TOP 血界戦線 血界戦線・1期【全12話】感想
2017年09月26日

血界戦線・1期【全12話】感想

☆血界戦線 1期 2015年4月〜6月/10月【全12話】 

待望の血界戦線 2期「血界戦線 & beyond」が始まります。2017年10月から放送開始です。楽しみですねー。準備はいいですか?そんなわけで、今のうちに1期のおさらいをしておきましょう。

ニューヨークが異界と交差してできた「ヘルサレムズ・ロット」と呼ばれる街を舞台にした、異界と人間の緊張感あふれる超常的な日常を描いています。異界と人間界の境界線、その最前線を守る秘密結社「ライブラ」不思議な力を持つ強者たちを中心とした物語です。

最終回の分量が想定よりも多くなってしまったため、30分の放送枠に収まらなかったため放送延期したという逸話のある作品なのですが(最終回の放送は予定の3ヶ月後)…。無理に削って30分に収めず、やりたかった内容でやりきったのは良かったのでは…と思います。もちろん作品内容の良し悪しとは別に、こういった顛末には賛否あるとは思います。ただ、作品そのものは、映像もシナリオもクオリティが高く、音楽も何もかも素晴らしく、一度見たら忘れられなくなる名作です。

まだ見てない!という方はぜひ見てほしいなと思います。

ここからネタバレありの感想です。





主人公のレオ(レオナルド・ウォッチ)は、妹を救うためにヘルサレムズ・ロットを訪れます。彼の特徴は「神々の義眼」という不思議な力で、簡単に言うと何でも見えてしまうわけです。そのレオが「ライブラ」の新人と間違われて連れてこられ、本人もこれ幸いと黙っていたために騒動に巻き込まれてしまうのですが…。

なんといってもこのレオをはじめとして、登場キャラクターがみんなとても魅力的です。原作よりもアニメ版のレオは少し若くて可愛い感じにデザインされています。このちょっと少年っぽさが、作品全体の雰囲気にも、全編に織り込まれたアニメオリジナルのストーリーにも、よく合っていて、大成功だったなと思います。

レオの「神々の義眼」だけではなく、他のライブラのメンバーの特殊能力もかっこいいんですよね。レオもザップもクラウスも、みんなかっこ良くて素敵です。異界と混ざってしまった街は不思議なことがたくさんあって、不思議な人もたくさんいるんですが、それらに対して丁寧な説明がないところも気に入っています。ざっくりと「この街はこうなんだよ!細かいことはいいんだよ!」ってただ見せてくれるのもいいなと思います。それだけこの世界が面白く魅力的だから受け入れられるんだと思いますが…。

原作は一話完結のある種の日常物なのですが、アニメではオリジナルキャラのブラックとホワイトという兄妹を登場させ、2人の絡むエピソードを縦軸にして連続したひとつのストーリーに構成しています。この2人の存在も違和感なく作品に溶け込んでいて、ほんとに上手く改変したなと思います。レオとホワイトが病院で知り合い、日常ストーリーの合間にレオがホワイトに会いに行く話がちょっとずつ挟み込まれて、だんだん謎がとけて…という展開でした。謎の多いホワイトたちの話もとても面白かったです。ホワイトがとても可愛くて、レオの少年っぽい感じがこの子たちに合っていて良かったなと思います。

で、やっぱり、「血界戦線」と言えば、映像美と音楽ですね。ボンズの制作なので、作画がとても丁寧でよく動きます。戦闘シーンはたくさんあった印象ですが、思い返してみるとそれほど多くは無かったですね。いちいち技名が出るのも好きでした。だって技名って出すものでしょ。っていう“らしさ”がいいと思います。そう、ライブラのメンバーの話ではバトルがよく動いていて良かったです。ホワイトのパートでは、いつもアングルが凝っているのが良かったです。ちょっとした会話のシーンでもいろんな方向から見せてくれて、オシャレだな…と思いました。最終回の街の崩壊の様子も光っていてとてもきれいでした。

バトルアクションがあって、コメディがあって、シリアスな要素もあって、見たいものが全部詰まったような作品。そして、音楽ですね。BUMP OF CHICKENの「Hello, World」も、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」どちらも名曲ですよね。どちらも大好きで今もよく聴いています。毎回、Bパートの最後にEDのイントロが流れてからEDに入っていくのがとてもおしゃれで良かったです。みんなで踊るEDの絵も好きでした。

2期とてもとても楽しみです。

放送期間:2015年4月〜6月(第1話〜11話)/2015年10月(第12話)
原作:内藤泰弘
監督:松本理恵/脚本:古家和尚
キャラクターデザイン:川元利浩
音楽:岩崎太整
アニメーション制作:ボンズ
CV:阪口大助、小山力也、中井和哉、小林ゆう、宮野真守、藤原啓治、緑川光、釘宮理恵、他




posted by 白黒ウサギ at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血界戦線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179811366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック