けにきましたね。今度は黒2対赤1になり、一転して獅子劫が不利な状況になりますが、ケイローンの判断でフィオレたちは撤退することに。痛み分けで終わりましたが…。

フィオレが撤退するときにカウレスを抱え、最後は乱暴に放り投げてたのは笑いました。あの機械の脚で丁寧に扱うのは無理なんでしょうけど、それにしてもフィオレ怒っているんだなあ…と思いました。マスターとしての自覚が足りないとカウレスに怒っていましたね。カウレスもカウレスで、アーチャーを失うわけにはいかないし…と言い訳がシドロモドロ。確かにフィオレの言うのが正しいんでしょうけど。カウレスは聖杯への願いが、もしフィオレが死んでいたらフィオレの復活というくらいですから、甘いのかも…ですが。でもちゃんと助けにきてくれたことへの感謝も言ってもらえて、良かったですね、カウレス。

対するモードレッドは怒ってましたねー。あれは怒っても仕方ない。そして怒る姿がとても似合いますね。獅子劫のところへ戻ったときに、車に寄りかかった獅子劫が「よっ」て片手上げてたところはいいなーと思いました。だってそれぞれ激しく戦った後で、モードレッドは怪我もしていたのに、一見、ただの待ち合わせみたいな態度なんですよ。でも車のガラスをガーン!って割っちゃうところを見ると、獅子劫もちょっと怒ってたんでしょうか…?モードレッドが警察に捕まって…っていうツッコミ入れたのはおかしかったです。逮捕されて聖杯戦争終わったら笑うw 神秘の秘匿どころの話じゃないw

そして黒のアサシン、ジャック・ザ・リッパーは、さっさと家に帰ってお母さんにハンバーグ食べさせてもらってました。でも怪我を直さなくてはならないので魔術師の心臓もアーン…です。ええええ…怖い…!この“お母さん”は、魔術を供給できないと言うことなので魔術師ではないみたいですが、こういうことに抵抗が無いのはどういうこと? ジャックみたいな残酷な幼女タイプがもともと苦手なので、この黒のアサシン組はとても気持ち悪くて私は好きじゃないですねー…。黒の陣営として召喚されながらどちらも敵とみなしているようなので、これから物語にどう絡んでくるのか気になりますが。

後半はかなり話が大きく動きましたね。

シロウが巨大な玉座に座って、呼び寄せた赤のサーヴァントたちを見下ろしてたので「この前言ってた用意ってこれか?こんな玉座おけるなんてここどこなの?」と思ってたら、セミラミスの宝具「ハンギング・ガーデンズ・オブ・バビロン」の中でしたw そして空中庭園はガチで飛んでいました…w まあ、宝具って何でもアリdすからね!これぐらいやってくれたら面白くていいですね!赤のライダーがちょっと楽しそうにしていて、これから敵陣に乗り込むっていうのに遠足みたいでした…w

こんな風に乗り込んでこられて、黒の陣営も黙ってはいません。赤のバーサーカーも黒のライダーも解き放ち、総力戦で迎え撃つようです。赤はシロウが王様みたいにしていますが、黒はヴラド王が本当に王様ですね。…というかヴラドとダーニックは、サーヴァントの方がマスターみたい。

ライダーのアストルフォは大鷲かな?鳥に乗ってましたよ…!何に乗るのかと思ってたら…!ほんとに可愛いですね。アストルフォ大好きなので生き残ってほしいです(生き残ってほしいサーヴァントが多すぎて困っています…)。馬に乗って先陣を切るヴラドと一緒になって走っていくフラン、この2人もかっこいいですね。

この激突の展開も気になりますし、悩んでいたジークも何か決心したようだし、ジャンヌが見た啓示のことも気になるし、いろいろ気になる…!次回も楽しみです!

そういえばゴルドさん、どうなったんだろう?




前へ:Fate/Apocrypha【第6話 叛逆の騎士】感想

posted by 白黒ウサギ at 11:02 | Comment(21) | TrackBack(2) | Fate
この記事へのコメント
おはようございます。
今回は決戦前の準備回でしたね。

序盤の、獅子劫さんですが別に怒ってたわけじゃないんです。単に移動手段が欲しかったので、運転席側の窓ガラスを割り、無理にエンジンかけて移動したんです。神秘の秘匿に反する行為ではないので「魔術師」としては何も問題はありません(笑)モーさんが突っ込みは、「人」として逮捕エンドの可能性を考えての軽口でしょう。


ウラド公良かったですね、彼、現在は鯖ですが、「小さき竜公」とたたえられた王様ですし、迎撃、焦土戦はお手の物です。ただ、ジークフリードがいれば…先日、ドイツの物語を借りられた影響なのですが…黒の勝利を確信しましたね。(最も目次を読む限りジークさん、1/3で死んじゃいますが…)

セミ様も女帝でしたね。…よくまあスパルタクスが突っ込みにいかなかったなあ…と考えると、黒に突っ込ませたシェイクスピアも切れ者…な訳ないですね。

アストルフォが載っていたのは、ピポグリフですね。竜と馬のハーフであるUMAです。

ゴルドさんは…あのままか、酔いがさめたらまた飲むのでしょうね。
彼の肝臓と作画班が心配です。

追記、お節介かもしれませんが、zeroの小説が図書館にありました、運が良ければ借りられたり、予約ができると思います。


Posted by ケイローン先生に弟子入りしたい。 at 2017年08月13日 12:02
ちなみにシロウはハンギング・ガーデンズ・オブ・バビロンを完成させるため、コツコツと物資を集めてました
さすがに、あれだけの宝具の発動には、それなりの条件が必要だったみたいです
ダーニックの「キャスターの陣地を作るため」という推測は当たらずといえど遠からずだったわけです

生前は王だったサーヴァントに対し臣下として振る舞う事で機嫌を取るマスターは結構います
ZeroにもFakeにも、その手のマスターがいました
加えて、ヴラドの戦術眼が確かなのは歴史が証明してるので、
ダーニックはヴラドにサーヴァントたちの指揮を取らせてるんですね

確かに黒のアサシン陣営は残酷でエグい…けど、Zeroキャスター陣営に比べればマシだったりします
もっともZeroキャスター陣営はやってる事が酷すぎて完全な映像化ができなかったので、
アニメだけ観たら黒のアサシン陣営の方がエグいですが…
Posted by k at 2017年08月13日 18:49
白黒ウサギさん、こんにちはw

フィオレ助かってよかったです!!カウレスが間に合ってよかった〜w
とはいえ、2対1で不利になった獅子却さんにも負けてほしくないので、
黒側が退いてくれてホッとしました。
撤退を決意したケイローンはそんなに不利じゃないどころか
モードレットを圧倒してたと思ったのだけど、違ったのかしら。


セミラミスの宝具、凄かったですね。
でもあんな大きな空飛ぶ要塞みたいな城を飛ばすなんて、
赤の陣営の魔力供給はどうしているのか不思議です。
黒の陣営と違って大量のホムンクルスから供給してるわけでないし、
かといって獅子却以外の赤のマスターは
シロウが「聖杯大戦は赤が勝った」とだまして令呪回収して解散したのでは?
シロウというマスター一人の魔力供給だけで大丈夫なんだろうか…。


それにしても、獅子却とモードレットは
赤の陣営の宝具での出陣に加わらず完全に蚊帳の外ですね。
赤と黒の決戦が今始まる!!って時に、
獅子却たち、ジャックと「お母さん」、何かを決意したジーク、
と第三勢力っぽいのがいろいろいて先が全然読めないです。

ジークがおじいさんと話す時、年長者相手なのに敬語じゃないのが気になりました。
試験管の中で成長して敬語を知らなかったのかもしれないけれど、
それにしては試験管から出てきてすぐ会話できるくらい言葉を知ってるのも不思議。


>そういえばゴルドさん、どうなったんだろう?

これが一番気になっていたのに、登場ありませんでしたね。
すでにもうゴーレムの炉心にされてしまった…じゃないといいのですが。


もう一つ気になるのが、赤のキャスターのシェークスピアです。
戦闘能力なさそうで、戦力になりそうもないんですが。。。
Posted by 猫のしっぽ at 2017年08月13日 21:13
☆ケイローン先生に弟子入りしたい さん

こんばんは!いつもありがとうございます。
獅子劫さんは怒ってたわけじゃなかったんですね。
ガラスをガン!って割ったときに、モーさんがビックリしてたので
もしかして怒ってるのかな…?って思いました。
怒ってないなら良かったですw

アストルフォの乗り物はピポグリフ!あ、なるほどー!
ただの鳥では無かったんですね。見ただけではわかりませんでした。
教えてくださってありがとうございます!

作画はちょっと今回微妙なものが増えてきましたね…
がんばってほしいです><

そういえば、zeroの小説もあるんですね。
でも私が住んでいるところの図書館には無いみたいです…(蔵書検索で出てこない…)
今度買ってみます!ありがとうございます。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月13日 21:27
☆k さん
こんばんは〜!いつもコメントありがとうございます。
宝具の物資を集めないといけなかったんですね。
大きいですもんね〜 凄いですよね。

サーヴァントも元は英雄だったり、それなりの地位の人なので
合わせてあげる方が関係が上手くいくというですね… なるほど!
ヴラド公は指揮官ですもんね。
…なんか黒の方が強そうな気がしてきました。

>Zeroキャスター陣営に比べればマシ
えっ!そうなんですね…!
いま、ググろうとして「fate zero キャスター」って入れたら、
「グロ」って候補が出てきましたw グロなんですね。
でもちょっと読んでみたいので、こんど頑張ってみます。




Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月13日 21:53
☆猫のしっぽさん

フィオレもカウレスも獅子劫さんも、みんな応援してるので困りますよねw
ケイローンとモーさんは、モーさんの方が怪我が多かったですよね。
でもあのまま続けたらケイローンの方が不利になっちゃったんでしょうね。
なんかざっくりした説明でしたけど。

あの庭園もどうやって維持してるのか謎ですね…
獅子劫&モードレッド組は加わらなくて良かったのかも。
なんとなくそう思います。
シェークスピアも気になりますよね。
戦闘もしないし魔術も使えないって言ってたけど、じゃあなんでいるの…?ってなるし。

ジークさんは教育を受ける機会がなかったから…
敬語とかわからないのかな、と好意的に受け止めてみました。
心細そうな話し方と、使ってる言葉が合ってないから不思議な感じですよね。
ジークさん、まだ性格とかもよくわからないですね。今後に期待…。

ゴルドさん次回出てくるといいですねw
Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月13日 22:34
前回はモードレッドがケイローンは体術も使えるとは知らなかったので派手に投げ飛ばされてましたが、
その事を知られた上で、あの近距離での戦いとなると、やはりセイバーであるモードレッドの方が有利です
ケイローンは頭も良いので、状況判断にも長けています

シロウ側の赤のサーヴァントたちはセミラミス以外、元のマスターに魔力供給されてます
彼らはシロウにまともな思考能力を奪われてるので、聖杯大戦が終わって令呪も手放したのにサーヴァントに魔力供給を続けてるという矛盾に気づかないのです
だからアキレウスたちの方も未だに自分たちのマスターがシロウに洗脳された事実を知りません

セミラミスの空中庭園は前のコメで書いたように自力の魔力だけじゃ顕現できず、
必要な材料をそろえた上で三日以上の長時間の儀式によって完成させた代物です
完成させるのに普通のマスターじゃ絶対に無理なくらい手間がかかる代わりに完成すれば空中庭園自体が一種の魔力炉としてある程度は自らを維持してくれます

ちなみに空中庭園には認識阻害に魔術がかかってるので、一般人には気づかれません

獅子劫さんはもしシロウ側についてたら他の赤のマスター同様に洗脳されて令呪を奪われていた可能性が大きいですね
シロウとセミラミスを信用できないという獅子劫の判断とモードレッドの直観は正しかったと思います

ジークはホムンクルスなので生まれた時点で最低限の知識を与えられてましたが逆に言うと最低限の知識しか持ってないわけで、
多分、年長者には敬語を使うべきという一般常識すら知らなかったんだと思います
魔力供給用ホムンクルスだった事を考えると敬語事態知らなかった可能性もあります
Posted by k at 2017年08月14日 05:54
おはようございます。

zeroは、「マミる」等の言葉を生み出したり、クゥトルフ神話を取り入れたりしている虚淵先生が作者なので、「お察しください」。「クトゥルフ 可愛い」でグーグルで画像検索すれば、「上部は」可愛いぬいぐるみ等が見られます。

…別の検索エンジン使ったら、なぜかウルトラマンのラスボスを務めたクトゥルフの子(部下?)ガタノゾーアのソフビが出ました。

シェイクスピアがキャスターとして召喚された理由は
・キャスターの触媒が見つからなかったので、一か八かで触媒無し、マスターの性格、あり方に似ている者を呼び出す縁召喚したら出てきちゃった。。

・シェイクスピアの作品に出ているキャラを呼ぼうとしたら作者本人が来てしまった。

この2説があるようです、セミ様がキャスターやってるのでバランスはとれているようですが…

ジーク君は、「心は空っぽ」、「思考、演算能力は高い」、「濃密すぎる体験をした」ので、変化に期待が持てますね。今までは、ほとんど、流される、考えるの2個しかやってこなかったのですが、自分の意志で行動し始めたので。



Posted by ケイローン先生に弟子入りしたい。 at 2017年08月14日 08:54
kさん、こんにちはw
疑問に答えて下さってありがとうございますw

ケイローンの体術は確かにすごいけど「初見の場合なら有効」ってことなのですね。
そんな…初見なら…ってstay nightの葛木先生みたいな…。。。
ケイローンはものすごく強いってイメージでしたけど、
セイバークラスってそんなに強いんですね。

ケイローンとフィオナの関係、良き師弟関係って感じで、とても好きですw
ケイローンは、実力は上でもフィオナをちゃんとマスターとして扱ってて、
生前はともかく召喚された立場をきちんとわきまえてて好感持てます。

ヴラドとダーニックの関係は、zeroのギル様と時臣を思い出してしまい、
不幸な結末を予感してしまいます。。。
普段はダーニックが下手に出てるのに、何か突発的な危機状態になった時に
それまでの態度を翻して険悪な関係になったりとか、予想してしまいます。。。

なんと、セラスミス以外のサーヴァントは令呪を手放した後も
未だに元のマスターから魔力供給されてるんですね!!
シロウの洗脳の力すごいですね。

シロウがセラスミスの膝枕で眠ってる時の夢に出て来たのは、
セラスミスの過去ではなくシロウの過去のような感じがしたけれど、
一体どういうことなのか明かされるのが楽しみですw

セミラミスの空中庭園は、完成させるのに大量の材料と長時間の儀式が必要な代わりに
ずいぶんと燃費のよい宝具ということなんですね。

獅子却とモードレットがシロウ側につかなくてよかったと思う反面、
シロウが獅子却達を今後どうするつもりなのかが気になります。

ホムンクルスは、生まれた時点で最低限の知識を与えられるから、
ジークは試験管から逃げ出した後すぐにしゃべれたのですね。
でも一般常識はないと。
ジークが「魔力供給用ホムンクルス」ってことは、
用途ごとにホムンクルスを作ってるのですね。
Posted by 猫のしっぽ at 2017年08月14日 20:24
ケイローン先生に弟子入りしたいさん、こんにちはw

えーと、前半のzeroのことは白黒ウサギさん宛のコメント、
後半が私宛のコメントと判断してお返事いたします。
疑問への回答、ありがとうございます。

シェイクスピアが召喚された理由は2つも説があるんですね。
一見、何の戦力にもならなそうに見えるけど、
「ジョジョの奇妙な冒険4部」の岸部露伴のような
特殊能力があったらいいなと期待してますw

セミラミスは今のところ、
なぜかアサシンっていうよりキャスターみたいな感じですねw

ジークは今までのところ、流されてばかりでどんな人物かいまいち掴めませんので、
これからどう行動するのか楽しみにしていますw

Posted by 猫のしっぽ at 2017年08月14日 20:25
☆コメントくださる皆さん
(ご報告)www
Fate/Zero全話と、Fate/Stay night UBW(途中までと劇場版)借りてきました!
大量に借りて、期限までにこんなに観れるのか…と不安になりますが
しばらく一人でFate祭りです!!

☆kさん
そうか、マスターから魔力の供給がないと、サーヴァントたちもおかしいな?って
気がついちゃいますもんね。ただでさえ何か変かな〜って少し思ってるのに。
シロウはやっていることは怖いけど、見た目は優しそうなのになあ…
もっと話が進んだらいろいろわかるようになるかな。

そうですね、ジークは炉心用でしたよね。
言葉も魔術師のいうことがわかればいいだけで
本来は自分で話す必要もなかったのかもしれないですね…


☆ケイローン先生に弟子入りしたい。 さん
虚淵先生…!わかりますよー まどマギはちょっと苦手なので観てないですが
活撃 刀剣乱舞(ufo&ニトロ)の脚本がこの方ではないかと
ファンの間で一時騒然となった記憶がありますw(実際には違う方の脚本)
なので、ああ、なるほど…という感じで、これからFate/Zero観ます!

シェイクスピアの召喚の理由の解説、ありがとうございます。
なるほどちょっと間違えちゃった感じですねw
Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月14日 20:53
そういえばアストルフォがジークを助ける時に質問してきた警備のホムンクルスたちは敬語を使ってましたね
もっとも、ゴルドに「なぜジークフリードがホムンクルスを助けるために死んだのか」を問い詰められてた見張りのホムンクルスは敬語じゃありませんでしたけどw
制作者のゴルドの入力と教育が偏ってるのかも…

>Fate/Zero全話と、Fate/Stay night UBW(途中までと劇場版)借りてきました!

UBWは制作されたのがZeroより後だった都合上、Zeroとの繋がりを意識した演出や描写が結構あるので先にZeroを視聴した方がいいと思います
劇場版UBWはダイジェスト版みたいな内容なので先にテレビ版のUBWをある程度観ておかないとネタバレになってしまうので注意を

猫のしっぽさんへ
>ケイローンはものすごく強いってイメージでしたけど、
セイバークラスってそんなに強いんですね。

何だかんだでセイバーは最優のクラスと言われてますしね
あとモードレッドは前回の回想でアルトリアにあっさり倒されたみたいに描写されてるけど、
実は最後の力でアルトリアに致命傷を負わせてます
そもそもアルトリアのクローンみたいな存在なのでアルトリアと互角に近い(総合的にはアルトリアの方が上ですが)強さです
ケイローンの狙撃もアルトリアと同じ「直観」のスキルで全て急所を外してます
加えてケイローンはモードレッドを投げ飛ばすのと引き換えに肩に傷も負ってますしね

>ジークが「魔力供給用ホムンクルス」ってことは、
用途ごとにホムンクルスを作ってるのですね。

警備や兵隊として投入されてる戦闘用のホムンクルスも大勢いましたね
獅子却さんに倒されてしまったのもいるし、この決戦に雑兵として投入されてるのもいます(指揮はケイローンが任されてましたね)
Posted by k at 2017年08月15日 02:27
☆k さん
こんにちは!
アドバイスいただいたとおり、Fate/Zeroから見ることにしました。
イリヤのママが活躍していてビックリしたり
凛と桜が姉妹だったのか…と思ったり
(Staynightでそれっぽいこと言ってたけど意味がわかんなかった)
イスカンダル王のかっこよさに惚れたりしていますw

劇場版借りてきたのは失敗だったかな〜

Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月15日 12:54
kさん、こんにちはw
説明ありがとうございます。

モードレットはセイバークラスということだけでなく、
アルトリアのクローンってことはかなり強いんですね。
総合的にはアルトリアの方が上ってのは経験値が高いとかいうことなのでしょうね。
「直観」ってスキルがあるのですね。
stay nightでセイバーがランサーの攻撃をよく躱すなぁと思った記憶がありますが、
そのスキルなんですね。

お屋敷でメイドみたいなことをしてるホムンクルス達に戦闘に参加させて大丈夫?って思ってましたが、
一応、戦闘用に作られたホムンクルス達を兵として参加させてたのですね。
そういえばリズとセラもそれぞれ用途が違う感じでしたね。


白黒ウサギさん、こんにちはw

イスカンダル王いいですよね〜!!
私はzeroはfate作品の中では一番初めに視聴し、
ウェイバー君目線で見てたので、
ウェイバー君&イスカンダル王のペア最高!!って思ってましたw
zeroは他のペアが上手くいってないのばかりだったし。

「凛と桜が姉妹」は先にzeroで知ってしまったので、
UBW見ても桜の存在感の薄さに逆にビックリでした。
絶対マスターでしょ!!って思ってたんですけどね〜w
Posted by 猫のしっぽ at 2017年08月16日 20:24
☆猫のしっぽさん 

こんばんは!
ウェイバー君とイスカンダル王がFate/Zeroの良心だと思って観てますw
今16話まで終わって、ランサーが。゚(゚´Д`゚)゚。
がんばって続きみますー
Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月16日 22:16
>劇場版借りてきたのは失敗だったかな〜

アーチャーの正体に察しがついたなら観ても問題ないと思いますよ
UBW最大の秘密はアーチャーの正体ですから

劇場版単体は本来2クールでやるべき話を1時間40分で納めてるため描写ミスなどの粗もあって原作ファンの中には酷評する人もいるんですが、
その一方で音楽や戦闘の演出の一部はテレビ版よりも作品に合ってて
個人的には一度は観る価値があると思ってます

Zeroはイスカンダル陣営がいなかったら完全に真っ暗な話になってましたね
ウェイバーの方がある意味で切嗣よりも主人公してます

ランサー陣営の悲劇は、初戦の相手がセイバーだったのとコミュニケーション不足でソラウとの三角関係が泥沼化したのが原因です

ランサーとしても主のためなら汚れ仕事をする覚悟はあったんですが、セイバーがあまりにも高潔な騎士だったせいで、つい主の命令に逆らってまで彼女との尋常な勝負を望んでしまいました
しかも切嗣というケイネスにとってもランサーにとっても最悪に相性が悪いのと関わってしまうハメに…

ちなみにケイネスは魔術師の中でもかなり上位の強さです
才能だけなら凛の方が上ですが、知識、経験、技術を含めた総合力ではStaynight開始の時点の凛では遠く及びません(ケイネスが100とするなら凛は30くらい)
それに相手が「真っ当な魔術師」なら傷を負わされても熱くならず相手の手腕を称賛しながら冷静に対処できたそうです

猫のしっぽさんへ
お察しの通り、アルトリアがランサーのゲイ・ボルグから致命傷を回避できたのも「直観」のスキルのおかげです(それでもギリギリ心臓への直撃を回避するのが精一杯でしたが)
未来予知に近いほどの精度で、アルトリアが小次郎の燕返しを破れたのも小次郎の刀がアルトリアとの打ち合いで曲がってたのと「直観」のおかげです
Zeroでランサーの策にはまった際に治療できない傷を負ってますが、「直観」で致命傷を避け片手を負傷するにとどめてます
Zeroキャスターが厄介な相手なのも「直観」で感じ取ってました
油断すると精度が落ちるのか葛城先生の強さは見抜けませんでしたが、葛城先生の攻撃から致命傷を回避できたのも「直観」のおかげです 
葛城先生も「目がいいのではなくカンがいいのか」と気づいてました

セラはイリヤの身の回りの世話と魔術教育が役目なので体は弱いが頭は良く魔力が高いです
リズは聖杯の器の失敗作として廃棄されかけてたのをイリヤが拾って護衛にしたんです
イリヤの護衛とHFに登場する「あるアイテム」をイリヤに着せるのが役割です
サーヴァントに匹敵する腕力とバゼットさんの打撃に耐えられる耐久性の持ち主で、
ギルガメッシュ以外のサーヴァントが相手なら、そこそこ善戦する程度はできた強さです

桜がUBWで影が薄かった理由は劇場版HFにてわかると思います
今月の末から公開の劇場版プリズマ☆イリヤでも桜が活躍します
Posted by k at 2017年08月17日 02:53
kさん、こんにちはw
説明ありがとうございます。

ランサーのゲイ・ボルグだけでなく、小次郎や葛木先生の時も
「直観」のスキルでギリギリ躱したのですね!!
アルトリアは涼しげな顔してたので、そんなにギリギリと思ってませんでした!!

zeroでゲイ・ボウで受けた負傷が片手だけだったのは、
「直観」でそれだけにとどめたのですね。
1回目にzero見た時はそんなの全然わからないから、
セイバーそんなに強くないなんて勘違いしてたこともありましたw

リズとセラはUBWで出て来た時はそんなに出番なかったし、
頭を布で覆っていて、いまいち見分けが付かなかったですが、
プリズマイリヤを見た後だと、
たどたどしい口調の方がリズ、小言っぽい口調なのがセラだったんだなと
分かりました。あと、胸の大きさが違ったような気がしますw
HFが楽しみですw

それにしても、UBWの0話で
桜がギル様らしき金髪の男といるところを凜が目撃したシーン、
一体何だったんだろう???
その後、桜はマスターじゃなかったので、
あのシーンは単に道を聞かれてただけと思うことにしましたが
なんか腑に落ちません。
Posted by 猫のしっぽ at 2017年08月17日 22:23
余談ですが、ZeroのEDラストのアルトリアの作画はモードレッドと刺し違えた時のものです
アルトリアの槍の形状がずいぶん変わってますが、当時はApocryphaもFGOもなかったので…w
Posted by k at 2017年08月17日 22:32
ネット配信されてる第8話の次回予告を見つけたので書いておきます
http://demonition.com/blog-entry-18838.html

猫のしっぽさんへ
>アルトリアは涼しげな顔してたので、そんなにギリギリと思ってませんでした!!

アルトリアって戦闘中はポーカーフェイスですからね
それにサーヴァントなので心臓への直撃さえ外せば、割と動けるんですよ
それでも、あのままクー・フーリンが戦闘続行してたら結構ヤバかったです
アルトリアの治癒能力をもってしても完治するのに二日はかかった傷でした
ゲイ・ボルグに貫いた相手の傷を治りにくくする呪いがかかってたせいもありますが

>それにしても、UBWの0話で
桜がギル様らしき金髪の男といるところを凜が目撃したシーン、
一体何だったんだろう???

あれはHFへの伏線です
UBWの第9話にてギルが桜の様子をうかがっていたのも同じです
あれは別に仮マスターの慎二の家だから来たわけじゃないです

一つだけ明かすと、UBW第0話での桜との接触はギルにしては珍しく100%善意です
Posted by k at 2017年08月18日 01:05
kさん、こんにちはw
説明ありがとうございます。

ZeroのEDは各サーヴァントの生前の一コマって感じでしたから、
アルトリアはモードレット絡みだとは思ってましたが、
武器の形状までは覚えてませんでした。

>ネット配信されてる第8話の次回予告
「ランサーとランサーが殴り合う」?
→ヴラドとカルナのそんな戦いは予想が付かないなぁ!
「アーチャーとライダーが殴り合う」?
→ケイローンとアキレウスが?
それとも、アトランテとアストルフォが?
テレビでは次回予告ないけど、ネット配信されてたのですね。

ゲイ・ボルグには呪いもかかってたのですね。
あの時、士郎が治癒魔術できないって分かったら
そのまま次の敵目指して飛び出していったので、
全然、たいした傷とは思ってませんでしたよ。。。

UBWの第9話、今確認しました。
すっかり忘れてましたが、ここでもギル様が桜の家の前に来てたんですね。
たぶんUBW放送時は、慎二が綺礼に余ってるサーヴァントがいると言われた直後だったので、
ギル様は慎二に用事があったんだと思い、0話ほどの印象に残ってなかったみたいです。

>UBW第0話での桜との接触はギルにしては珍しく100%善意です.
うーん、意味がよく分からないので、HFを楽しみに待ちますw
なんとなく、セイバールートのギル様は常に「俺様全開!」って感じがしたけど、
凜ルートのギル様は戦闘時以外はいたって控えめな印象を持ってます。
Posted by 猫のしっぽ at 2017年08月18日 21:16
☆kさん 
こんばんは!お返事遅くなってすみません。
ZeroとUBW観るのに忙しくしてましたw でもまだ半分しかみれてません。
劇場版は借りて来ましたが、全部見終わってから視聴するか決めますね。
とりあえず先に観るのはやめておきます。ありがとうございます。

Staynight、Zero、UBW、それぞれ、まとめて感想を別に書こうと思いますー。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年08月20日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180632460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Fate/Apocrypha BS11(8/12)#07 [ぬる〜くまったりと]
第7話 自由の在所 獅子劫界離の攻撃を直前で防ぐ弟カウレス。フィオレの反撃に奥の手を出すしか無い獅子劫界離。モードレッドに懐に飛び込まれたケイローン、この状況では お互いに消耗することは必死でフィオレ..…
(2017-08-13 15:36)

FateApocrypha第7話「自由の在処」あらすじと感想 [アニメとマンガの感想と考察]
FateApocrypha第7話「自由の在処」は、 赤陣営が何と一気に総攻撃をしかける計画を開始するエピソードだった。 第6話の引きとなったフィオレに迫る弾丸は、 単にあっさりと弟カウレスが迎撃してた..…
(2017-08-15 22:51)