TOP CHAOS;CHILD(カオスチャイルド) CHAOS;CHILD【第11話 彼の戦い】感想
2017年03月24日

CHAOS;CHILD【第11話 彼の戦い】感想

第11話 彼の戦い 

ただの高校の新聞部として事件を追っていた筈なのに、いつの間にか事件の中心人物になってしまった拓留。世梨架は拓留を生かし続けるためなら何でもすると言って一人で佐久間の元へ向かいます。拓留は世梨架の言動が何かおかしいと気がつき、ある決心をするのですが…。

ここからネタバレありの感想です。



素の世梨架が拓留を「お前」って上から目線で呼んでいたり、キャラが久野里に近い感じで今までとは別人になってしまって違和感…。拓留の妄想というか願望から生まれたのならもうちょっと可愛くてもいいんじゃないのかな。と思ったんだけど、実はああいう感じが好きなのかも?(どうでもいいw)

久野里たちが迎えにきて結人と一緒に引っ越す筈だった拓留ですが、世梨架からの電話で気が変わります。世梨架は「拓留を生き続けさせる」と言って一人で出ていったのに、いきなり電話をかけてきて「地震の後に拓留の両親を殺したのは自分」とだけ一方的に話します。ここで世梨架の言動がおかしい…と考えます。拓留は両親のことが好きではなかったと思いますが、拓留の生存が最優先事項なら両親はいた方がいい筈です。それでも殺してしまった。そしてなぜこんなタイミングで電話をしてきて告白するのか?本当は拓留は何を望んで世梨架を生み出したのか?世梨架は何をしようとしてる…?悩んだ末に、拓留は自分も渋谷へと向かいます。

拓留のことを心配してる有村さん可愛いですよね。支度も手伝ってくれて優しいんだよね。最後にメガネの子がチュッパチャップスくれたのも可愛い。この子あんまり存在感なかったけど、こうやって困ったときには来てくれてて優しかったよね。お別れだなぁ…って感じのシーンだったので、この先あんまりいい予感してない…。

“委員会”が研究に使っていたプラネタリウムが壊れてしまい、今はそれと同じ役割を持つのがヒカリオのシアターキューブ。待ち合わせに指定された場所に拓留は一人向かうのですが…。

ここでいきなりわけのわからないことを言いながら世梨架が襲ってきます。かなり深く斬っててちょっと怖かった…。佐久間は殺したけれど他の委員会の人間が接触してきて、もう逃げられないから殺す、って世梨架の話がとてもおかしい。逃げながら急に拓留も様子がおかしくなって反撃、世梨架を絞め殺してしまいます。

これほんとに怖い…。拓留の傷口の描き方っていうか服の破れてるのがとても怖くて、死にそうな世梨架の表情も気持ち悪くて、まともに見れなかったです。でも…これ一体どうなってるのか…。拓留は正気に戻ると目から血を流していて…、思考誘導されたのだとわかるのですが…。

待っていたのは佐久間。背中に機械を背負っていて、これはカオスヘッドにも出てきたやつですね。人工のギガロマニアックスになる機械…!なるほど…。でもよくわからない。

佐久間はプラネタリウムが壊れたことで職を失ってしまったこと、研究が続けられなくなったことに不満を持っているようなのですが。ギガロマニアックスが面白いとかいうならどうしてたくさん殺してしまったのか謎です。拓留のことも人間一人をリアルブートするぐらいだからと期待していたのに、とか。それがなぜ今殺そうとするの?世梨架を殺させた理由もわからない。ほんとに死んだのかな…?

拓留が怒って反撃するのはわかるんですが、佐久間の話はさっぱりわかりません。やり場のない怒りを抱えて…と拓留のことを言ってましたね。拓留の力の源は、両親にネグレクトされてきたことでしょうか。ずっとそれを怒っていて、でもどうしていいかわからない。世梨架は拓留の希望ではなく怒りから生まれたのかも。

拓留が座席を浮かび上がらせて攻撃したりするのはかっこ良かったですね。ディソードがあっても腕力では敵わないというのは確かになーと思いました。どうするんだろうと思ったら、念力で反撃。拓留かっこいいなと思ったのは一瞬で、あっと言う間に思考誘導されて限界がきてしまう。

思考誘導強いですね。人工の方が強いものなのかなー…。
この後どうなるんだろう。もう終わりだけれどきちんと着地する気がしないです。




次へ:CHAOS;CHILD【第12話 彼女の思惑】最終回 感想
前へ:CHAOS;CHILD【第10話 迫りくる過去の記憶】感想

posted by 白黒ウサギ at 01:43 | Comment(4) | TrackBack(2) | CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)
この記事へのコメント
11話を見る限り、これはトゥルールートをやらないかもしれないですね。
共通エンドで終わりそうな気がします。
仮に12話前半を共通エンド、後半でトゥルールートをやるとすると駆け足過ぎてアニメ組は混乱すると思いますね。
オカルティックナインのノーマルエンドみたいな扱いになりそうです。
まだ共通エンドと決まったわけではないですが。

11話の補足ですが
今作のイレギュラーギガロマニアックスは、ここまでで分かる通りノア2の光を見た後に強いストレスと願望で覚醒しました。
その願望によって能力も限定されており、前作カオヘのギガロマの様に心が壊れて覚醒したわけではないのでギガロマ本来の力は出せていません。
使えるのは発現した能力+能力に関連したリアルブート程度です。
本物のギガロマだった拓巳や野呂瀬の様に何でもリアルブート出来て、複数の能力を使いこなし応用といった事は出来ません。
佐久間は不完全なノア2を使った思考誘導のため、脳の肥大化と血涙の副作用が出てしまっています。

本当は補足がなくても分かる様にアニメを作って欲しかったんですけどね。
説明不足過ぎて視聴者が置いてけぼりですよねこれじゃ。
秋葉原に避難する理由も、久野里が知ってる天才繋がりだったんですけどカットされましたね。
Posted by SARAI(仮) at 2017年03月24日 03:47
☆ SARAI(仮)さん 

駆け足ですよね〜
どういう結末なら話に終わりが来るのか、さっぱりわかりません。
例え佐久間を倒しても解決しないような(拓留は容疑者のまま)
どうなるのが解決なのかもわからないんですけど。
理想は拓留の容疑が晴れて、佐久間を久野里たちが捕まえる。
…かなぁ。

あれ…?秋葉原…
久野里さんの知ってる秋葉原の天才ってもしかしてシュタゲ!?
Posted by 白黒ウサギ at 2017年03月24日 21:39
原作では久野里が回転DEADの現場で初登場して、その繋がりがはっきり分かるシーンがあるんですが
アニメでは「私は秀才型ですよ、天才はこんなもんじゃない」のシーンだけになっているので繋がりが分かりづらくなってますね。

一応アニメ1話から連動サイドストーリーなるものがアニメ放送後に更新されてます。
それが公式のアニメ補完って扱いになってるみたいです。
カオヘ、シュタゲ、ロボノのメインシナリオライター林直孝書き下ろし。
カオチャでは監修とサブで参加。

「CHAOS;CHILD」TVアニメ連動サイドストーリー
http://chaoschild.jp/sp/anime_ss/
Posted by SARAI(仮) at 2017年03月24日 23:03
☆ SARAI(仮)さん

こんにちは〜!
サイドストーリーちょっと読んできました。
結人とうきちゃんと佐久間の話で、結衣ちゃんのことを佐久間も悲しんでて、
あれっ???て感じでした。佐久間の本心だろうなと思うんですけど。
まだ何かあるのかな…
うーんますます最終回が見えません。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年03月25日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179189693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CHAOS;CHILD TokyoMX(3/22)#11 [ぬる〜くまったりと]
第11話 彼の戦い 第2回渋谷復興祭が催されている。指名手配犯の宮代拓留が現れるかもと噂されるが 連続殺人犯として公表されているだけに世間は人でなし扱い。青葉孤児院から全員が引っ越すので荷物をまとめて..…
(2017-03-24 05:43)

カオスチャイルド第11話「彼の戦い」あらすじと感想 [アニメとマンガの感想と考察]
カオスチャイルド第11話「彼の戦い」は、拓留がセリカを殺してしまうエピソード。 冒頭はセリカが拓留が置かれている状況を説明していた。 養父が指定した場所は渋谷の劇場で時刻は午後10時8分。 この時刻は..…
(2017-04-02 06:53)