TOP 双星の陰陽師 双星の陰陽師【第50話 双星】最終回 感想
2017年03月29日

双星の陰陽師【第50話 双星】最終回 感想

第50話 双星 TWINS 最終回 

とうとう最終回です。
闇無との直接対決から始まり、悠斗、晴明と続いた長い闘いがやっと終わります。懸命に抗い続けたろくろと紅緒ですが、何をやっても晴明には敵いません。もうできることなどないとろくろと紅緒も力尽きて倒れてしまうのですが…。2人は世界を救うことができるのか?

終わってみれば思ったよりもいい最終回でした。相変わらずところどころアレッと思うところもありましたが、拾うところはちゃんと拾ってくれたなぁと思いました。アニメ版の双星らしく、ほどよく熱くきれいに終わって良かったです。

ここからネタバレありの感想です。



割と始まってすぐに2人とも目から生気がなくなって倒れたのでちょっとビックリしました。確かにずっと同じことの繰り返しで、勝てる感じがなかったのですが…。

絶望する2人の前に現れたのは、小枝!
「パパとママはこんなところであきらめる人じゃないでしょ」ってニッコリ笑いながら。出て来るの遅いですよ…。終盤は天御柱がかなり重要アイテムになっていたから、出て来ると期待はしていたんですけど…。子どもらしく励ましてくれましたねw

小枝の励ましも最初はろくろたちの心に響かなくて「もうできることなんか…」とさらに絶望してしまいます。そこへ更に士門が登場…!声が聞こえてきたときは、思わずきゃぁっとなりました。(なんだかんだ言ってとても楽しんで見てるw)士門だけじゃなくて、すばるも、他の十二天将たちも、鳴神町の人々、「列島覇乱篇」で出てきた他の陰陽寮の陰陽師たち、街の人々(野球の人もいた)、たくさんの人が出てきてみんなでろくろたちを応援します。

たくさんの人の思いが光になってろくろたちを包んで、それを小枝が「これがパパたちの歩いてきた道だよ」と。これはなるほどな…と思いました。龍黒点を塞ぐためにあちこちへ駆け回っていたろくろたちの努力が、こんな風に実を結ぶわけですね。「列島覇乱篇」の意味もわからなくはないです。

奮起した双星がフルパワーで攻撃し、吸い取られていた呪力が一気に解放されて石化していた人々が元に戻ります。

これでどう見ても勝負ありなのですが…
どうしてここまで2人ができたのかと言うと
ろくろ「ずっと紅緒と一緒にいたいと思ったから」
紅緒「私だってずっと」

みんなの思いがあるから!じゃなくて2人のことなのね…w

罪もケガレも受け入れて、その上で陰が増えすぎたこの現に陽の気を増やしていくように努力する、とこれからの決意を語る双星。陰と陽の調和がとれた世界がほんとうは理想だったけれど、晴明は諦めたわけですね(そんなこと今まで言ってなかった気がしますが)。そしてそれを今度はろくろたちが実現したいという。結局、晴明は「あと1000年待ってみる」「また千年後に」と言って去っていきました。

これで世界は救われて、ハッピーエンドです。

この後の、後日談がとても良かったなと思いました。
結婚式は、予想通り亮悟と遥さんでした。いろいろ事件が起こる前はプロポーズしてたもんね。良かったですね。ろくろと紅緒が熱い熱いスピーチをして、ブーケは絹さんが受け取りましたw どうするw

式が始まる前、清弦さんが繭良に「ちょっといいな〜って思う奴もいないのか」って言ってたのは笑いました。かわいい父娘です…w 「いいな〜」って言い方が、また、何ていうかw そしてクシャミしてる士門はなぜ全裸なのかというw

清弦さんの拍手はちょっとじわっときました。

そう、士門と言えば、ちぃ子が出てきたのはすごく嬉しかったです!「ただいま」ってちぃ子の寝顔に優しい笑顔で声かけてた、士門いいお兄さんだ〜。

すばるさんとお茶を飲んでいたチビたたら(成長しなおしなんですね)も可愛かったし、ボンボンビーナの人も可愛かったし、憲剛と勘久郎は何やってんだ?って感じだし、美玖さんとお墓参りで声がでかい桜もとてもかわいい。五百蔵さん家も良かった。普段は農業やってるんでしたね。

有馬と天馬の組み合わせは珍しいものを見れた…という感じですか。この2人あまり交流なさそうで。有馬様、最後痛々しく登場してて喋らないまま終わるのかと思ったので出てきてくれて良かったですw
神威もちょっと出てきてうれしかった。珠洲は禍野のアイドルになってて笑いました。かなり人気あるw

ろくろと紅緒も、末永くお幸せにねー。

アニメから観始めて最初とても面白くてそれから原作を買って読んだので、私はもともと原作ファンだったというわけでは無いんです。でも読んでみたら原作がとても面白かった。今は原作大好きで、ちょっと内容がかけ離れたところからアニメに不満も増えて文句も多かったかなと思います。でもアニメがなかったら原作も読んでいなかったわけで、だからやっぱりアニメ版双星にも感謝ですね。

OP曲はどれもいい曲だったし、キャラデザも可愛くて好き。キャストも最高でしたw

みなさん一年間お疲れさまでしたー!

最後にアニメジャパンの京まふブースで「京之黒飴」買ったので写真置いておきます。
普通の黒飴だよ。パッケージこれとても素敵。






前へ:双星の陰陽師【第49話 復活】感想

posted by 白黒ウサギ at 22:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 双星の陰陽師
この記事へのコメント
ひねくれた視聴者としては色々言いたいこともあるんですが、とりあえずは大団円!

陰陽のバランスが取れてるのが理想なのはそうですが、「陰は絶対殺すマン」と化した晴明さんが突然宗旨換えしてビックリ

あれは人生に疲れた老人が若い二人を見て回春したとかそういう解釈で良いんでしょうか…

元気玉展開はありがちですが、熱いですね。
覇乱編でもう少し現地の人とふれあいがあれば良かったんですが。(長野以外では現地の人との交流はあまり無かったし…)

後半の笑い処は全裸士門ですね
繭良との出会いは裸でしたがここでまた出すとは(笑)

ブーケを受け取ったのは絹さん
善吉じいさんとのロマンスとかあるんでしょうか…

珠洲さんは地下アイドルならぬ禍野アイドル
蛇以下のケガレは知性とか無さそうですが、周りのファンはああ見えて真蛇?
真蛇だけに珠洲信者?(はい、このシャレが言いたかっただけです)

チビ鈩は可愛かった
ていうかスバルさんといつも一緒にですね
ラブなの?

「パパは本当のパパ」は何だったの?
「悠斗の眼帯とか眼の色の変化とか意味ありげだったけどスルー?」
「ていうか闇に落ちた兄が死んだのに紅緒様スルー?!」
「御影と有馬で双星の説明が全然違うのは何だったん?」

などなど気になる所も多々あったわけですが、何のかんのと一年楽しませていただきました
Posted by もにゃら at 2017年03月30日 01:03
☆もにゃらさん

こんばんは〜 1年長かったですね!終わりましたね〜。
晴明は毎週言うことがコロコロ変わってたなという印象です。
御影と有馬が話してた内容と、悠斗が言ってたことも違ってたような?
さらに晴明自身の言うこともちょっと違う…?

陰陽師が魔法使いみたいに描かれてたのが違和感なのかなー…
一番気にかかるところをうやむやにされたような。

全裸士門はかわいそうですねw(イケメンポジションなのに)
作品中で一番脱いでる人ですよねw

さいごおはぎマンも出てきたら完璧でしたね。◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

終わってしまえば色々楽しかったです。

いつもコメントありがとうございました!
Posted by 白黒ウサギ at 2017年03月30日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179246949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック