TOP 青の祓魔師 青の祓魔師 京都不浄王篇【第6話 綿裏包針】感想
2017年02月11日

青の祓魔師 京都不浄王篇【第6話 綿裏包針】感想

第陸話 綿裏包針 

達磨と藤本神父の出会いの話が手紙によって明らかにされていきます。2人の出会いはただの出会いではありませんでした…。達磨が燐に頼みたかったこととは?右目を持ちだした蝮と藤堂の向かった先とは…?そして達磨の秘密とは一体何なのか。だんだんと真実が見えてきました。

色々わかって今回かなりスッキリしました。いえ、ストーリー的には大ピンチなのでスッキリどころかハラハラしていますが…。やっと物語が動いたなという感じです。

ここからネタバレありの感想です。



でもまだ燐は動かない(動けない)んですよねー…。

藤本は達磨の人生にあんなに大きく影響を与えたのに、一緒にいた時間はごく僅かなんですね。そしてその僅かな時間での達磨の決心が、今の燐に大きく関係している。その燐と勝呂は同じ祓魔塾で学んで、影響を受け合っていて…、こういう人と人の繋がりっていいですね。

藤本が瘴気を身体から出す処方を教えてくれたおかげで、明陀宗の人々は助かることができました。護摩を上げるだけでいいのかと悩んでいた達磨にとっては、本当に目の醒める思いだったろうな、と思います。さらに達磨の父のあの態度。人を守ることではなく明陀宗を守ることの方が大事だという態度。結局、自ら藤本に倶利伽羅を渡すのですが…。迦楼羅は去り、空っぽの剣だと言って。

2人の話はそこまでなのですが、この後、青い夜があり達磨は座主を引き継ぐと共に、明陀宗の秘密も受け継ぎます。不浄王は打ち破ることができず、目を奪うことで封印しているだけだということ、そして座主は代々迦楼羅を使い魔として身の内に飼っていること…。迦楼羅は人の疑心を養分にするため、存在を秘密にし、周りの人に疑心を持たれるようにします。…そういうことだったんですね。そして達磨の望みは、燐が降魔剣で不浄王を討つことでした。

燐が雪男に手紙を読んでもらっている間も話はどんどん進んでいて深刻な方向へ。

藤堂と蝮は明陀宗が昔使っていた降魔堂へと向かっていました。なるほど、達磨が蝮の行き先がわかる筈ですね。この地下に不浄王が封印されていて、蝮から右目を受け取った藤堂がまんまと不浄王を復活させてしまうのですが…。ただ藤堂の狙いは不浄王の復活ではなく、達磨の使い魔、迦楼羅だったとは…。

ちょっと予想外の展開になったので驚きました。
達磨さんかっこ良かったですね。蝮のことを一つも攻めず、最後まで優しく接していましたね。蝮から皆に話せと託していたということは、あの時すでにもう死んでしまう覚悟はしていたんですよね。蝮はほんとに騙されてたんですね…。藤堂が悪魔堕ちした情報は京都へは伝えられてなかったのね。蝮は右目を身につけていたせいでかなり弱っていましたが、それだけじゃなくて、心が後悔でいっぱいになっているって顔していましたよね…。声も反省している感じだったし。明陀宗の皆も受け入れてくれるといいのですが…。

達磨さん首を刺されていたけれど…、こんなところで死んだりしないですよね?助かって欲しいです。勝呂と喧嘩したままなんて、絶対に嫌ですよー…。

最後の燐のあの、困ったような悔しいようなあの表情、見てる方もたまらないですね。辛いんだろうな…。困っている達磨の父が助けを求めているのに、牢に閉じ込められているし、剣も取り上げられたままだし…。でも燐にしか出来ないなら、燐がやるしかないと思うけどな。…予告は不穏な内容でしたけど。

続きが気になります!

【綿裏包針(めんりほうしん)】見た目は穏やかでも心の奥に害意があることのたとえだそうです。藤堂のことでもあるし、迦楼羅を内に飼っていた達磨のことでもありますね。




次へ:青の祓魔師 京都不浄王篇【第7話 気炎万丈】感想
前へ:青の祓魔師 京都不浄王篇【第5話 合縁奇縁】感想


posted by 白黒ウサギ at 04:05 | Comment(2) | TrackBack(1) | 青の祓魔師
この記事へのコメント
白黒ウサギさん、こんにちはw

迦楼羅って扱いに困る使い魔ですね。疑心を持たれることが餌だなんて、
そのせいで息子や蝮や明陀宗の人達に不信感持たれて…結果内通者が出てしまった!!

迦楼羅って強そうだったのにあっさり藤堂に食べられてしまったのはビックリ。
藤堂が若返った、というより声が諏訪部さんになっちゃったのがビックリw

不浄王の目は外したら元の目があったので、
白黒ウサギさんのおっしゃるようにカラコンのような着脱可能なものでしたね。
復活した不浄王は目や口や鼻の区別がないような感じに見えましたが。。。

達磨さん、このまま亡くならないでほしいです。。。
勝呂とちゃんと話をして仲直りしてほしい。
そして、燐や雪男にも手紙だけじゃなくて藤本神父のこと話してあげてほしいです。

そろそろ燐に活躍してほしいけど、今の状況では身動き取れないどころか
処刑の危機が迫っていてどうなるのっ?!
不浄王が復活したし迦楼羅を食べた藤堂を倒さなきゃいけない非常事態だからと
燐に頼らないといけない、みたいな展開にならないかな。
Posted by 猫のしっぽ at 2017年02月12日 20:38
☆猫のしっぽさん

そうなんですよー!諏訪部さんでしたよね!私もビックリしました。
えーっ!って思わずTVの前で立ち上がりましたwww

達磨さん、そうですね、燐と雪男にちゃんと話してあげてほしいですね。
勝呂とも色々わかりあってほしいです。
それが勝呂と燐の和解にも繋がりますよね、きっと。

燐は・・・シュラさんが逃がしてくれたりしないかな?
剣はシュラさんが預かっているから、協力してくれないとどうにもならないですよね。
雪男も、燐を守るように藤本神父に頼まれてるし・・・
来週ドキドキしますね!
Posted by 白黒ウサギ at 2017年02月12日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178732387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

青の祓魔師 京都不浄王篇 TBS(2/10)#06 [ぬる〜くまったりと]
第六話 綿裏包針 明陀宗大僧正、勝呂達磨の燐への手紙。藤堂獅郎との出会いと目的が書かれていた。明陀宗のご本尊、降魔剣を貰いに来た。どうせ空っぽなんだろう。 傷ついた獅郎を看病した達磨。勝手に寺の中を探..…
(2017-02-11 19:07)