TOP 青の祓魔師 青の祓魔師 京都不浄王篇【第3話 疑心暗鬼】感想
2017年01月21日

青の祓魔師 京都不浄王篇【第3話 疑心暗鬼】感想

第参話 疑心暗鬼 

京都でも燐は相変わらず炎を操る修行中。京都にいる間に、燐と祓魔塾の仲間たちとの関係も少しづつ修復に向かっていくといいんですが…。そして明陀宗では内通者探しが始まり…。

今回いろいろ気持ちが詰まっていていい回でした。泣けましたよ〜…。

ここからネタバレありの感想です。



しえみが自分のことを役に立たない…と言って庭で落ち込んでいたけれど、あの年齢でシャキシャキと何でもできる出雲が出来が良すぎるだけだと思うんですよね。友だちにはツーンとしている出雲も、ここでの自分の役割がわかっていて、怪我人にきちんと対応できて偉いなあと思いました。

しえみが自分の弱さについて、出雲に泣いて気持ちを吐き出すところ、しえみの気持ちがすごく伝わってきました。ものすごい顔で泣くんですよ…。つられて泣きそうになってしまいました。

自分の気持ちが弱いから、ニーちゃんが戻ってきてくれない。燐が自分を外の世界へ連れ出してくれたこと。自分を助けようとして燐が悪魔の力を使ったこと。燐も雪男も相談してくれなかったのは、きっと自分が弱いから。だから、強くなりたい。

しえみが自分を嘆いて終わりじゃなくて、強くなりたいと自分から本気で思えるようになって良かった。前に進もうという気持ちがあって良かったです。これで燐とも仲直りできるのかな。

良かったーと言えば、志摩さんと燐はもうすっかり元通りになって良かったです。「奥村くんええ人やんか」って言ってたのも嬉しいですよね。燐は理由があって自分の出自を隠してたけど、基本それ以外は裏表なくていい人だもんね。志摩さんの一番上のお兄さんも“青い夜”の犠牲者なのに、ちゃんとサタンのことと燐のことと分けて考えてくれるのはいいなあ。そういうの難しいよね。

子猫丸はまだまだですね。でも燐…、炎を出しながら、仲直りしようって手を差し出しても、無理だと思うw 怖がらせているという自覚があまり無いのか〜…。子猫丸に自分の境遇や環境のことをいろいろ言われて(ここできちんと理由を話せた子猫丸も偉いと思う)、それで「自分がちゃんとしてないからお前らを不安にさせてる」って返す燐も、なんか、せつない!仲直りすること自体は諦めてなくて、もっと修行がんばろうってなるし…。

正十字学園に来るまでは、ずっと燐も友だちが出来なくて、喧嘩ばっかりして荒れてた感じでしたよね。性格は明るくて優しいのに。以前ならもしかしたら、今の自分をわかってくれないならもういい、って諦めちゃったような気がします。でも子猫丸や勝呂と仲直りすることは諦めなくて、そのためには自分が変わらなくちゃいけないって努力しようとするんですよ。燐にとって祓魔塾の仲間は本当に大切なんだな…ってよくわかりますよね。ここもちょっと泣けました。今日の青エク泣ける。

ちょっと話がそれるんですが、燐が子猫丸に、守りたいものがあるなら「自分には何も無いなんてことはない」って笑顔で言うところ、ここが今日一番好きなシーンです。燐の言葉も笑顔も、この流れで「奥村くんいい人」っていう志摩さんの言葉を思い出す子猫丸も良かったんですけど、一番良かったのは、振り向く少し前の燐の肩と背中のちょっと丸い感じ?あの肉の付き方にグッと来ました。ガッチリする一歩手前の少しユルい感じがとても…。よい話なのに不純な感想で大変申し訳ございません…!w

ところで子猫丸は志摩さんに、燐がサタンの息子だって志摩さんのお兄さんたちに知られたら…って言ってたけど、お兄さん気がついてる感じでしたよね?だってあの燐のしっぽ。気がついたけど触れちゃいけないことだからサラッと見逃してた風じゃなかったですか?

そして内通者探しは、柔造さん、蝮さん、達磨さんが候補になってますけど、柔造さんは違うでしょ…。
柔造さんと蝮さんは何でこんな仲悪いの?って思ったら、祓魔塾での同期なんですね。何か仲悪いのすごく納得しました!この感じだと昔から仲悪いのかもしれないですね〜。多分、意識しすぎてるパターンだw

そして、この時の祓魔塾の講師が藤堂だった、と。ここで色々繋がってきそうですね。

でも明陀宗に伝わるのは“右目”だけだったのはどうしてなんでしょうね?正十字騎士團が封印していた左目の存在が伝えられていないっていうのは…? 正十字騎士團の藤堂(左目知ってる)が、明陀宗の志摩と蝮から右目のことを聞くために2人を可愛がってたというのはありそうだけど、10年くらい前の話ですよね〜。長期計画だったのかな、藤堂さん…?

勝呂パパの達磨さんが裏切っているというのは無さそう。というかそんな展開になったら辛いから困ります。スイカの差し入れ持ってきてくれたんだから信じたいw あの日も右目襲撃の日も、そもそも志摩さんのお父さんに呼ばれて行ってるんだし。炎を操っているように見えたという蝮の証言も、炎は誰かが操っていたんだろうから、どうとでも見えると思う。

やっぱり達磨が怪しいって噛み付いてる蝮さんの方が怪しいのかな…。でもなあ…。蝮さん姉妹たちも、悪い人じゃなさそうなのになあ…。

最後は達磨さんが何かやってたけど、何かやってるんだろうねw いや、怪しいことではなくて、右目を守るための何かという意味で。何か隠してることがあるんでしょうね。

次回は、とうとう勝呂が達磨さんと向き合うのかな。燐のセリフがまた泣かせる感じだったので楽しみです。がんばれー…。




次へ:青の祓魔師 京都不浄王篇【第4話 背信棄義】感想
前へ:青の祓魔師 京都不浄王篇【第2話 呉越同舟】感想

posted by 白黒ウサギ at 11:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 青の祓魔師
この記事へのコメント
白黒ウサギさん、こんにちはw

しえみが燐を避けていたのは、燐が怖いからじゃなくって、
相談してもらえるくらい頼れるような強さがないと悩んでたのですね。
しえみと出雲の会話は傍から見てると会話がかみ合ってない感じもしましたが、
何はともあれ、しえみが前向きに頑張ろうと思えるようになったからよかったですw

志摩さんと燐は普通に戻れてよかったです。
勝呂と子猫丸とも早く仲直りできるといいですよね。
右目を守らなきゃいけない大事な局面なのに仲間割れしてる場合じゃないよ。。。

内通者誰なんでしょうね。
志摩さんと勝呂の身内であってほしくないという気持ちから
消去法で蝮さん!!じゃないかと私は思ってます。
Posted by 猫のしっぽ at 2017年01月24日 18:12
☆ 猫のしっぽさん
こんにちは〜

しえみと出雲は話が噛み合ってなかったですねw
でも出雲も落ち込んでいるしえみを見ているのが嫌で(わかりにくいけど)
励ましていたと思うので、話は通じないけど気持ちは通じた…のかな?w

>右目を守らなきゃいけない大事な局面なのに仲間割れしてる場合じゃないよ。。。
そうそう!それですよね〜。
早くみんな仲直りしてほしいです。

内通者は私も蝮さんだと思います。
理由もだいたい同じですw

早く活躍する燐が見たいですね!
Posted by 白黒ウサギ at 2017年01月24日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178492637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

青の祓魔師 京都不浄王編 TBS(1/20)#03 [ぬる〜くまったりと]
第3話 疑心暗鬼 志摩は燐と普通に話すようになった。逆に燐が良いのかと気を使う。兄の金造、柔造に燐を紹介する。志摩の態度を注意する三輪子猫丸。考えるのが面倒になった、それに奥村くん、普通に良い人やし。..…
(2017-01-21 17:23)