TOP DAYS DAYS【第10話 この程度の挫折ごときで俺は負けない】感想
2016年09月05日

DAYS【第10話 この程度の挫折ごときで俺は負けない】感想

10th day この程度の挫折ごときで俺は負けない 

インハイ予選、桜木高校との決勝戦の続きです。前回、水樹のプレイで先制点を上げることができた前半。監督の指示で、風間は犬童につきます。1年が犬童のマークに着くなんて…と場内には動揺の声が広がりますが…。

ここからネタバレありです。



前回は、つくしに伝えたいことがある、という水樹の渾身のプレイで終わりました。かっこいい先輩、いいですよね。今回も先輩たちかっこいいです。

「勝つのは俺たちだ!」

↑特にこれピックアップする意味はないんですが。なんか久々にこのセリフ聞いて、一瞬おおっ…!?これはどこかで聞いた…と思ったのでw よく考えたらスポーツ物だとよくあるセリフでした。でも自分なりにワクワク感が高まったので逆に良かったかもしれない。

監督から、もし水樹が先制点を上げたらその時は犬童にマンツーマンで付け、と指示されていた風間。1年なのに…と観客はみんな驚きますが、犬童相手でも天才の風間なら何とかなるだろうと聖蹟サイドは考えていたと思います。

でも、あっという間に抜かれて気がついたら犬童がゴールしていた。

このシーンは最初よくわからなかったです。シルエットの絵が一枚出てきて、もう次の瞬間はゴールしていて。客席の人の会話で犬童のゴールまでのことを説明していて、これだけで済ませるのかと一瞬ムッとしましたw 説明は誰の視点でもいいんですが、ピンポイントの説明じゃなくて流れの説明だから、絵はちゃんと合ったものがあるといいなー。すぐ後に風間の回想があったから良かったけど、観客が喋ってるの見ててもよくわからないw

風間はずっと天才ポジションできたのかもしれない。「ボールに触るだけでチヤホヤされてきた」と。自分よりも強い人がいると全く考えないというのも想像つかないのですが、それだけ自信があったんでしょうね。ああ見えて努力家っぽいので、天狗になっている…というより、ホントに自分が一番という環境しか無かったのかも。

そんな風間が、犬童相手だと全く太刀打ちできない。スピードもテクニックも、そして一瞬の判断力も風間よりも一段上のところに犬童はいました。風間が負けるなんて…と、聖蹟の部員たちは動揺します。こういうの辛いですね。

ゴールを守るために風間が顔面から飛び込んでいきます。なりふり構わない様子を犬童に馬鹿にされますが、風間は気にしていません。こんなところで負けるわけにいかない。こういう貪欲な感じ好きですよ。やっと風間が本気になりましたね。

来須たちの声援はうるさいって思うのに、つくしのがんばれーは、嫌じゃなさそうですね…。みんなががんばってるのを見て感動して泣いちゃうつくしですからね。君下が怒るのわかりますよw いちいち泣くなw

誰かのために必死で走る そういうヒーローもいる

監督の話を聞いてなかったからって、マネージャーの生方さんに教えてもらうっていうのはどうなのよ、つくしw 生方さんも超カンタンにわかりやすく説明してくれるし…。生方さん、文学少女だったけどサッカー部に入ってからはかなり勉強したのかな。偉いですね。

とにかく犬童にゲームの流れを作らせない。食い止めるためにFW3人にトップ下の君下も加わってガンガン行きます。ここでメンバーも予想外の動きを見せたのが大柴。風間や水樹の分までディフェンスに回り、とにかく走ります。

大柴はプレイも上手いし身長も聖蹟では一番高いですよね。その大柴が、体格にも恵まれずセンスも才能もなく、でもひたすら走り続けたつくしに影響されてる。ほんとにつくしの影響力って大きいですね。

とうとう体力の限界がきた大柴が、メンバー交替で入ってきたつくしに「後は頼んだぜ」って一言。かっこいい。つくしの表情もキリッとして…、え、ここで終わり!

また気になるところで…!!

今回、君下と大柴の喧嘩→一時休戦、も良かったですよね。1年がこれだけやってるんだから自分たちも、って。聖蹟のメンバーいいな。

次回も楽しみです!




次へ:DAYS【第11話 この輝くような日々を明日に繋げるために】
前へ:DAYS【第9話 お前の声が届くトコまですぐ押し上げてやる】


posted by 白黒ウサギ at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | DAYS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176748140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

DAYS BS11(9/04)#10 [ぬる〜くまったりと]
第10話 この程度の挫折ごときで俺は負けない 水樹の個人技で先制した聖蹟。しかし桜木高は選手たちが笑って余裕があった。風間が犬童のマンマークに着く。しかし犬童の個人技レベルは風間を上回っていた。一瞬の..…
(2016-09-05 17:40)