TOP や・ら行 龍の歯医者【前編・天狗虫編】感想
2017年02月18日

龍の歯医者【前編・天狗虫編】感想

2017年2月18日 放送【前編】 

舞台は“龍の国”。どこか遠い世界で戦争をしている話です。あまり情報を入れずにいたので内容をそんなに知らなくて、予想していた龍と違っていて、世界観も不思議で面白かったです。キャストの方、いろいろあったみたいでそれもビックリしましたけど、無事に放送されて良かったですね。

後編見てからとも思ったのですが、忘れそうなので前編だけでも感想を書いておきます。

ここからネタバレありの感想です。



龍の棲む国が危なくなったとき、龍は人間のために力を振るってくれます。古来の契約からそうなっているようです。人間は龍の歯を常に治療することでその見返りとします。どんなに強い龍でも、虫歯には勝てない!ということで…。

ただ人間の歯医者とは違うんです。龍の歯に現れるいわゆる(人の歯でいうところの)虫歯菌は、荒御魂のようなもので、人間には悪さしないものがほとんどです。死んだ人の魂が龍の歯を通りぬけ、あの世に行くのですが、それら魂が通り過ぎるときにいろいろな“虫歯の虫”が龍の歯から出てくるということらしいです。虫はちょっと気持ち悪いのですが、でも面白い世界観だなーと思いました。通り抜けていく魂は、龍の国の人間のものだけではなく、敵国の人のものもあります。そして、あの世へは持っていけないな、と思ったものは龍の歯へ置いていきます…。それが遺品です。

主人公の野ノ子は、毎日白いごはんが食べられるからという理由で、歯医者になりました。望めば誰もが歯医者になれるわけではなく、試験に受かったものだけです。試験に受からない…というのは死を意味するので、受けようと思うだけでもハードルが高そう。

そんな中で、敵国の若い士官ベルがある日、龍の歯から出てきます。龍の歯から出てくる人間は“蘇り”、一度死んでから龍に選ばれて出てきます。でも災いが起こる、とも言われています…。何となく“蘇り”のせいで災いが起こるみたいに聞こえたけれど、逆なんじゃないのかな。災いが起こるからこそ、その予告というか、そのためにわざわざ死者を送り出して知らせてるんじゃないのかな…?まだわからないけど。

龍の歯から出てきたなら歯医者だろう、というわけで、ベルは野ノ子の後輩になります。かわいいんですよ。この2人。ベルが最初はごはん食べながら寝ていたのが、次に場面が変わると野ノ子と同じくらいぱくぱく食べていて、日々を過ごす中で成長したー!というのがこれだけでわかっちゃうの。こういうの好きですよ。

後半は急展開でした。前半通して、生きていても自分の居場所がなかったベルが、通り過ぎる魂のために何かをしたいと考えたり、とても良かったのですが…。後半は、天狗虫が現れて修三さんが死んでしまい、そこでベルは歯医者たちがみんな自分の死ぬ時をすでに知っているのだと、悟堂から聞かされます。運命には逆らえない、と。でも…。

柴名が裏切るなんて思わなくて…。自分の運命を変えたいと思うことと、他のみんなの命まですべて巻き込んでしまうのは違うのではないかなあ。この手のキャラはよくいますが…。でもみんな自分の死ぬときのことを知ってるけど、ほんとにその死の寸前のことがわかるだけだから、どうしてそうなったのかまでは、わからないんですよね。微妙ですね。だからどんな姿になったとしても、運命は変えられないのかもしれないし…。

そして、野ノ子とベルは抜けた龍の歯とともに地上へ落下していきます。それをみた男が一言「作戦どおり」ってどういうこと?最後でまたあらたな謎が…???

世界観はとっても素敵だったなと思います。龍の見た目もビックリだけど(背中にちょっとした街を乗せてるし)、歯と人の魂の話とか。歯医者たちが空中を行き来するときのふわ〜っとした感じとか。虫は何となくジブリ感があるような気がしたんですけど。後半はまた来週。「殺戮虫編」だそうです。地上の話はまた怖そうですね…。

小説はどうなるのかなあ。長編になるって。舞城王太郎さん、クセがあるけどw、こちらも楽しみですね。いつ出るんだろう。

原作・脚本:舞城王太郎
脚本:榎戸洋司
監督:鶴巻和哉
キャラクターデザイン・作画監督:井関修一
キャスト:清水富美加、岡本信彦、山寺宏一、林原めぐみ、櫻井孝宏、津田健次郎他




次へ:龍の歯医者【後編・殺戮虫編】感想

posted by 白黒ウサギ at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | や・ら行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178813343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック