TOP 双星の陰陽師 双星の陰陽師【第22話 ケガれてんじゃ〜ん】感想
2016年09月07日

双星の陰陽師【第22話 ケガれてんじゃ〜ん】感想

第22話 ケガれてんじゃ〜ん PHILOSOPHICAL FILTHY SERARHIM 

サブタイトルすごいですね〜。新章突入して2回目です。鳴神町では街中に溢れた瘴気を吸った人が次々に倒れていきます。気が付くと街の中をケガレたちが歩いていて…。どうやら禍野と現世との境界に穴が空いたらしく…。

謎の婆娑羅、珠洲が今回初登場です。とりあえず『激おこ☆GUILTY』かわいいけど長いな〜。

ここからネタバレです。



今回バトルシーン多くて割と楽しかったです。毎回言うのも申し訳ないんだけど作画も顔のアップとかは割と良かったです。(だって好きなキャラの“いい顔”見たいじゃないですか…)

でも繭良が星火寮で、ケガレが〜とかろくろたちが食い止めて〜みたいな報告をしてるときに、めっちゃ笑顔だったのは、なんか間違えて描いたのかなw 深刻な話なのに一人 (・▽・) ←こんな笑顔で、思わず「えええ…?」って言いたくなりましたよ、繭良ちゃん!

清弦の話だとどうやら禍野と現世の結界に「龍黒点」という穴が空いてしまったため、ケガレがこちらの世界に入り込んできているのだと。陰陽連(有馬)への報告や他の陰陽師への指示とか、清弦さんが仕切ってるのかっこいい。…そういえば、清弦さんて(怪我したあとに)正式に星火寮に配属になる描写って、アニメであったかな…?覚えてないんだけど。でもなんかもう星火寮の人って感じですね。

有馬は、あの穴を開けたのが誰か知ってるみたいでしたね。珠洲はただ穴が空いてたから来ただけ、と言ってたので違うんでしょうね。

で、有馬の後ろにいた、色黒のイケメンは誰ですか…?

珠洲は一般人を襲うためにわざわざ霊符を使ってたのでちょっとビックリ。でもあの見た目だし、何事も派手にやりたい性格なのかな。かわいいんだけど、すごいテンションなので慣れるまで好きになれるかわかんないですw 言ってることもよくわからないじゃ〜んw ろくろたちの前に来た時に、『激おこ☆GUILTY』もう一回歌ったら嫌いになったかもしれないけどw

強そうなお供も連れてたけれど戦闘がなかったので珠洲がどのくらい強いかわからなかったですね。雑魚ケガレを一掃してたけど、まあ、あれぐらいなら…。さえとろくろが気になるとそれだけ言って帰っちゃいましたよ。のんびり喋っててこの後どうするんだろ…→帰る。ええええ。ちょっとビックリしましたw

清弦を始め、穴を塞ぐためにみんなで空に向かってポワーンってやってる姿はちょっと面白かったです。レゾナンスはかっこ良かったからいいか。

レゾナンスがチート技みたいになってますね。いやそれで間違ってはないと思いますけど。
来週からは、全国各地で龍黒点を塞ぐ旅に出るのですか?列島覇乱篇ってそういう意味なんですね。十二天将もこき使われるらしいし、来週から本番って感じでしょうか。楽しみにしてます。



次へ:双星の陰陽師【第23話 双星 西へ】
前へ:双星の陰陽師【第21話 双星新生】

posted by 白黒ウサギ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双星の陰陽師
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176790160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック