TOP ペルソナ PERSONA5 The Animation -THE DAY BREAKERS-【感想】
2016年09月03日

PERSONA5 The Animation -THE DAY BREAKERS-【感想】

ペルソナ5発売前の特番みました〜。予想以上に面白かったです!!

特番の主な内容は
・ゲーム紹介
・スタッフインタビュー
・キャストインタビュー
・アニメ

でした。アニメの感想だけ書いていきますよw



ここからアニメのネタバレです。

主な舞台は渋谷。見慣れた景色ばかり出てくるのでちょっとテンション上がります!

ペルソナシリーズはいつも架空のどこかの都市で、特に前作のペルソナ4なんて田舎設定だったから実在の場所が舞台になるのは新鮮ですね。でもメガテンやデビサバとかだと渋谷は当たり前に出てくるから違和感はないですよ〜。

『心の怪盗団』が街では流行っているようです。人の心を変えてしまうとか…。一体どうやって?テレビのワイドショーでも取り上げています。ゲストの現役高校生探偵・明智吾郎は「人の心を勝手に変えてしまうなんていけない」と、怪盗団に否定的です。高校生探偵っていう設定、好きですねw P4でもありましたね。

そして、便利屋さんていうのかな、鍵がないときに開けてくれる仕事をしている少年が出てきます。その仕事の後は、窃盗団と合流してまた鍵を開けて…。警備会社で仕事をしているメンバーが警備の手薄な店をピックアップし、その少年が鍵を開ける、という役割分担。年長の男が、もし裏切ったらその時は…、と首に手をあてるしぐさをし、少年は苦しんでいる様子です。

家に帰ってからも少年は悩んでいます。「怪盗団」のサイトにアクセスし、書き込みをしようかどうしようか、最後のボタンを押すところで、迷い…。

怪盗団の主人公・杏・竜司・祐介は、サイトの書き込みを見て相談。竜司は最初は警察に届ければいいじゃん!と反対しますが、祐介はそれでは一時的な解決にしかならないといいます。結局、まずは鍵屋の少年を含む窃盗団の様子を伺いますが…。

という感じのストーリーです。

最終的にはペルソナを使ってターゲットを改心させる=心の怪盗、ということでした。で、ターゲットが意外な人だったという…。そっちかー!ってかなりビックリしました。ストーリーも凝ってて楽しかったです。

ターゲットを定めると「認知世界」という現実とは違う別空間の中でペルソナで闘います。ターゲットもペルソナというか、お馴染みの悪魔を出してきます。今回のターゲットは、ミトラスで、従者がオニとオンモラキでした。

ペルソナ4に出てきたのは“ミトラ”で赤だったから、これはソウルハッカーズに出てきた魔王の方ですね。この悪魔、けっこう強いんですよ。こうやって楽しめるからペルソナ好きですw

怪盗団たちが、敵の属性に合わせて交替で攻撃していくのも面白かったです。最初は主人公から始まり、オンモラキの攻撃で、杏/カルメン(火炎防御)、祐介/ゴエモン(氷結攻撃)、次にオニが来たら、竜司/スカルで物理防御&雷攻撃。っていう感じの流れだったかな〜。モルガナもがんばってましたよ。

最後の〆は主人公。かっこいい!変身(?)した仮面姿もいいんですが、日常パートのメガネが思ったよりもかわいすぎた。メガネ主人公が好きなので、ゲーム買う予定無かったんだけど、どうしよう…。

原作:「ペルソナ5」(アトラス)
ストーリー原案:橋野 桂
キャラクター原案:副島成記
悪魔デザイン原案 :金子一馬
監督:尾崎隆晴
脚本:猪爪慎一
キャラクターデザイン:矢萩利幸 松本圭太
音楽:目黒将司
制作:A-1 Pictures
キャスト:福山潤、宮野真守、水樹奈々、杉田智和、大谷育江、保志総一朗、斉藤壮馬

ペルソナ5 [PS4]

新品価格
¥7,500から
(2016/9/3 22:18時点)






posted by 白黒ウサギ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176733574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック