TOP バチカン奇跡調査官 バチカン奇跡調査官【第2話 存在のかぎりなき不安】感想
2017年07月22日

バチカン奇跡調査官【第2話 存在のかぎりなき不安】感想

第2話 存在のかぎりなき不安 

セント・ロザリオ教会にシスター・ドロレスの処女懐胎の奇跡を調査に来ていた平賀とロベルト。その調査と同時に秘密裏にセント・ロザリオ教会の悪魔崇拝の噂についても調べなくてはなりません。そんな中、神父の一人が殺されるというショッキングな事件が起こります。神父の死を知らせる集会中にマリア像が涙を流す奇跡が起きて…。

駆け足で次から次へと事件が起きて、謎だらけの第2話です。

ここからネタバレありの感想です。






まだ第2話なのにビックリするほどたくさん事件が起きましたね…!
整理する間もなく次から次へと、関係ないようなことばかり起きているけれど、どれがどこでどう繋がるか…。さっぱりわかりませんね…。

第2話ざっとこんな感じでした。色々ありすぎる…。
  • クラウス神父の殺害
  • 涙を流すマリア像
  • ミハイル・ブラウン司祭の部屋←古書があるが普段は入れない
  • 生徒:クラウス神父の死後、何かに怯えているカルロス
  • 生徒:次のウィザードマスターはセバスチャン
  • フランチェスコ神父殺害(絞殺後、歯を全部抜かれている)
  • シスター・ドロテア殺害(絞殺後、目玉をくり抜かれて)←ドロレスじゃないよ
  • 生徒:マリオのコール(奇跡)は三ヶ月前から
  • 警備員:生徒たちは降霊会をやってる
  • 警備員:マリオの奇跡が最初に起きたときは、宙に浮いてた
  • 礼拝堂のルミノール反応
  • 三ヶ月前のメッセージ、ルーン文字だが暗号らしい←ロベルト出番です
  • マリア像からのルミノール反応、涙の謎が解ける
  • ローレンに警備員チェスターの調査を依頼
  • ジョゼリ神父が逆さ吊りで串刺しにされる(生きてた)
  • シスター・ドロレスのところに神父が迎えがくる

マリア像の涙の成分分析、サーモグラフィーで温度を調べたり、礼拝堂のルミノール反応など、奇跡調査官の仕事は意外と科学的ですね。確かにこうやって科学の面から証明していかないと本当に奇跡かどうかわからないわけですが…。何でも調べられる平賀は優秀です。

結果、涙には塩分はなくただの水だということ、マリア像が極端に冷えていたため、祭壇の灯りで表面が急に暖められたことで結露が起きたのだと推測されます。ただ、急にマリア像だけ冷えるなんてことは普通はないわけで、ただの結露ならこれまでも起きているはず。でも神父や生徒たちの反応から、これが初めて起きたことだとわかります。一体どうして?

クラウス神父のこととマリア像の奇跡を調べているうちに、今度はフランチェスコ神父とシスター・ドロレスが殺されるという事件。どちらもステンドグラスの殉教者の絵に擬えています。その謎を解いているうちに、マリオのコールの話、三ヶ月前から起きている奇跡の話などいろいろネタが出てきます。礼拝堂から見つかった謎のメッセージ(暗号)も一体何が書いてあるのか。マリア像は凶器に使われて血がつき、噴水で洗われたために冷えてしまい、結露が起きたことがわかります。奇跡の謎は解けたけれど、犯人はわかりません…。

そして今度は、ジョゼリ神父が逆さ吊りで見つかります。生きているなら犯人がわかる?と思いますが、取り乱している様子で、どうかわかりません。

ローレンに警備員のことを調べてもらう。これね…。
あと、マリオがコールの間つぶやいていた内容も謎なのですが、生徒たちの会話も謎なんですよね。セバスチャンが授業の内容が変わってるとか、ルーン文字が読めないから降霊会のマスターは無理だと言ってたこと。重要ですよー…。

原作だと、平賀たちのストーリー、警備員視点でのストーリー、セバスチャンの視点から…という構成になってるんですよね。セバスチャンは転入生なので知らないことが多く、セバスチャンの目をとおして読者がセント・ロザリオのことがわかる流れになってました。アニメの方が描かれないことが多くて謎が深いかもしれませんね。ちなみにカルロスとセバスチャンは遠い親戚…。

予告で平賀とロベルトがミハイル・ブラウン司祭の部屋のことを言ってましたね。入っちゃだめって言われたら、あからさまに怪しいですよね。駆け足なので次回で決着ついたらどうしよう。メインビジュアルみる限りは、原作3巻まではやりそうですもんね。





次へ:バチカン奇跡調査官【第3話 神々の秘密と666の獣】感想
前へ:バチカン奇跡調査官【第1話 主の支えによりて我は目覚める】感想

posted by 白黒ウサギ at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(1) | バチカン奇跡調査官
この記事へのコメント
白黒ウサギさん、こんにちはw

平賀が科学的に証明していくのが面白いです。優秀ですね。
ルミノール反応って3か月前でも大丈夫だ
なんて初めて知りました。

マリア像の涙が結露と分かったけれど、
実際の結露は全体的に染み出てくるもの(私の部屋がそう)だと思うのだけど、
目だけ結露させるのって可能なの?ってのはツッコミしちゃいけないトコ?!

警察が来れない状況なので平賀たちが調査してますが、
この作品の中での奇跡調査官って世間的にはどういう立場なのでしょうか。
もし警察が来れる状況だったら、
「奇跡調査官殿、一緒に捜査して下さい」と頼られるのか?
「奇跡調査官?そんなうさんくさい奴らは捜査に関わるな」と追い出されるのか?

マリオとセバスチャンが次のウィザードマスター云々の話をしてる時に
物陰に隠れていた人物が誰なのか気になります。

病院のシスター・ドロレスの元に現れた神父が誰なのかよく分かりませんでした。
人物の顔をよく覚えてないので。。。
今までに出て来た人物でしょうか?
Posted by 猫のしっぽ at 2017年07月23日 12:00
☆猫のしっぽさん

こんにちはー
マリア像の涙は、ツッコミ入れちゃいけないところだと思いますw
結露でキラキラ…どころか、滝のように流れてましたよねw
「なるほど結露かー」で流してあげてくださいw

奇跡調査官は世間的に見ればただの神父だと思います。
今回の調査もあくまでも奇跡について調べているだけで
殺人事件について調べているわけではないですよね。
(実際は関連があるので一緒に考えているわけですが)

シスター・ドロレスのもとに現れた人は…誰ですかね?
今まで出てきてなかったと私も思うんですけど…。



Posted by 白黒ウサギ at 2017年07月23日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180411545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バチカン奇跡調査官 TokyoMX(7/21)#02 [ぬる〜くまったりと]
II.存在の限りなき不安 セント・ロザリオ教会で処女懐胎と悪魔崇拝の割符を 見つけるために訪れた平賀とロベルト。しかしクラウス神父が殺害され、マリア像が涙を流した。分析の結果、涙は水、マリア像は内部が..…
(2017-07-23 00:58)