TOP CHAOS;CHILD(カオスチャイルド) CHAOS;CHILD【第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る】感想
2017年02月09日

CHAOS;CHILD【第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る】感想

第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る 

AH総合病院から山添うきを連れて脱出した拓留たちは、久野里と一緒にフリージアへ。神成刑事と有村も呼び出され、そこで久野里から衝撃の事実を伝えられるのですが…。

前回怖すぎたんですが、今回はそれほど怖くなかった…ですが、ショッキングなシーンは何だかんだありますね。あんまり趣味良くないですよねー。

ここからネタバレありの感想です。



久野里の話では、拓留も能力者ではないかと言います。拓留「も」というわけで、有村さんも能力者です。有村さんの能力は相手が真実を言っているかどうかわかること。「先輩は能力者ですよ」とさらっと肯定します。たくるの能力は、ざっくり言うと妄想を現実化すること…かな?

久野里のよくわからない解説によると、粒子と反粒子がどうのこうのして、脳のデットスポットに自分の妄想を落とし込み現実として認識させる。多くの人間が現実だと思えば、それは本当に現実となる。物質への干渉も可能…だそうです。だから、拓留が「こうなったらいいな」と思ったことが現実化する。鍵がかかっていたドアをラブホでも病院でも、開けることが出来たのはこのためだろう、と。

あれはてっきり世莉架が何かしてたのかと思ったんですが、違うんですね。拓留の妄想の結果なの…?どのくらいの妄想なら現実化するんでしょうね。あの程度(ものすごく強い願望でも無かった気がするので)で現実化できるなら、「今日はどうしてもパスタが食べたい」とか「明日は台風で休校がいい」とか、いくらでも叶えて生きてきたような気がしますけど…。世莉架がそばにいるのが発動条件とかはありそうかな…それならちょっと納得します。でも世莉架の話は出なかったし、伊藤はほとんど空気でした。

世莉架からの伝言を聞いて来栖に会いに行く途中、たくさんの力士シールが貼られているのを見て、拓留はパニックになります。同じように力士シールのせいで具合が悪くなった有村に出会い、2人で来栖のところへ行くことにしますが、途中で能力者に襲われます…。炎を自在に操ることができる能力者。拓留が「死にたくない!」と叫ぶと、炎を弾き返すことができました。これも妄想?うーん…?

とりあえず助かって青葉病院へ行きますが…。
拓留が能力者だと一方的に説明されただけで、話はそんなに進んでないですね。猟奇事件とどう関係があるのかとか、久野里は何を知ってるのかとか、有村は何なのとか。

  • どうして拓留が襲われるの?
  • 力士シールは誰が増やしてる?
  • 南沢泉理は来栖の友だちで、来栖は実験のことを知っていた
  • 一夜にしてAH総合病院の地下が空っぽに
  • 神成と久野里の立場がさっぱりわからない





次へ:CHAOS;CHILD【第6話 侵した過去に間に合うために】感想
前へ:CHAOS;CHILD【第4話 お話の裏側が妄想を始める】感想

posted by 白黒ウサギ at 23:08 | Comment(4) | TrackBack(2) | CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)
この記事へのコメント
やっぱりアニメ版は説明が必要最低限な気がしますね。
襲われた有村の手を良く見ると、半透明の物が握られていて炎に対して振り回しています。
拓留が追い詰められて叫んだときも、手に半透明の物が握られていて打ち返した様に見えますね。
Posted by SARAI(仮) at 2017年02月11日 05:23
☆ SARAI(仮)さん

こんにちは!拓留が手に何か掴んでいるような感じはわかりましたが
(炎を掴んで投げ返したように見えたんですがよくわからなくて)
有村さんも持っていたんですね。
カオスヘッドに出てきた、ディソードみたいなものですか?
リアルブートも久野里さんの話に出てきましたよね。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年02月12日 11:54
今回は能力者=ギガロマニアックスという事が分かればいいかと。
ディソードについては今後明かされていくので次回以降に

ギガロマニアックスについての補足ですが
今回の能力者という話から分かるように、カオスヘッドの主人公の様な万能型ではなく
カオスヘッドの梢(ツインテロリ)の様な特化型(自分や他人の思考を無差別に音声として送受信する妄想。テレパシー、思考盗撮。)って感じですね。
それと久野里の話の時に今作のディソードが映ってましたね。
久野里の解説はカットされた部分もあるので
今後補足されるか、詳しくは原作をプレイしてねって感じかと。
28日まで科学ADVシリーズはセール中なので、気になった人にはちょうどいいかもしれないですね。


カオスヘッドのギガロマニアックスは
人為的に覚醒させられ、様々な実験により使い方を熟知し応用できる梨深やあやせ。
科学者の娘でギガロマニアックスでありながら科学者視点で能力を使いこなすセナ。
生まれながら世界線を分岐させるほどの強大な力を持つ将軍&拓巳など
カオスチャイルドとは力の強さも使い方も差がある感じですね。
Posted by SARAI(仮) at 2017年02月12日 20:03
☆ SARAI(仮) さん

なるほどー、拓巳は強かったですもんね。
それと比べると有村さんの能力とか「へ?」って感じですもんね…。
拓留は主人公なので強いといいなと思うんですけど、そうでもないのかな。
性格がヘタレ気味なのはちょっと気に入ってるんですけど。
まだわからないことがたくさんあるので、この先の展開に期待したいです。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年02月12日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178714128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CHAOS;CHILD TokyoMX(2/08)#05 [ぬる〜くまったりと]
第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る 神成刑事に拉致されたから帰して欲しいと訴える山添うき。私が居なくなると皆が困るんです。 久野里が有村を呼んで拓留が能力者か訪ねる。先輩は能力者です、思ったことを実現する。..…
(2017-02-09 23:14)

カオスチャイルド第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」あらすじと感想 [アニメとマンガの感想と考察]
カオスチャイルド第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」は、拓留がギガロマニアックスと判明。 AH総合病院から「救出」した女の子・山添は、病院に帰りたがってた。 気絶させられて気付いたら病院でない知らない場所に..…
(2017-02-18 12:18)