TOP クロムクロ クロムクロ【第26話 侍は振り返らず】最終回感想
2016年09月30日

クロムクロ【第26話 侍は振り返らず】最終回感想

☆最終話 侍は振り返らず 

エフィドルグとの戦いも一応の決着がつき、地球は危機を逃れました。でも剣之介はムエッタをゼルの母星に連れていき、ゼルやゼルの同胞とともに闘うことを決めます。当然、由希奈を連れていけるわけはないのですが…。

ただヒロインが泣いて終わるんじゃなくてよかったです。最後はどうなるのかとハラハラしていたのですが、いい意味でたくさん予想を裏切られて、とてもいい最終回だったと思います。クロムクロ、面白かった!

ここからネタバレです。



アバンは剣之介が赤城に由希奈のことを頼みにいくところから。由希奈を幸せにしてやってくれって、剣之介も残していくのが心配なのかもしれませんが、そこには誰の気持ちもありません。赤城は剣之介の代わりになりたいわけじゃないし、由希奈も納得していないし、剣之介だって本当はこんな風になる筈じゃなかった。プロポーズしてたのにね。怒った赤城に殴られても抵抗もできない…。

教室に入ってきた由希奈が泣いてしまうのはかわいそうでした。でも自分の気持ちを出すきっかけになったから結果的に良かったのかな。泣き出したときは、最後メロドラマ風になるのは嫌だなと思ってみていたんですが。流れが変わってよかった。由希奈の決意表明が、周りのみんなの行動を後押しするのも見ていて気持ちが良かったです。

赤城は空回りが多くて気の毒になるけど、女の子には優しいし、いい奴なんですよね。赤城が由希奈の背中を押してくれて良かった。ソフィーも抜け殻のようだったのが、急にイキイキしてくるし。この子は根っからの戦士なんですよね。美夏とカルロスも地味に成長しているのもいいですよね〜。そしてブレない茅原。そして茅原といえば…!

今期最大の衝撃と言ってもいいぐらい驚いたのが、茅原パパ!

「茅原のお父さんもここで働いてるんだねー」「まあねー」→まさかのドクター・ハウゼン…!!!

思わず、えええええって声が出ました。茅原だけ家族が出てこないのは変だなと思ったんですよ。茅原のあの性格、あのハウゼンの子どもならちょっと納得です。入り口で没収されたカメラもパパ借りるね〜でここで調達、上手くできてますw

まずは茅原に内部から配信させてマスコミを呼んで煽る(ように見せかける)作戦ですね。レポーター役をやっている美夏を見て、ああこれは美夏の将来の夢が決まったな〜と思いました。美夏だけ何も将来のことが決まってなかったから心配してたんですよ。ちゃんとこうやって方向性を示してくれていいですね。人生何がきっかけになるかわからないものですよね〜。

内部に入った由希奈たちはセバスチャンが助けてくれます。この人もブレない人でしたね。最後までソフィーの“セバスチャン”でしたね。冷静に考えたらもしかしたらちょっと気持ち悪い人なのかもしれないけどw でも大事な存在ですよ!死んだと思われて潜伏していた間、実は基地のセキュリティにいろいろ仕掛けをしていたとか、なるほど。

セバスチャンとソフィーがドワーフで援護しながら、メデューサに乗った由希奈が剣之介たちを助けにいくという怒涛の展開になります。クロムクロに剣之介とムエッタが乗ったときに、あれっ…と違和感があったんですが、まあ、そうですよね…。ここでソフィーは置いていかれてしまいます。

クロウとクロムクロが飛び立つときに、足に捕まってメデューサも着いていきます。この時の剣之介と由希奈の会話は、いかにも2人らしくてよかったな。「さすが俺の嫁」って言ってましたよw 剣之介は言うことがストレートでいいですよね。照れる由希奈もかわいいです。いいタイミングで初期OPの「デストピア」が流れたのも胸が熱くなる展開でした!

前回、トムがクロムクロのパイロット登録したと思ってみてたんですが、間違いでした。剣之介がキューブを呼んでも来ないからてっきりそうなのかなと思ってしまって。トムはあの巨大な方に登録してたんですね。そっかこっちも2人乗りだから、シェンミィも登録してたんですね。結局、クロムクロを止めにきたトムに攻撃されてメデューサは落下、由希奈と茅原は置いていかれる形に…。トムも本気で剣之介を止める気は無かったみたいですけどね。由希奈を行かせてあげて欲しかったけどこれは難しいよね…。

絶対に追いつくからという由希奈に、「待っておるぞ」と優しく応えて剣之介はクルル石の彼方へ。でも最後まで迷ってましたよね。剣之介はほんとに由希奈が好きなんだなと伝わってきて良かったです。

全て終わった後はみんなで撮った映画の上映があって、ちゃんと裸踊りの回収があってw それから5年後のみんなの姿があって終わりです。本当に第1話の由希奈の進路希望どおり、(中継地点とはいえ)火星に行くなんて。そしてハウゼン先生いい仕事してました。リタが元気になりそうなのも良かった。高校生になった小春が可愛くて、コジョの子孫繁栄でエンド。いつの日か、由希奈と剣之介が巡り会えるといいですね。希望があるきれいな終わり方でホントに良かったです。



2016年4月 - 9月
原作:Snow Grouse
監督:岡村天斎 / シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン:石井百合子
メカニックデザイン 岡田有章
アニメーション制作:P.A.WORKS
キャスト:阿座上洋平、M・A・O、上田麗奈、瀬戸麻沙美、石川界人、小林裕介、武内駿輔、木村良平、豊崎愛生、他


前へ:クロムクロ【第25話 鬼の見た夢】


posted by 白黒ウサギ at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(2) | クロムクロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177077919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

クロムクロ 第26話(終) 『侍は振り返らず。』 最後こう来たか!茅原意外な活躍。 [こいさんの放送中アニメの感想]
ネット時代が産んだDQN。避難指示や立ち入り禁止を無視し、空気すら読まずに撮影に没頭。その目的は動画サイトで特ダネ流してアクセス稼ぎというロクデナシ。アクセスのみならずこのアニメでトップクラスのヘイ..…
(2016-09-30 06:18)

クロムクロ TokyoMX(9/29)#26終 [ぬる〜くまったりと]
最終回 第26話 侍は振り返らず 赤城に由希奈を託して去る剣之介。ソフィは燃え尽き症候群だった、フランスに帰ろうかな。由希奈は剣之介が一人でエフィドルグと戦いに行くが 自分は連れて行ってくれないのでシ..…
(2016-09-30 11:11)