TOP 鬼平 ONIHEI 鬼平【第2話 本所・桜屋敷】感想
2017年01月18日

鬼平【第2話 本所・桜屋敷】感想

第2話 本所・桜屋敷 

平蔵(鬼平さん)の若い頃の思い出の場所、本所。今回はその本所で事件が起きます。事件を調べるため、久しぶりに懐かしい場所へ行く平蔵ですが、そこで懐かしい友と再会します。でも懐かしい顔と再会するのは必ずしも幸せなことばかりでは無いようです…。

ここからネタバレありの感想です。




平蔵の奥さんとの会話の中で、辰蔵の友だちを「悪友だち(わるともだち)」と言ったり、今回の騒ぎのうわさ話で「悪御家人(わるごけにん)」という言葉が出てきたり、「わる」って言い方がかわいいなあと思いました。江戸ではこんな風に言ってたんでしょうか。面白いです。

辰蔵さんも遊び歩いていて困ったものらしいのですが、若い頃の平蔵さんもせいぜいですね。髪もクルクルのロン毛で(それはしょうがないのかな?)何より着ているものがとんでもなく派手w でも剣の稽古はチャラチャラせずしっかりしていたんですね。ライバルがいたから〜ですね。

そのライバルの左馬之助と「おふさ」さんを好きになったのですが、お互いに牽制しているうちによそへお嫁に行かれてしまうという…何とも情けない結果に終わったようです。それでも憬れだけでいいところだけ見て終わっていたから、このままならきれいな思い出でした。

本所界隈で近頃美人局が流行っているというので密偵を送ったところ、押し込み強盗を計画していることがわかり、平蔵たちが踏み込みます。初恋の人おふさが、嫁ぎ先の主に先立たれ、今は悪党になっていた…というオチでした。

おふさは元の嫁ぎ先である近江屋を襲撃先に選んでいて、それを咎められるのですが、でも逆に亡くなったご主人の復讐のための気もします。言及は無かったですが、子どもが亡くなったのも、先代が亡くなったのも、今の近江屋のせいではないかなと思いました。それがわかったからといってどうしようもなく、救いがない話でした。

今の話は暗く雪が降り、思い出のシーンでは明るく桜が舞い散り、降る雪と舞う桜が重ね合わせて描かれてシーンの切り替え、みたいになっていて、とてもきれいだなと思いました。昔はあんなにみんな希望に輝いていたのに、今はおふさにも左馬之助にも雪が降ってるんですよね…。




次へ:鬼平【第3話 暗剣白梅香】感想
前へ:鬼平【第1話 血頭の丹兵衛】感想

posted by 白黒ウサギ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | 鬼平 ONIHEI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178444226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

鬼平 テレ東(1/16)#02 [ぬる〜くまったりと]
第2話 本所・桜屋敷 長谷川平蔵は若い頃本所の道場で剣術を学んでいた。そこで岸井左馬之助と出会って共に腕を磨いた。そして2人はおふささんを巡って恋のライバルでもあった。そんな思いを胸に本所界隈を偵察す..…
(2017-01-19 00:27)

鬼平-ONIHEI- 第2話 『本所・桜屋敷』 変わり果てた初恋もあれば、変わらぬ友情もある。 [こいさんの放送中アニメの感想]
俺の女房に何してる。露骨過ぎる美人局だな。と思ったら惨殺して金を強奪。女で気を引く意味があるのか。ちょっとはいい思いさせてやれ、と思ってしまった。  悪友達(わるともだち)に悪御家人(わる..…
(2017-01-24 07:04)