TOP 双星の陰陽師 双星の陰陽師【第43話 千年の夢】感想
2017年02月08日

双星の陰陽師【第43話 千年の夢】感想

第43話 千年の夢 MELANCHOLIC MISANTHROPE 

悠斗との闘いで追い詰められた紅緒とろくろは、有馬に救い出されて現に戻ってきました。紅緒が回復せず眠ったままの間に、ろくろは自分の秘密について有馬から聞かされるのですが…。

有馬様生きて戻ってきて良かったです。これまで謎だったことが、有馬によって明らかにされたのですが、謎が溶けるとさらに謎が増えるというパターンですね。納得いくような行かないような…?

ここからネタバレありの感想です。



繭良のおじいちゃんも清弦さんも、有馬が死んだってちゃんと聞かされてたんですね。その割には普通にしてたし、戻ってきても意外と普通にしてるのどういうことw まあでも、今度は十二天将が石みたいになっちゃってるのに、みんなで普通にしているので、陰陽師はこういうものなのかもしれませんね。修行の成果で何があっても動じません的な…?w

今回は有馬の体験から晴明のこと、禍野がどうして生まれたのか、ろくろの正体についての話がメインなので、何でもかんでも話題にしてたらまとまらないのかもしれないですけどね。でもこういう雑な扱いするところが、ちょっと不満だなあと思います。有馬が死んだ後の陰陽連の雰囲気とか、十二天将を全員失った今のこととか、無かったことになったかな?って思うくらい徹底的に描かないじゃないですか。もう少し何かないのかな…。

ろくろの正体は“破星王”、すべての人間を祓ってしまえるくらいの陰の気の塊で、そういう意味では悠斗の話どおり“穢れ”であるとも言える…ということでした。有馬の話も唐突でビックリだったんですが、ろくろが絶望しちゃってて…。ろくろの性格なら「十二天将もいなくなった今、穢れだろうがなんだろうが、俺が最強の陰陽師にならないでどうすんだ!」って言うのを期待したかったです。うーんでも人間じゃない相手と結婚しないといけないなんて紅緒かわいそう、って気にするのはそっちかぁー…。陰陽師じゃなくてただの恋する男子だよ…。そういうろくろも否定はしたくないですけど…。

清弦さんと有馬が会話するのは初めてみたので嬉しかったですー。でも清弦さんじゃなくてろくろに頭下げてましたね。これは何かモヤモヤしました。細かな原作ネタを拾って、違うシーンで使ってくるのって……原作ファンへのサービスなんでしょうかね〜!?

結局、有馬の話がよくわからなかったんですが、ろくろ(陰の気)と紅緒(陽の気)が結ばれて神子が生まれたら、ろくろの陰の力は神子に受け継がれて、ろくろは破星王じゃなくなるというのは…?言葉だけで説明するとそれで合ってるのかもしれないけど、陰の気で出来てるろくろから陰の気とったら何も残らなくない?

対して、紅緒についての説明が何もないっていう…。

あとよく考えたら、有馬は闇無を利用して術を完成させ、一回死んだって言ってましたよね。死んだから肉体から魂が離れて、千年前の時代のことを見てきた、って。それはいいんだけどどうやって肉体に魂戻して蘇ってきたかは説明なかったです。ざっくり言うと、死んで生き返る、そういう術です、ってことなのかな。でも有馬様戻ってきてくれたから細かいことはどうでもいいことにしようかな。

珠洲が悩むろくろのところに来て「人間だった時に出来ていたことが、破星王になったら出来なくなるのは何で?自分は自分じゃーん☆」って、いいこと言ってましたね。というか、いいこと言うだけのために現れましたね。清弦さんや亮悟が励ますんじゃダメだったんですかね…?珠洲は戦闘用婆娑羅じゃないから、いい役回りですね。TVにI☆Risも出てたしw

最後に薔薇の花を抱えて、ずっと待ってるって告白しにきた悠斗なんなの。





次へ:双星の陰陽師【第44話 愛すれど遠く】感想
前へ:双星の陰陽師【第42話 故郷は禍野】感想

posted by 白黒ウサギ at 23:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 双星の陰陽師
この記事へのコメント
今回はもやもやする回でした…

御影さんスルーされすぎて可哀想とか、最高戦力が壊滅したのに反応が淡白過ぎとか、ろくろの秘密は分かったけど対になる紅緒の説明なさ過ぎとか
紅緒と結ばれたら何で破星王じゃなくなるのかとか、神子が生まれるのかとか全然説明無い…

珠洲さん、さり気なく千数百歳と闇無と同等かそれ以上
破星王だとか天馬のペタ子呼びとか知ってたり、マジでずっと観察してたんだろうか…
ろくろが何であろうとろくろはろくろってのはダンス回で紅緒が言ったことですねー
珠洲さんのろくろストーキングの成果何でしょうか…

バラの花束という狙いすぎなお兄様ですが勝負を急いでるようにも見える。
2年前時点で器のキャパを超えた呪力を集めてたんで、取り込み過ぎて自分のタイムリミットも近かったりするんだろうか。

いろいろもやもやする回でした。
Posted by もにゃら at 2017年02月09日 07:07
☆ もにゃらさん

いつもコメントありがとうございます。

モヤモヤしますよね!w
御影どうみても晴明ですよねー?

全国各地の陰陽師が闇無のせいでいなくなってるのに、最後の要の十二天将まで失われたら陰陽連崩壊の危機なのに、みんな普通にしてる…

有馬は早く京都帰って仕事してください…

悠斗はもう良くわかんないですね。
紅緒にろくろと対になるような設定があるなら、悠斗にも何か特別な何かがあってもおかしくない気もしますけどねー。ただの変な人で終わってほしくないですw

この話どう転がるのかなー。
Posted by 白黒ウサギ at 2017年02月09日 08:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178703342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック