TOP CHAOS;CHILD(カオスチャイルド) CHAOS;CHILD【第8話 錯綜する光と影に惑う思いは】感想
2017年03月03日

CHAOS;CHILD【第8話 錯綜する光と影に惑う思いは】感想

第8話 錯綜する光と影に惑う思いは 

結衣の死は確定なんですね…。結衣は何も悪くないのに、あんまりです…。でも伊藤が悪いわけでもないし、拓留も気持ちの持っていくところがありません。そこへ、来栖の衝撃発言が…。

ここからネタバレありの感想です。



来栖は南沢泉里について絶対に何か隠してると思っていましたが、まさかの展開でした。実は渋谷地震で亡くなっていたのは、泉里ではなく来栖の方。来栖は実は南沢泉里の妄想で、泉里が来栖の姿になっている…ということかな?まさかの変身はしないだろうから…。実際は知らないけど、誰が見ても来栖に見えるんでしょう。

  • 内向的な自分嫌だった泉里は変わりたいと思った
  • ある日、製薬会社に勤める父の関連でAH総合病院へ連れていかれ、実験を受ける
  • 病院は母の信仰している宗教団体とも繋がっている
  • 最初は楽しかったのに、実験はどんどんひどくなっていった
  • 実験に反対した父は帰ってこなくなった
  • 渋谷地震が起き、泉里の母が死ぬ
  • 目の前で来栖も死んでしまい、憧れの子が死んだことを悲しむ
  • 代わりに自分が死ねば良かった→泉里が来栖の見た目になる

あまりにも強く願ったんですね…。

来栖が昔話をはじめてすぐのところから、あまりにも泉里視点で話すので、あーもしかしたらー、来栖の
中身は泉里なのー?と思いました。でも本当の来栖がかわいそうかなあ…。

それに、泉里がパイロキネシスで襲ってくる、とかいう話のときに、もっと止めようがあったよね?泉里が生きているとかいう話ではなく、南沢泉里の話を利用して能力者を殺そうとする人がいる、ってことです。内部事情に詳しい人ですよ。もっと警戒しないといけなかったのに…。

伊藤が泉里の話をしたとき、あなたは泉里のことは知らない!って言い切ってたのはそういうことだったんですね。

でもまた話が謎に包まれます。
伊藤を操っていたのは誰か?部室に誰かがきて、写真を見せて伊藤に結衣を殺すように言った。…誰だろう?学校にきてもおかしくない人物。

そして、例の記者が死んだのも、今思えば誰かに操られていたから。シールが偽物だったのは、犯人もギガロマニアックスだから。学校にいたってことですよね。

怪しいとするとー、副会長と、新聞部の先生かな!(適当ですみません…)

話が進むようで進まないんですよね。人がたくさん死んでるけど、第一話から何か解決したかというと何も解決しなくて、むしろ状況は悪くなってます。

来栖が聞いた音ってなんだろ…。
拓留も聞いてたけど、さっぱりわからなかったです。また次回…ですね。




次へ:CHAOS;CHILD【第9話 錯綜する思惑の行き着くところ】感想
前へ:CHAOS;CHILD【第7話】感想

posted by 白黒ウサギ at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178967140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CHAOS;CHILD TokyoMX(3/01)#08 [ぬる〜くまったりと]
第08話 錯綜する光と影に惑う思いは 結衣の遺骨を見送る。来須が拓留に真実を伝える。南沢泉理は内向的で他人に関わろうとしない幼稚園児だった。小学生になると余計に酷くなっていた。友達も居ない、母親に相談..…
(2017-03-03 22:09)

カオスチャイルド第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」あらすじと感想 [アニメとマンガの感想と考察]
カオスチャイルド第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」は、センリの子供時代のエピソードだった。 第7話のゆいの死体は本物で、葬儀のシーンがあった。 子供の頃、センリは孤立してたらしい。 来栖はセンリと仲..…
(2017-03-11 15:59)