TOP ユーリ!!! on ICE ユーリ!!! on ICE【第5話 顔まっ赤!!初戦だョ!中四国九州選手権大会】感想
2016年11月03日

ユーリ!!! on ICE【第5話 顔まっ赤!!初戦だョ!中四国九州選手権大会】感想

第5滑走 顔まっ赤!!初戦だョ!中四国九州選手権大会 

いよいよシーズン開幕。勇利は地方大会からのスタートになります。前々回の温泉 on ICEでも滑ったSPと、今回初披露となるFSです。どれくらい仕上がっているか、とても楽しみです。

「ユーリ!!!」は、スケートの動きの表現の素晴らしさもありますが、効果音や、美術や音楽も良くて、本当に完成度高くて…。氷もただの氷じゃなくて、きちんと整備されたスケートリンクの氷だというのがちゃんとわかる。だからスケートのシーンもリアリティが出るんだな、と思います。何一つ手を抜かずクオリティが高く、ほんと好きです。

ここからネタバレありの感想です。



勇利は、実在のフィギュア選手のいいところどりだなぁと思います。音楽の解釈の素晴らしさや、シーンとした中で南くんに「がんば!!」と声をかけたのはあの選手だなー、とか、あの黒の衣装のあの表情はあの人…、コーチの言うことを聞かないのは…と、モデルになったエピソードが色々浮かんできます。そんなところもフィギュアスケートファンの心を鷲掴み。

若い選手に囲まれて、アレって感じの勇利です。そりゃ特別強化選手が地方大会から出場なんてそうそう無いですから、仕方ない…w 6分間練習も落ち着いてこなしています。ヴィクトルもコーチデビューだからときちんとした服装に着替えてきたり、あー、いよいよ初戦が始まるんだな、って気持ちが引き締まりますね。

試合前にヴィクトルが勇利を背中から抱きしめてたの、あれはどういう気持ちで見れば良かったんだろう…。今日はあれもこれも良かったなと、いいところたくさんあったけど、一番好きなシーンはこれですね。美しかったです。

SPもこの前と同じくとても美しかったです。あの勇利の表情。動きも美しくて、勇利の良さがうまく表現されているなあと思いました。後半になってちょっと焦っているのも伝わってきました。ジャンプで失敗したときは思わず見ていて「あー!」と声が出るくらい、本当にプログラム見ているみたいで感動しますね…。

SPの後、南くんに声をかけられて複雑な気持ちになる勇利。そうだ全日本の時に自分よりもずっといい点数だったんだ…と。でも南くんは勇利の気持ちはおかまいなく、自分がどれだけ勇利が好きで憧れてるか、ガンガン気持ちをぶつけてきます。その上での宣戦布告、南くん素直でかわいいな。

ジャンプの難易度を下げて曲の完成度を上げるのを優先しようというヴィクトルに対し、勇利は納得しません。出場する後輩たちが口々に今日は4回転を飛ぶ…と言っているのが、勇利の心に刺さってきます。大人しそうに見えるけれど、こういうところはちゃんとアスリートの負けず嫌いさがある。

南くんのFS、楽しくて可愛らしくて良かったです。←こんな風にほんとにスケート見てるみたいな気持ちになるのが、ほんと凄い…。

結局、強引に修正前のプログラムに戻し、4回転が3回入る構成にします。滑っている間、ヴィクトルの目を通しての説明が自然でわかりやすくて凄く良かったです。トリプルアクセルが上手くいったときのヴィクトルのリアクションも良かったです。勇利がまるでコーチの言うことを聞かないことにヴィクトルも驚いていましたが、それ以上に勇利の表現力に魅了されてたのもいいな。

壮行会でヴィクトルへの愛を宣言してましたね。何かもう行けるところまで突き進んで欲しいです。家族や地元への愛情を微妙って表現してたのは何かわかるw

ロシアのユーリ(ユリオ)、ヴィクトルと勇利のツーショットを見て激怒してスマホをぶん投げてましたw こちらのユーリも、見た目に似合わず激しい気性ですね。勇利の負けず嫌いはわかりにくいのに対して、こちらはわかりやすすぎる。でもユーリのFSもどんな風に仕上がっているのか、とても楽しみですね。

次回は、「第6滑走 グランプリシリーズ開幕!やっチャイナ中国大会!」毎回よく考えるよねw



次へ:ユーリ!!! on ICE【第6話 グランプリシリーズ開幕!やっチャイナ中国大会!ショートプログラム】感想
前へ:ユーリ!!! on ICE【第4話 自分を好きになって・・・完成!!フリープログラム】感想



posted by 白黒ウサギ at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユーリ!!! on ICE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177525236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック