TOP 王室教師ハイネ 王室教師ハイネ【第8話 臆病な心】感想
2017年05月24日

王室教師ハイネ【第8話 臆病な心】感想

第8話 臆病な心 

国王ヴィクトールに「コミュニケーション能力が足りない」と指摘され、どうすればいいのかカイが悩みます。

見た目に反して実は癒やし担当のカイ王子です。モフモフ大好きで癒やすのも癒やされるのも大好き。でも無口で体格がよくて目つきが悪かったら、まあ怖がられますよね…。兄弟たちとは仲良くできていますが、それ以外の人とはまるでダメ。

解決するにはどうすればいいのか…。ハイネの指導と弟たちの応援でカイも努力してはみたものの…。

ここからネタバレありの感想です。




相変わらず平和な国です。みんな可愛くていいです。

ハイネの指摘どおり家族とは何も問題ないんですよね。みんなカイが優しいことを知っていて怖がらないからというのが大きいんでしょうけど…。カイの場合はまず第一印象で怖がられてしまって、そのうえ口下手なので余計に怖がられてしまい、なんかもういいや…ってなってしまって今に至るという。でも特に苦労はしてないようにも思うんですが、たぶん「誤解されたままだけどいいや」って諦めて放置しているのがカイ自身のためにならない…というヴィクトールの親心なのかなー。国王になるには云々っていうよりも。優しいお父さんだ…。

カイの悩みをどうにかしよう!っていう話がメインでしたが、妹のアデル姫も良かったですよね。可愛い。シャドウはカイの犬だと思ってたけど、姫の犬なのかな?カイがしっかりしつけて優しく育てた感じなんですけど。カイ+アデル姫+シャドウ(大型モフモフ)の組み合わせが可愛いです。

動物園もリヒトがダチョウ(オス)にディスプレイされたり、カイが羊に埋もれてモフモフで幸せになってたりして面白かったんですけど、王宮でカイがみんなのお手伝いしてたのが面白かったなー。怪力すぎてw マクシミリアンとルードヴィッヒが久々に出てきたのも嬉しいですー。主に謝る役でしたけどw

お城で働いている人たちも何気にみんな可愛かったり、美形だったりするので気になる人がたくさんいます。あのハイネ画伯wの絵を持ってきた人は誰なのかなー。執事さん?いつも気になってます…。

結局、カイの悩みは「基本的な挨拶とお礼は最低限言おう」ということで解決したみたいです。挨拶もしてなかったのかー。それじゃダメだよね。でも勇気を出してお礼を言ってみたら、思いがけず逆に喜ばれて、ほんとに嬉しそうでしたね。良かったかな。

次回は……「過去の代償」って思わせぶりなサブタイトルですね。ハイネの過去のことなのかなー。そう思わせておいて全然違う話かもしれないけど。



次へ:王室教師ハイネ【第9話 過去の代償】感想
前へ:王室教師ハイネ【第7話 夢の在処】感想

posted by 白黒ウサギ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 王室教師ハイネ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179848136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック